妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

どうすればいい?出産で入院中のお化粧レベル

      2017/08/03

どうすればいい?出産で入院中のお化粧レベル

出産での入院中にお化粧ができるのか、心配ですよね。しっかりとメイクするの無理でも、ちょっとファンデーションを塗ったり、眉メイクしたり、メザイクやアイプチ程度はしたいなあという人もたくさんいると思います。

お化粧は、女性の身だしなみ。先生や看護師さん、他の妊婦さんとたくさんの人と接する産院での入院期間、メイクが心配な気持ちよくわかります。ただ、入院中はメイクを我慢しているママも多いようで、それなりの理由があります。

今回は出産での入院中にお化粧が可能なのかどうかご紹介していきますので参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

息子の彼女がブサイクな時の心理と付き合い方

自分の息子が彼女を連れてきた時は、どんな相手かドキドキするも...

妊娠検査薬チェックワンは蒸発線がでない高性能商品!

「チェックワン」は医薬品製造(株)アラクスの妊娠検査薬です。...

専業主婦で子供あり貯金なし。この状況で離婚する方へのアドバイス

夫との夫婦生活を流付けていくのに限界を感じてしまった。離婚を...

育児にイライラして怒鳴ってしまう!気持ちを落ち着かせる方法

育児をするのは大変なことですが、ついイライラして怒鳴ってしま...

妊娠検査薬が陰性でも吐き気や生理がくることがある!

妊娠したかなと思ったとき、市販の妊娠検査薬で試される方は多い...

妊娠中はイライラする!旦那に当たる妻の理由と対処法

妻が妊娠中だとイライラして旦那に当たることは多いですが、女性...

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変...

手が震える子供が心配。その原因や改善法!

ふと見ると、子供の手が震えている時がある。 常にと言う...

親が子供を施設に預けてしまう理由は、こんなものだった!

母親であれば、自分がつわりや陣痛などの様々な妊婦生活の苦しみ...

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には...

子供が出来ると性格が変わる…? 夫婦が親になるということ

子供が出来てから、妻が変わってしまった。 子供が出来て...

新生児のお腹がギュルギュルする理由と原因

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にお腹がギュルギュルするこ...

スポンサーリンク



お化粧するのは可能なの?出産でも入院中もキレイでいたい

入院初日の指導として、退院までの間は全く化粧をせずに素顔で過ごしてくださいという病院が多いようです。

指示がだされない病院でも、入院している間はノーメイクで過ごす人がほとんどです。

陣痛が来て入院するケースだと、洗顔してキレイにメイクを落としてから入院という訳にはいかない場合もあります。

そういう時はそのまま入院し、病院に到着してから拭くメイク落としで化粧を落とせば問題ありません。

やはり出産の時には、顔色などがはっきり判断しやすいように素顔のままでいるようにしましょう。

ただし、出産した後の入院中は100%すっぴんではなく、すっぴん風の薄めのナニュラルメイクならば病院側からの指摘もないようです。

いずれにしても退院の時がくれば簡単にメイクをして帰ると思いますので、出産準備の用意と一緒に忘れずにメイク道具も入れておくようにしましょう。

お化粧は我慢する!出産前後の入院中の過ごし方

化粧は女性の身だしなみ、とはいっても入院中に化粧をしない妊婦さんが多いのは理由があります。まず第一にしっかりとした ヘルスマネジメントができない、というのがあります。

入院している間中看護師さんが体調を管理するために、ママの肌の色を確認します。妊婦検診の時も、濃い目の化粧は控えるように言われるケースが多いと思います。

メイクをすると体調の良し悪しにかかわらず血色がよく見えるためです。マニキュアも同じ理由でダメだそうです。

それから自分自身のことですが、クレンジングが面倒というのがあります。入院中は、いつ入浴できるかわかりませんし、授乳のタイミングは赤ちゃん次第です。真夜中も授乳しなければならない可能性のあるママにメイクをする余裕はありません。

一度泣き始めると泣き止むまであやさなければならないのて疲れもたまります。結果、クレンジングする余裕はありません。

また、生まれたばかりの赤ちゃんとスキンシップで“スリスリ”できないのも理由のひとつです。

化粧品や、スキンケアの成分は化学成分ですので、赤ちゃんの肌に触れさせるのは抵抗があります。また、赤ちゃんは何でもなめます。口に入れる可能性もあるので危険です。

人と会う!さすがに出産で入院中でも化粧はしたい

病室は個室でもお見舞いで友人や知人が来たり、食堂で食事だったり、育児指導があったりで他のママさんと会う機会もあります。

そうなると、やはり完全なすっぴんではちょっとした恥じらいもあります。

ですから眉毛は薄く書くくらいなら心配はありません。

眉は直接顔色には反映しないからなのか、特に何か言われるようなことはないようです。

眉を薄めにメイクするだけでも、見た目がだいぶきっちりした印象になります。

眉マスカラまでやるとさすがにやりすぎなので、出産入院中自粛するようにしましょう。

メザイクやアイプチを好んで使っている方にとっては、これらが使えるかどうかはかなり大事な問題です。

お見舞いで友人が来た時に、イメージがガラッと変わってしまいます。

ですからメザイクやアイプチくらいは、入院中もしていても問題ないでしょう。

場合によっては特に気づかれないと思います。

化粧もそうですがスキンケアもしておきたい

もちろん窓のある病室ですごすでしょうから、きっと昼間ははカーテンの開け閉めもあるでしょう。

紫外線は窓からも侵入してきますので、朝洗顔をしたあとにはスキンケアをしっかりした後に日焼け止めを塗るのを日課にしましょう。

産後直後の肌は非常にデリケートなので、日焼け止めを塗って素肌を紫外線から保護することが必要です。

もちろん普通の日焼け止めでも構わないのですが、ファンデーション機能搭載の日焼け止めだと、紫外線対策だけでなく肌のカバーにもなって便利です。

やっぱり病気が原因の入院ではないので、入院中も美しくありたい、というのが女心ですよね。

出産中はいくらなんでも化粧は無理ですが、それ以外ならシンプルな化粧であれば差し支えありません。

眉毛を軽く書くくらいにしておきましょう。病院でも昼間は日焼け止めを塗るのを忘れないようにしましょう。

しっかりメイクするのはやっぱり退院日

いかがだったでしょうか?入院しているママは、出産後は赤ちゃんに授乳する事はもちろん、体力回復にかなり気を使うので、実際のところメイクは完全に後回しという感じです。

たくさんのママは家に帰る日、久しぶりのメイクをしますが、退院日に赤ちゃんと記念撮影をする産院も多く、ちょっとしたオシャレのチャンスです。

でも、退院するには、一般の患者さんがいる待合室を通過しなければなりません。また、家への移動中に、ちょっとした買い物をすることもあるでしょう。メイク道具はその日のために、用意だけはしておいたほうがいいですね。

入院中は、みんなそうなのですっぴんでも問題ありません。メイクに関しては肌のメイクは無理でもとにかく眉だけは書いていたママもいます。

メガネをかけている方が多いのも特徴で、これはコンタクトは手がかかるのでメガネにして手間がかからないようにしています。第一優先は赤ちゃんなんで、暫くの間は我慢するのも仕方ないかもしれません。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82