ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

夫婦旅行で喧嘩をしないコツとは?イラっとする一言を封印せよ

2017.11.10

夫婦旅行をすると必ず喧嘩になる夫婦いますよね。

日常生活では喧嘩をしないのに、なぜか旅行先では喧嘩になる。

だから、夫婦で旅行には行きたくないと考える。

しかし、そもそも旅行に一緒に行けない夫婦に夫婦としての意味があるのかという事に発展して、離婚問題も浮上なって事にならないように、要らない一言を封印してください。


夫婦旅行で喧嘩をする原因は余計な一言

旅行というのは、ある意味体力勝負です。普段と違って、朝早くから夜遅くまで外を歩いたり、食事を抜いたり、スケジュールの消化に神経を張り詰めたりしています。

つまり、精神的にいつもよりも、イライラしやすいのです。だから、旅行先というのは、ちょっとしたことでケンカになりやすいのです。

普段では、夫婦の中で冗談で済むはずの一言も相手を「イラっ」とさせる事があります。相手もイラっとしているから言い返してくる。自分も疲れているから、それに言い返す。つまり喧嘩の始まりです。

だからこそ、自分の中で余計な一言は封印しましょう。相手も自分も疲れているのですから、そこに必要なのは労わりに一言です。

自分で余計な一言が判らないというのであれば、相手の行動や態度に関するコメントは感謝以外を封印してしまいましょう。

例えば「疲れた〜」ではなく、「疲れたね〜」などと共感を求める言い方で感想を言うようにしましょう。

夫婦旅行で喧嘩をしないコツは負担の分担

旅行は計画にしろ、金銭的な事にしろ、労働的なことにしろ、どちらかに負担が集中すると相手はどこかで「自分ばかり」という不満を抱える事になります。

そこに、不満や嫌味な一言が加われば、一発着火します。

なので、負担は分担することをオススメします。

金銭的なものは夫婦なので、偏ることはないかもしれませんが、「旦那は旅行の計画を立てるのが好きだし、ドライブも好きだし、好きな事はさせたほうがいいよね。」なんて夫婦もいるでしょう。

しかし、計画を立てるのが好きでも、任せきりにされるのは嫌なのです。相談には乗って欲しいのです。またドライブは好きだけど、運転して当然と扱われるのはやはり不満です。

もし相手に負担が偏っているなあと思ったら、まずは感謝の言葉を伝えましょう。そして、何か計画について相談がある場合は、きちんと聞いてあげてください。

夫婦旅行で喧嘩をしないための心がけ

旅行先でよくあるのは、「迷う」事です。でも迷ったのは、二人の責任です。しかし、それを先導している人の所為にすれば、喧嘩状態に突入です。必要なのは、お互いが責任をシェアして、お互いに助け合う事です。

また旅行先でインスタ映えする写真を取ってはアップする、何かにつけてスマホ、携帯をいじりまくると、もしかしたら相手はイラっとしているかもしれません。あなたが旅行しているのは、目の前の人であり、ネットの先にある不特定多数の人ではない事を覚えておいて、スマホや携帯をいじるのはほどほどにして、目の前の人を尊重しましょう。

それと食事も重要です。

旅行先はスケジュールに押されたり、美味しいものを食べたくて、店を探したり、並んだりして、妙な時間に食事をする事もあります。空腹はイライラの元です。できるだけいつも通りの時間の食事を心掛けましょう。

旅行の計画は二人で立てるともっと楽しいかも

旅行の計画をどちらかに任せっぱなしにしていませんか?それって勿体ないですよね。何故なら旅行に行くのも楽しいのですが、旅行の計画も非常に楽しいものだからです。

旅行の計画を立てるのが好きな人いますよね。それはその楽しみを知っているからです。

折角夫婦で行く旅行ですから、自分もその楽しみに参加してみてください。

二人で計画を立てるメリットとしては、まず片方の負担が軽減されます。そして、二人の意見が反映された計画であれば、お互いその旅行やスケジュールに不満があっても、片方を責める事もなくなります。

また、相手の行きたいところばかり連れまわされて不満に思うという事もなくなります。お互いが責任をシェアしているので、スケジュールに支障が出ても、それをリカバリーしようと無理して連れまわすようなことがなくなり、その場で適宜相談してリカバリーをかける事が出来ます。

つまりはケンカの種が減る訳です。

旅行を楽しむのは、スケジュールの消化に捕らわれないこと

日本人にはその傾向がありますが、つい旅行に行くとスケジュールを詰め込み過ぎてしまうのです。その結果、疲労、空腹、スケジュール消化できない苛立ちなどが発生して、リラックスどころかストレスになってしまう事もあります。

確かに「2度と来れないかもしれない」と思うと、出来る限り観光したいという気持ちは判りますが、それでイライラしたり、夫婦喧嘩になってしまうのは逆にお金の無駄です。

スケジュールの消化に夢中にならない事が大切です。ハプニングだって、旅行の思い出の一つです。今後笑い話になると思って、ハプニングですら楽しみましょう。

夫婦の旅行で大切なのは、どこに行ったかではなく、誰と何を体験したかです。それを忘れなければ旅行はもっと楽しくなります。

お互い楽しいと感じていれば、余計な一言を言われても、流せる心の余裕も出てきます。

この記事を参考にしていただいて、是非楽しい夫婦旅行の思い出を作ってください。

 - 旦那へのお悩み