妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

突発性発疹で下痢を伴う場合の赤ちゃんのケアと離乳食

      2017/08/07

突発性発疹で下痢を伴う場合の赤ちゃんのケアと離乳食

突発性発疹は生後6か月〜12か月ぐらいの間に罹患するケースが多く、2歳までに90%の赤ちゃんが一度は罹ると言われています。

症状は高熱と発疹ですが、その他にも下痢や吐き気を伴うケースもあります。 そうすると悩むのは離乳食ですよね。子供にどんなものを食べさせていいのか判らないので悩んでいるママもたくさんいると思います。

そんな時に参考にして欲しい、離乳食のポイントと赤ちゃんのケアについてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

内診後に出血!?こんな時はお風呂に入っていいものなのか

妊婦健診で必ず行われる内診は、恥ずかしいだけでなく、実際に痛...

内診による出血?それとも異常出血?血の塊が出た時は要注意!

妊娠した女性にとって、定期検診とその際に行われる内診は、どう...

13週のエコー、4Dなら赤ちゃんの性別や顔、異常はわかるか

通常、妊娠12〜13週以降になると、それまでの妊娠検査で行わ...

シングルマザーで子供3人は生活が大変?家計の解決法教えます!

離婚によりシングルマザーとして子供3人と再出発、頑張ろうと思...

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

スポンサーリンク



突発性発疹で下痢の症状が出た場合の離乳食は?

高熱と発疹、それが突発性発疹の典型的な症状です。40度近く発熱する場合もありますから、ママとしては気が気ではないでしょう。

しかし3〜4日程度で高熱は治まる事がほとんどです。下痢の症状が出る赤ちゃんもいれば、でない赤ちゃんもいます。下痢の症状が出る場合は、大体熱が下がり始めて、発疹が出た頃に下痢の症状が出るようです。発疹が治まるくらいに下痢も治まるようです。

その間大体1週間程度。

発疹が始まれば、赤ちゃんが不機嫌になるので、それに下痢が始まるとママとしは、かなり負担になります。

ただ嘔吐さえなければ、離乳食自体はいつもと同じで問題ありません。ただ、発熱などの所為で胃腸が弱っているので、消化の悪いモノは避けましょう。

消化の悪いモノとしては、乳製品や油の強いものです。きのこや海藻類も胃への負担が大きいです。

突発性発疹で下痢と嘔吐の症状が出た場合の離乳食は?

小児科のお医者さんによると、40度の熱を出すとママはビックリして病院に連れてくるけど、嘔吐の場合は様子見をする。しかし本当に重大なのは嘔吐の症状の方だと言うのです。

何故なら高熱は、体の免疫機能によるものである場合が多く、病原菌やウィルスが無くなれば、自然と下がるようになります。しかし、嘔吐というのは放置すると大変です。

特に小さな赤ちゃんの場合は、すぐに脱水症状を起こします。ひどい場合は命に係わる事もあるのです。

だから病気の時は脱水症状を起こさせない事が大切なのです。

さて下痢や嘔吐の症状が出た場合、離乳食を食べるのはまず無理です。水ですら吐く場合があります。

水分を取らさなくてはいけないのに、それですら吐いてしまう。そんなこともあります。まずは気長にスプーン一杯の湯冷ましか、常温のベビー用のイオン飲料を一口あげて、吐かなれば徐々に時間をかけて、量を増やしていきます。

突発性発疹で下痢を伴う場合、離乳食以外の注意点

それはおむつかぶれです。

下痢のように水分の多い便はおむつかぶれの原因になります。おむつは出来るだけこまめに変えてあげましょう。

また汚れたお尻を拭く際に、おしり拭きで擦ってしまうと、それが刺激となりおむつかぶれの原因になる事があります。

おしり拭きをパッケージから出して、密閉性の高いタッパーに移し替えましょう。そしてそこへ水かぬるま湯をひたひたになるくらいまで入れると、力を入れなくても汚れが簡単に落ちるおしり拭きの完成です。

またおむつかぶれ用の軟膏などでおむつからの摩擦を防いであげると、おむつかぶれにならなくて済みます。

一度おむつかぶれになると、あっと言う間に症状はひどくなります。少しでもおむつかぶれの症状が見えたら、皮膚科への受診をオススメします。やはり売薬よりは医師の処方した薬の方が効き目がありますので、ひどくなる前に症状を改善させる事ができます。

赤ちゃんが病気の症状が出たら、素人判断せずに病院へ受診すべし

最近は赤ちゃんの症状を検索をかけると、おおよそ病気の検討がつきます。例えば、高熱が出たけど、発疹のようなものも見えたから、「恐らく突発性発疹だ」と安心するママは珍しくありません。

下痢が伴っても、「突発性発疹」では下痢を伴う事もあるとあるので、とりあえず様子を見たけど、全然症状が治まらないなんて事になったら大変です。

例えば、下痢の症状でも、便の色によって別の病気に感染しているケースもあるからです。とにかく生後の月数が浅い赤ちゃんの場合、良くなるのも早いですが、悪くなるのも早いのです。

病気の診断は法律上も、医師しか出来ない事になっています。

赤ちゃんに何か異変が見られるようならば、まずは病院へ行きましょう。多少心配症な親と思われてもいいではありませんか?赤ちゃんが無事であれば、それで十分なのです。

高熱よりも下痢と嘔吐の方が問題である

突発性発疹であれば、90%以上の赤ちゃんがかかった経験のある病気です。といっても我が子が高熱を出せば慌てるのが親です。しかし、高熱以上に注意を払わなくては行けないのが、下痢と嘔吐です。

これらは体内から水分を失わせてしまいます。脱水症状が起これば、赤ちゃんの命にかかわります。

下痢だけであれば、離乳食自体はいつも通りで問題ありません。ただ消化の悪いモノを避けて、消化の良いモノにする事を心掛けてあげください。

ただ嘔吐を伴う時は、どんなに消化が良いモノでも食べ物は無理です。まずはぬるま湯か常温のベビー用イオン飲料などを少しずつ時間をかけて摂取させましょう。

下痢の場合は、おむつかぶれも心配です。こまめにおむつを取り替えて、お尻に刺激を与えないようにしましょう。

今の時代検索すれば色々判りますが、一番怖いのは素人判断です。とりあえず赤ちゃんに異常があればずぐに受診した方がいいでしょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82