妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

赤ちゃんの泣き声がもう嫌!ストレスに感じた時の対処法

   

赤ちゃんの泣き声がもう嫌!ストレスに感じた時の対処法

子育てを経験した人にしか分からない赤ちゃんの泣き声によるストレスですが、溜めすぎてしまうと育児自体が嫌に思えてしまいます。

赤ちゃんが泣くのは当然ですが、生活時間帯に関係なく夜泣きをしたり、泣いたりするのにストレスを感じてしまうのは仕方のないことです。

そこで赤ちゃんの泣き声にストレスを感じて、育児が嫌だと思った時に考えたいことについて紹介ます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

内診後に出血!?こんな時はお風呂に入っていいものなのか

妊婦健診で必ず行われる内診は、恥ずかしいだけでなく、実際に痛...

内診による出血?それとも異常出血?血の塊が出た時は要注意!

妊娠した女性にとって、定期検診とその際に行われる内診は、どう...

13週のエコー、4Dなら赤ちゃんの性別や顔、異常はわかるか

通常、妊娠12〜13週以降になると、それまでの妊娠検査で行わ...

シングルマザーで子供3人は生活が大変?家計の解決法教えます!

離婚によりシングルマザーとして子供3人と再出発、頑張ろうと思...

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

スポンサーリンク



赤ちゃんの泣き声がストレスになったら泣くのが仕事だと思う

子育てではストレスが溜まることは多いですが、赤ちゃんの泣き声にストレスを感じるようになった時は、気持ちの切り替えが大切です。

「赤ちゃんは泣くのが仕事」だと言われますがまさにその通りで、泣くことでママに自分の要求を伝えることができます。

赤ちゃんは手が掛かるからこそ可愛らしく思えますし、たくさんの愛情を注ぐことによって成長を見守ることもできます。

子育てができる時期は限られているので、後で思い返したら良い思い出として振り返ることができるでしょう。

子供を育てることは大変なことですが、人生においても幸せな時間でもあります。

赤ちゃんが泣くことがストレスだと感じるのではなく、泣くのが仕事で母親の愛情を求めていると思えば、ストレスではなく愛情を注ぎたいと思えるようになります。

考え方を少し変えるだけで、ストレスは大幅に減らせることできます。

泣き声がストレスになったら赤ちゃんの生活パターンを定着させる

赤ちゃんの泣き声にストレスを感じるようになったら、赤ちゃんの生活パターンをなるべく定着させるようにしましょう。

生活リズムを一定にすることによって、ある程度赤ちゃんが泣くタイミングも同じになってきます。

すると赤ちゃんが泣いた時に何をして欲しいのかが分かるようになるので、自分の生活リズムも安定しますし、事前に何をすればいいか準備することができます。

食事の時間を一定にすることによって、生活リズムを安定させることができますし、昼間にたくさん遊ばせることで夜泣きをすることも少なくなります。

毎日の生活リズムを一定に保つことによって赤ちゃんのリズムも安定すれば、急な赤ちゃんの泣き声にストレスを感じなくなります。

自分の中で赤ちゃんが泣くタイミングがある程度分かるようになれば、ストレスを感じることも少なくなります。

赤ちゃんにストレスを感じる前に泣き声でどうして欲しいか察する

ずっと赤ちゃんの世話をしていると、だんだんと赤ちゃんとのコミュニケーションが取れるようになってきます。

すると赤ちゃんが泣いた時に何をして欲しいかが分かるようになるので、だんだんと育児も楽に思えてくるでしょう。

赤ちゃんの泣き声でストレスを感じる時は、急に赤ちゃんが泣くので何で泣いているかが分からないことが多いからです。

赤ちゃんが泣けば自分のことをすべてストップして対応しなければいけないので、やりたいことができずにストレスとなってしまいます。

しかしある程度赤ちゃんが泣いた時に何をして欲しいかを分かるようになれば、すぐに対応することができるのでストレスも軽減されます。

赤ちゃんが泣く時には必ず何かして欲しいという欲求によって泣くので、しっかり対処すればすぐに泣き止んでくれます。

泣いた時にはどうして欲しいか察するようにすれば、だんだんと何をすればいいか分かるようになります。

赤ちゃんに接する前にストレスを解消させておく

育児でストレスを感じる人は多いですし、赤ちゃんの泣き声がストレスだと思う人もいるでしょう。

赤ちゃんが泣くのは当然のことですが、確かに手間が掛かるのでストレスだと感じるのは仕方がありません。

しかしストレスを感じたまま赤ちゃんに接してしまうと、赤ちゃんへの愛情がいつしかストレスへと変わってしまいます。

より多くのストレスを感じながら赤ちゃんの世話をすれば、愛情を注ぐことはできませんし、赤ちゃんにの成長にも大きく影響してしまいます。

子供は3歳までにたっぷりと愛情を注ぐことによって、その後の成長にも大きく影響するとも言われています。

赤ちゃんの時にたっぷりとコミュニケーションをとって愛情を注げば、より子供の成長に良い影響を与えることができます。

子供にとっても愛情を注いでもらった方が幸せになれるので、ストレスを抱えたまま赤ちゃんに接しないように意識しておくことは大切です。

ストレスを赤ちゃんにぶつけないように愛情を注ぐ

育児をしていると赤ちゃんの泣き声にストレスを感じてしまい、イライラしたまま赤ちゃんの世話をすることもあるでしょう。

しかしそのイライラが赤ちゃんに対して悪影響となってしまい、後で後悔することになってしまうかもしれません。

子供にたっぷりと愛情を注ぎたいという気持ちがあっても、ストレスを感じたままでは愛情を注ぐことは難しいです。

赤ちゃんの世話をすると自分の生活リズムがすべて崩れてしまうので、ストレスを感じるのは仕方がないことです。

赤ちゃんの生活リズムに自分が合わせることも大切ですし、泣き声に対して上手く考え方を変えることも必要です。

自分が赤ちゃんに合せることができれば、今までストレスだと思っていたことが当たり前だと感じるようになれるでしょう。

ストレスを感じたまま赤ちゃんに接するのではなく、愛情を注ぐことだけを考えて赤ちゃんに接しましょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82