妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

完母からミルクへの切り替えをするには?卒乳準備のススメ

      2017/09/03

完母からミルクへの切り替えをするには?卒乳準備のススメ

完母からミルクに切り替えようとするママの理由は色々です。

でも多いのは、保育園などの入園が近かったり、次の子を作りたいと思ったりというような理由です。

でもそれだけではないのです。卒乳をスムーズにするためにも、ミルクへの切り替えは行った方がいいのです。さて完母からミルクへの切り替え方法についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



完母からミルクへの切り替えは親のワガママ?

保育園に入園しなくてはいけなければ、完全母乳という訳にはいきません。また、女性は体のメカニズムで母乳を上げている状態では、排卵が起きないようになっています。つまり次の子を望むのであれば、母乳を中止しなくてはいけないのです。

しかし、それは親の都合であり、赤ちゃんには申し訳ないと感じるママは少なからずいます。

でも全てを100%熟す事は不可能です。どこかでできる範囲で最善を尽くさなければいけません。だからミルクへの切り替えについて罪悪感を覚える必要はありません。いずれ赤ちゃんは母乳を卒業します。また、ママによっては母乳が出ないママもいますけど、別にその子は全然不幸ではありません。

ミルクであろうと、母乳であろうと赤ちゃんが栄養を摂取できて、スキンシップがとれるのであれば、どっちだって問題ありません。ミルクに切り替える事に罪悪感を覚えるのは、母乳神話の弊害とも言えます。

完母からミルクへ切り替えはゆっくり行おう

ある日突然大好きな母乳を取り上げられれば赤ちゃんは不快に思うでしょう。泣いて抵抗するかもしれません。それはそうですよね。生活の中で大好きなモノの一つがよく判らないまま取り上げられたのですから。

それにママの体によってもよくありません。いきなり母乳をやめると胸は張って痛くなりますし、場合によっては乳腺炎になってしまう事も。

だからミルクへの切り替えはゆっくり行いましょう。しばらく慣らし期間として母乳とミルクを併用します。回数で割り振ってもいいですし、量で調節してもいいでしょう。徐々にミルクを増やして母乳を少なくしていきます。

ここでミルクへの切り替えをスムーズにするために、寝かしつけやあやすのに、母乳を含ます事をしているママはそれ以外の方法で寝かしつけたり、あやす事を習慣化する必要があります。寝かしつけやあやす方法として母乳を使ってなければ、割とスムーズに切り替えができるはずです。

完母ママがミルクへ切り替える時に気を付ける事

ミルクは温度調整も必要ですし、使う度に哺乳瓶なども消毒しなくてはいけません。しかし、赤ちゃんは泣いて欲しがりますから、ママとしてはイライラする事多数あります。

母乳はその点、お出かけの荷物も楽ですし、器具の消毒も不要、赤ちゃんが欲すればすぐにあげられるので、非常に便利です。だからこそ完母のママにとっては、ミルクは不便で面倒臭いモノと感じられるでしょう。

また赤ちゃんによっては哺乳瓶についている人工的な乳首に拒否反応を起こす子や、アレルギーを起こす子もいます。もしストローが使える月齢であれば、いっその事ストローに変化させてしまうと、赤ちゃんも目先が変わって気持ちよく使ってくれる子もいます。

赤ちゃんによっても、どれが心地よいと感じるかは個人差あるので、色々な方法を試してみてください。きっとあなたの赤ちゃんに合った情報が見つかるはずですよ。

完母の赤ちゃんのスムーズな卒乳に必要な事

前述したように、ある程度の6か月過ぎれば離乳食も始まりますので、栄養摂取の主役は離乳食へとなっていきます。母乳は補助扱いです。ただ卒乳は1歳過ぎる辺りが一般的で大体2歳ぐらいまでには大半のママが赤ちゃんを卒乳させます。

つまり母乳が栄養摂取に必須でなくても、それでもしばらく母乳をあげている状態です。赤ちゃんにとっておっぱいは栄養摂取手段ではなくて、精神を安定する手段になっているケースも多いのです。

特に寝かしつけやあやす手段にしているママは、卒乳がやや大変になりますので、他の寝かしつけ方法や、あやす方法をいくつか開発しておきましょう。そうする事で卒乳が比較的スムーズになります。

要は赤ちゃんが他の方法で安心感や満足間を得られればいいのです。卒乳やミルクが先だと思っている人も今後の事を考えて他の手段を見つけておき、併用して使っていましょう。

いつかはどの赤ちゃんも卒乳する

ずっとおむつを付けている赤ちゃんがいないように、いつかはどの赤ちゃんも卒乳します。それがその子の意思だったりする事もあれば、親都合で卒乳へと方向を変えられることもあります。

でもいつかは通る道なので、ママはミルクへの切り替えに対して罪悪感を覚える必要はないのです。ただ一気にミルクへの切り替えはママの体への負担や、赤ちゃんがストレスを感じる事になるので、止めた方がいいでしょう。しばらく併用期間を設けてゆっくりと切り替えていく事をオススメします。

完母のママにとってミルクでの授乳は面倒な点が多いと思います。また赤ちゃんによっては人工的な乳首を嫌がる子もいるため、どうしても嫌がるのであれば、ストローマグなどの全然違う入れ物を使う事で、スムーズに飲んでくれる事もあるので、一度試してみてください。

また寝かしつけやあやす方法としておっぱいを使っているママは、早めに違う手段を見つけておくとミルクへの切り替えや卒乳がスムーズになります。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ