妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

もうすぐ1歳半検診!言葉の数が少なくて心配なママさん必見!

   

もうすぐ1歳半検診!言葉の数が少なくて心配なママさん必見!

1歳半頃になると、パパ、ママ、まんま、ブーブ、など多くの子が単語が話せるようになります。
まだ一つも言葉の数があまり出ていない子もいます。

1歳半検診を目前にして、「うちの子は大丈夫かな?」「1歳半検診って何聞かれるの?」と不安に思うママもいるでしょう。

1歳半検診でチェックされるポイントや、言葉の遅れについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


1歳半検診でチェックされる言葉の数は何個?

もうすぐ1歳半検診となると、「何個言葉が出ていればいいんだろう?」と不安になったり、「まだ言葉が全然出ていない」と悩んだりしてしまうママさんも多いですよね。

1歳半検診は各市町村で行いますので、住んでいる市によって色々違いが出てくるかと思います。

まず一般的には、言語検査、積み木、指先、歯科検診があります。

言語検査では、平均して5個言葉が出ている子が多いようです。

まだ言葉が全然出ていない子でも、言葉を話せるかどうかより「親の言っていることを理解しているかどうか」が重要です。

まだ話せなくてもちゃんと親の言うことが理解でき、生活できているなら大丈夫と言えるでしょう。

また、検診で指摘されてもある日突然たくさん喋り出すなんて子もいるようです。
我が子の成長を気長に待ちましょう。

1歳半検診!言葉の数よりも重要な判断基準

言葉の発達は、身体の発達よりも個人差があると言われています。

身体の発達でも同じ頃に生まれた赤ちゃんでも1キロ以上違いがあったりしますよね?
それが1歳の頃には逆転していたりします。

そんな身体の発達よりも個人差がある言葉の発達は、個人差があるからこそ、言葉の数よりも重要な判断基準があります。

まだ会話はできなくても、きちんとコミュニケーションが取れているなら心配ありません。

例えば、ママが「そろそろねんねしようか。」と言うといつも寝ている寝室に自分から行こうとするなどの行動です。

ちゃんと意味を理解し、行動できるならまだ言葉が出ていなくてもそれは個人差と言えるでしょう。

あまりママが心配し過ぎると、子どもにも伝わってしまいます。
これから少しずつ成長する我が子を見守っていきましょう。

1歳半!言葉の数を増やすトレーニング!

まだあまり言葉が出ていない我が子を心配するママさんも多いと思います。

そんなママさんに、言葉の数を増やすトレーニングというものがあります。

それは、「問いかけ」です。
とにかく日々の生活の中でママが問いかけてあげることです。

「〇〇ちゃんは上手にできたね〜〇〇かな?」
「〇〇くんは全部食べてえらいね〜〇〇だね?」
など、なんでもいいので我が子に問いかけてあげることが大切です。

そのうちママが言っていることをなんでも真似して言うようになります。

また、あまりテレビを見せ過ぎると、言葉が遅くなるとも言われています。
夕飯を作っている間など家事で手が離せないとき以外はあまりテレビを見せすぎないようにしましょう。

テレビより、ママの問いかけが言葉のトレーニングには効果的と言えます。

ぜひ、実践してみてください。

心配すべき言葉遅れ

言葉の発達は身体の発達より個人差があると言いましたが、本当に心配すべき言葉の遅れというものがあります。

まず、2歳までは個人差があります。
心配すべきは、2歳を過ぎても「意味のある言葉 話さない」という場合です。

個人差があるとはいえ、2歳を過ぎると多くの子が少しずつ会話ができるようになります。

2歳を過ぎてもまだ話さない場合は、一度専門の先生に診てもらいましょう。

専門の病院は予約がいっぱいで何ヶ月か先になってしまう可能性もありますが、その場合は日頃からコミュニケーションを取るようにして言葉のトレーニングをしましょう。

言葉の学校では、本格的に言葉のトレーニングにしていただけます。
こちらも検討してみるといいと思います。

中には、「耳の病気」「脳の発達」に問題がある場合があります。

なんでも早期発見が大切です。
気になることがあればなんでも相談しましょう。

身体の成長より個人差が大きい!

とにかく言葉の成長には個人差が大きいです。
1歳半検診のときにはまだ全然話せていなかったのに、2歳前には会話が出来るほどと、急成長を遂げる子もいます。

また、男の子より女の子のほうが言葉は早いです。
今も「女子会」というのがあるように、昔から女の人はよく喋る。というのが関係しているのかもしれませんね。

言葉の成長には、周りの影響が大きいと思います。
保育園に通っている子と通っていない子、兄弟のいる子といない子では大きく差がでてきます。

まだ保育園に通っていなくて兄弟もいない子で、まだあまり言葉が出ていなくて心配しているママさんはとにかく日々の問いかけを徹底し行なっていきましょう。

きっと成果が出るはずです。
また、急に喋り出した我が子を見て、その成長に感動することでしょう。

今は気長に我が子の成長を見守りましょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ