ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

かわいくてたまらない!子どもに伝えていきたい大切なこと

2016.8.10


36歳/公務員

現在、子どもが二人います。長男もうすぐ4歳、次男は1歳半です。

ワイフが長男を妊娠中は、言われるままお腹の中にいる子に本を読み聞かせてたり、『パパですよー』と声をかけていました。

妊娠中のワイフのお腹に話しかけ

しかも、ワイフがどこから探してきたのか分からないけど、謎のホースみたいなやつをお腹に当てながら。もちろんワイフのお腹にです。

ふと我に返るとおれはバカかな?とか思いましたが、それでも妊娠中のワイフは大変そうだし、なんだかピリピリしてる感じで。

言うこと聞いとかないとあとが怖いと感じていっぱいいっぱい声をかけ続けました。

そのおかげか、ただのおしゃべりな子なのかは不明ですが長男は1歳頃からかなりおしゃべりするようになり、2歳では完全に会話できるほどに!天才かも!とワイフに感化されて本当の親バカになっていました(笑)

次男の妊娠中は話しかけることができず

そんな中、ワイフが次男を妊娠。次男にも同じように声をかけてあげたかったのですが、なにせ長男のお世話で正直それどころではありません(>_<) 次男には申し訳ないのですが、たまに『早く出てこーい!』とお腹を触るくらい。もちろん謎のホースは押し入れのどこかに行ったきり。もうどこにあるのかも見ていません(笑) 次男は1歳半くらいになるのですが、ようやくパパ、ママと言えるくらい。あとは『あー、うー』しながら騒いでいます。 別にいつかは喋るだろうと楽観視しながら、上手く喋れない次男もかわいくてしょうがないのですが…親バカはもう完全に根ついているみたいです(≧∇≦)b それで、最近思うのはやはり胎児教育というか、お腹の赤ちゃんに声を掛けたり、音楽を聞かせてあげるのは素晴らしいことなんだと思います。 謎のホースが効果あるのかは今でも分かりませんが、とりあえずワイフ以外には見られてなくて良かったと思います(笑) でも、胎児教育を上手くできるのはやはり第一子だけじゃないですかね〜。ま、年が離れていれば話は別ですが、育児しながらまだ姿の見えない赤ちゃんに一生懸命にはなれないという現実があるかと。 それと、次男を妊娠中に思っていたのは、次男が生まれてきて長男と同じようにかわいがれるのか凄く不安でした。実際、胎児教育はほぼしていませんでしたし。 しかし、やはり生まれてきた我が子はこの上なくかわいくてたまりません。『目に入れても痛くない』とはよく言ったもので、本当にそんな気持ちです! 長男もかわいく、次男もそれに劣らずかわいいと思えて安心したというか、最近は二人で遊んだりすることもあるのでかわいさが倍以上だと実感。

子どもに伝えていきたい大切なこと

まとめますと、胎児教育は大事。ですが、やはり生活に見合ったことをすることが大切で、必ず胎児教育をしなければいけないというわけではないと思います。

『子どもを愛してる』ただそれだけ伝えていければいいと思います(*´∀`*)ノ

 - 妊娠中の体験談