妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

妊娠検診の尿検査。検査目的や結果の見方を知りたい!人へ

   

妊娠検診の尿検査。検査目的や結果の見方を知りたい!人へ

妊娠すると妊婦検診で必ず検査項目にある尿検査。

検査するのにも、提出するにもちょっと気を使うので苦手という人も多いはず。

妊婦検診に何故尿検査が必要なのか、その検査目的と結果の見方についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

妊娠後期は貧血に注意!息切れ、動悸、めまいなどの原因

妊娠後期になると貧血の症状が出てくる妊婦が3〜4割いるそうで...

プラノバールを飲み忘れたら?不妊治療への影響について

プラノバールという薬は一般的に「ピル」と言われている薬です。...

妊婦にとってBESTの楽な寝方とは?シムズの体位について

妊婦は起きていても大変、寝ていても大変。特に寝ても辛いとなる...

何故妊娠後期に仰向けで寝てはいけないの? その理由とは


妊娠中、特に後期には仰向け寝はしてはいけない――...

安産に向けて! 妊娠中に腹筋トレーニングが必要なワケ


実は妊婦さんにとって、腹筋を鍛えておくことは、安...

妊娠検診の尿検査。検査目的や結果の見方を知りたい!人へ

妊娠すると妊婦検診で必ず検査項目にある尿検査。

妊婦を苛む筋肉痛!筋肉痛の原因を知って症状を改善しよう!

妊婦は妊娠初期から色々とマイナートラブルが続きます。その中に...

フライングの妊娠検査 陰性でも妊娠している可能性あり!


女性にとって妊娠は一大事ですから、早く結果が知り...

妊活って一体何するの? 妊娠に繋がる大事な要素とは


そろそろ二人の間に子供が欲しい。そう考えた時に始...

妊娠糖尿病ってどんなもの?検査で尿糖が出たら注意して!


妊娠が確定すると、妊婦さんは定期的な妊婦健診を受...

妊娠は過剰摂取に注意!豆乳は適量を守って飲みましょう。

妊娠にとって、ある意味豆乳は諸刃の剣です。
...

妊娠中の夜勤の問題点。妊婦が夜勤を免除される方法

妊娠しても、すぐに産休に入る訳でありません。
...

男性も必見!妊娠にまつわる嘘orホント


男性と協力して、女性にしか経験できないこと、それ...

妊婦も映画を見よう!オススメ映画と映画館での過ごし方

妊婦だって映画が見たいですよね。

妊娠したい人は逆立ちすべき?妊娠にかかわる迷信いろいろ

妊娠したい時に、仲良くした後逆立ちすると効果がある。

妊婦の夏は危険がいっぱい。妊婦の体に優しい夏の過ごし方

妊婦にとって夏は危険と問題がいっぱいあります。

ドゥーテスト等の排卵検査薬 無駄なく上手に使う方法とは


少しでも妊娠の可能性を高めたい、そう思った時に、...

まだ妊娠を諦めないで!最高齢で出産した人達とその秘訣

女性にとって年齢の壁というのは昔からありました。以前は30過...

妊娠に必須条件は夫婦の「相性」?医学的な夫婦の「相性」

妊娠に夫婦の「相性」が大切という事はご存知ですか?

妊娠するには仲良しのタイミングが全て!チャンスを逃がすな

中々妊娠しないなあ、と悩んでいる夫婦。
<...

スポンサーリンク


そもそも尿検査でわかる事とは?

妊娠検査薬を利用する時、検査薬に尿をかけますよね。何故尿を検査することによって妊娠したり、体の調子が判ることができるのでしょうか?

その答えは尿の性質にあります。

尿というのは体の排泄物であるという事はみなさんご存知だと思います。

健康な腎臓であれば、排出されたものは体に不要な栄養素のみなのです。しかし、腎臓の働きが弱っていれば、本来排出されるべきでないものが含まれていたり、また体内で処理できない量の栄養素があれば、それも排出されてしまうのです。

尿検査というのはそういったものから必要な情報を引き出しているわけです。

さて妊娠検査薬で妊娠のチェックに使われるのが「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」です。これは妊娠していない人の体には無いホルモンです。これが尿から排出されたという事は体内で作られているという事なので、「妊娠している」と判ります。

妊婦検診での検査目的は尿中に含まれている「たんぱく」「糖」です。

妊娠の尿検査で「たんぱく」が出ている場合は?

栄養素のたんぱく質というのは、肉類、魚類、大豆製品、豆腐に含まれている栄養素です。たんぱく質の働きは主に内臓や血液を作ってくれます。そのほかにも、細胞を修復したり、骨や筋肉を作ったり、ホルモンを作ったりと、体にはなくてはならない栄養素です。

さて腎臓ではこのたんぱく質はろ過されて体内に戻るはずなのです。だから尿には含まれていないのが普通なのです。

しかし、このたんぱく質が特に妊婦は尿に検出されることがあります。

主な原因として、まず腎臓の機能低下です。なにせ妊婦の体とおなかの赤ちゃんの二人分をろ過させる必要があるので、その機能が追い付かないとどうしても尿にたんぱく質が含まれることになります。

多少ならば問題はないのですが、これが明らかに長期間もしくは大量に検出されるとなると問題です。腎臓の機能の低下しているか、もしくは「妊娠高血圧症候群」の可能性があるからです。

妊娠高血圧症候群は場合によっては、母子ともに重大な問題を引き起こす可能性があるために、病院では必ず検査しているのです。

妊娠高血圧症候群とは?

その名前の通り妊娠したことにより高血圧になったしまった事をいいます。

高血圧は例えばメタボ体形の人や、ご年配の人がかかる病気と思われていますが、妊婦でも全体の約3〜7%が発症すると言われています。

例えば家族でもご両親や祖父、祖母のうち誰かが血圧を下げる薬を飲んでいるという人は多いと思います。高血圧自体はそれだけで命を落とす病気ではないのですが、他の疾患の原因になったり、併発すると重症化したりするので、血圧が高いことは健康にいいとは言えないのです。

妊婦の場合は、他の病気を併発する危険の他、出産時に力んだりすると一時的に血圧が上がるため、元々高血圧の人は体が耐えられないこともあります。

また胎児への影響も見過ごせません。胎児は、ママの血液から酸素や栄養を得ているわけなのですが、ママが高血圧だと血流が悪くなるため、十分に酸素や栄養を得ることができます。発育不全や、低酸素状態になり、早産、死産のリスクもあります。

妊娠の尿検査で「糖」が出ている場合は?

尿から糖が出ている病気はご存知だと思います。

そうです。「糖尿病」なのです。

といっても妊娠糖尿病は、通常の糖尿病よりも軽度と考えられています。発症率は全妊婦のうち12%ぐらいです。ほとんどの方は産後には元通りになりますが、今後糖尿病になるリスクは、他の人よりも高くなっているので、その後の生活も注意が必要です。

尿に糖が検出されるようになった原因として、妊娠すると血液中のブドウ糖が分解されにくくなったというのがあります。それは、赤ちゃんはブドウ糖をエネルギーとしているので、赤ちゃんがブドウ糖をたくさん摂取できるように、妊婦の体はあえてブドウ糖の分解を押さえているのですが、それでも、赤ちゃんも摂取しきれない量の糖分を摂取してしまうと、やはり残ったものは尿に含まれて、排出されてしまうのです。

妊娠糖尿病も悪化すると、やはり胎児に発達に問題が出たり、逆に大きく育ちすぎて難産になったり、出産後も胎児がリスクを負う可能性があるので、甘くみないようにしましょう。

妊娠の尿検査の見方とは?

健康診断を受けた時もご覧になった事があると思います。

尿検査の項目は「+(プラス)」と「-(マイナス)」で結果が表示されます。

「-(マイナス)」は尿から、該当するものが検出されなかったという事です。つまり問題なしです。

「+(プラス)」の場合は、尿から該当のものが検出されたという事になります。これは問題があるのです。「+(プラス)」については、一定の基準によって、「+(プラス)」、「++」「+++」と区別され、+の数が多い方が、たくさん含まれていると言えます。

「+」の場合は、尿中にほんの少し含まれていてもこの表示になりますので、多くの場合は経過観察などになる事が多いようです。

「++」以上になると、は再検査や別の検査を受ける必要がある場合があります。また検査結果は大概お医者さんがある程度説明してくれると思いますが、よく理解できない、もっとよく知りたいと思ったときは、質問した方がいいでしょう。また、病院によっては妊婦さんの医療関係の質問に対して特別に窓口を設置しているところもあるそうです。

自分の体の状態なので、きちんと理解しておくのが大切です。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82