妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

温かい思いやり!19歳で妊娠・出産をした私を支えてくれたのは

   

温かい思いやり!19歳で妊娠・出産をした私を支えてくれたのは

31歳/パート

高校卒業してすぐの19歳で妊娠しました。当時保育士を目指していたのでまさか自分が子供を産むとは思わず、嬉しさしかなく出産を選択しました。

つわりは特にテレビなどで見るような駆け込んで…の様な感じではなく、炭酸系の飴を常に食べてました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


妊娠によって食の好みが変化した

食べ物は代表的な梅干しをとにかく食べたくて、駄菓子屋さんサイズのカリカリ梅は常備してました。ただ、塩分の採りすぎと怒られるので、1日1個〜2個と決められました。

サラダやさっぱりしたものが美味しくて、ハンバーグ、ポテトチップス、ステーキ、ラーメンなど、肉の塊や脂っこいものは大好きだったのにどんどん食べれなくなりました。

お寿司やお刺身も種類によっては制限され、一見不便だなと思いましたが、サラダが好きではなかったのですが、妊娠がきっかけで今でも好んでサラダを食べるようになりました。

飲み物もカフェインはダメなので、炭酸、麦茶、御茶などノンカフェインを意識しました。

就職したばかりでしたが、幸い総合病院の看護助手でしたので、臨月までこなすことが出来ました。

妊娠を支えてくれたのはお母さんの先輩たち

お母さんの先輩が多かったのであれこれたくさんの知恵をいただき、ケアして支えてもらえました。

まず、走らない!背伸びをしない!よく寝る!と言われ続け、お腹には常に鏡をいれていました。

担当部署が外来でしたので、色々な場面に出くわすからと、鏡の見る部分を外側に向けて腹巻きに挟んでました。

忙しい部署なので、つい、小走りをするとみんなからすぐ止められ、背が小さいので高いところの物を取るときは先生方までお手伝いしていただけました。

思わずしてしまう、背伸び…朝の背伸び、一段落ついた仕事の合間の背伸びは中途半端でいつも終わらせるように心がけ、仕事の合間ではとにかく寝る!

いい子を育てたいならとにかく寝る

寝る子は育つとは、子供に向けての意味がありますが、本当かはわかりませんが、看護師さんたちから、お母さんが寝ると子供も寝るので、いい子が育つと言われました。

休憩室、処置室など、休めるときはこまめに寝る!一番は横になるということが大切みたいです。

そのお陰なのか、夜泣きはほぼなしのとても手が掛からない子でした。

たくさんのサポートで安心して出産

患者様からは安産祈願とたくさんの方におなかを触っていただき、お腹が目立ち始めると、男の子か女の子かみんなで予想しようといつもたくさんの方に気にしていただいてました。

産科はなかったのですが、先生方も何かあったらみんなで取り上げてあげるからと言われたり、仕事をしながらでも安心していられました。

体が小さく、細かったので、妊娠しているとわからず、公共の乗り物では優先席へ座れず、免許もなかったので、徒歩でよく出掛けていました。

たくさんの方々のサポートがあり、39週で出産をしましたが、3時間半での安産で、母子ともに健康で乗り越えることが出来ました。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ