妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

二人暮らしで生活費20万円はどんな暮らしができるか解説

   

二人暮らしで生活費20万円はどんな暮らしができるか解説

二人暮らしの生活費が20万円ではどのような暮らしができるのか、他の人たちとの生活と比べてどうなのかが気になります。

同棲生活をするならできるだけ将来のことを考えて節約したいですが、20万円で生活できればかなりの貯金をすることも可能となります。

そこで二人暮らしで20万円の生活費があれば、どのような生活ができるのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



二人暮らしで20万円の生活費なら普通に生活することはできる

二人暮らしで20万円の生活費があれば、普通に生活をすることはできます。

生活費に関してはいくらても掛けることもできますし、逆に節約することもできます。

毎月の生活費を20万円で抑えるためには、固定費を低く抑えることができれば、より生活を楽にすることができます。

二人暮らしであれば将来のための節約したいと思いますが、今の生活もある程度楽しめるものにしたいと思います。

そのためどちらに比重を置くかによっても、生活費は大きく変わってくるでしょう。

しかし一般的に給料に対して適正な固定費や食費であれば、20万円の生活費でも普通に生活することはできます。

贅沢をしようと思えばいくらお金があっても足りないので、自分たちでどこまで贅沢をするかルールを決めると良いでしょう。

二人暮らしの生活費を考えれば、ある程度の節約をすることで余裕のある生活をすることもできるはずです。

20万円の生活費で二人暮らしなら固定費や食費を減らす

20万円の生活費で二人暮らしをするのであれば、固定費や食費を節約することは必要です。

生活費を20万円で抑えるには、給料額に合わせて家賃を決めるよりも、できるだけ家賃を安く抑えることを考えた方がいいでしょう。

一般的には給料額の3割程度に家賃を抑えるのが適正といわれますが、20万円の生活費で抑えるためには2割程度まで抑えると、それだけ生活も楽になります。

固定費は家賃だけでなく、携帯電話などの通信費や水道光熱費も節約することが大切です。

また節約しやすい項目としては、やはり食費をできるだけ抑えることが大切です。

食費は自分たちが工夫をすることによって節約しやすいので、自炊をするなど工夫をして節約に励みましょう。

ある程度節約することに慣れてくれば、20万円での生活が楽に思えてくるので、生活に慣れるまでは意識して節約に励みましょう。

二人暮らしでも節約すれば余裕を持って生活費20万円で生活できる

二人暮らしのメリットとしては、お互いが共働きであれば収入も多くなることです。

さらに将来に向かって節約しようと思えば、二人で協力して貯金をすることができるので、一人よりも二人で協力して頑張った方が成功しやすいでしょう。

二人暮らしの生活費を20万円で設定すれば、後は二人で協力するだけです。

一人暮らしと比べても、二人暮らしでは光熱費など少し増える程度なので、節約を意識すればそれほど多くなることはないでしょう。

大きく節約できる部分は食費ですが、男性は女性が思っているよりもたくさん食べるので、食費もそれだけ多くかかってしまいます。

しかし自炊をしたり節約レシピを活用することで、食費もある程度抑えることができるはずです。

二人暮らしではお互いが励まし合って節約できるので、20万円の生活費でも余裕を持って生活することができるでしょう。

手取りが増えても生活スタイルを変えなければ貯金もできる

生活していくとだんだんと収入が増えていくので、良い生活をするのが一般的です。

収入が増えればそれだけ生活費にお金を掛けることができますが、生活費を20万円に固定していれば、いつまでも同じ生活レベルでいられます。

二人暮らしをし始めた頃は貯金も少ないので、生活費を抑えて貯金をすることで、将来のために節約することを優先することも必要です。

収入が上がったことですぐに生活レベルを上げてしまえば、せっかく貯金ができるのに勿体ないと思うでしょう。

二人の将来のことを考えると、生活レベルを抑えて目標の貯金額まで達成するまで我慢してから、生活レベルを上げることをおすすめします。

二人暮らしのメリットは辛い時でも楽しく生活することができるので、お互いが節約することを楽しんで生活することを提案してみましょう。

将来のことを考えた生活をすることは、二人にとっても大切なことです。

節約することが当たり前になれば生活費20万円でも余裕

生活費20万円の生活に慣れてしまえば、二人暮らしでも余裕を持って生活することができるでしょう。

人はだんだんと今の生活に慣れてくるものなので、初めは苦しいと思っていても、だんだんとその生活に慣れていきます。

生活費20万円の生活が大変だと思っていても、半年も生活していれば当たり前の生活になるので、適応して生活することができるはずです。

二人暮らしをして20万円で生活費を抑えようと思ったら、ある程度目標を持つことが大切です。

目標の貯金額を決めることで、二人で協力して節約生活をすることができるでしょう。

生活費20万円の生活に慣れてしまえば、収入が増えてもそのままの生活を維持することによって、より貯金をすることもできます。

二人暮らしでも生活費20万円が当たり前の生活になれば、楽しく節約しながら生活をすることができるはずです。

  関連記事はこちら

 - お金のお悩み

ページ
上部へ