妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

妊娠中に離婚問題が勃発!意外に多い夫婦間のすれ違い

   

妊娠中に離婚問題が勃発!意外に多い夫婦間のすれ違い

妊娠と言えば、ある意味夫婦のひとつの到達点と言えます。

二人の生活の終わりと、子供を含めた新生活の始まりです。

しかし、その到達点で、突如のように襲う離婚問題。

何が夫婦の間ですれ違いを生んだのか、その原因についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


妊娠中に離婚なんてあり?

妊娠中に離婚なんて、正気?と思う人は多いと思います。

離婚を切り出したのが夫であれば、「身重の妻を見捨てる自己中男」と思われ、離婚を切り出したのが妻であれば、後先の事を考えず感情で動く衝動的な女と見られかねません。

でも当事者にとって妊娠中であるからこそ離婚の原因となる要素がたくさんあるのです。

誰もが妊娠をしてハッピーというのはある種の幻想です。

では、本来ならハッピーのはずの妊娠が、何故離婚の原因になるかご説明していきたいと思います。

一番の原因は、夫が妊娠や出産という事が一体どういう事なのかを全く理解せず、そして妻が自分と子供の事で一杯になり、夫への配慮が疎かになる事です。

これが夫婦間の問題に発展して、やがて離婚への道筋を作っていくのです。

周りから見れば「何もこの時期にそんな事をしなくても‥」と思いますが、当事者達にとっては、この時期だからこそ、余計一緒にいられないと感じてしまうのです。ではそれぞれの言い分について解説いたします。

妊娠中の妻と離婚を考える夫の気持ち

妻が妊娠した途端、「女」でなく「母」になったと感じる男性が少なくありません。彼女たちは今までのように、男性の視線を気にして、おしゃれや身だしなみを優先することなく自分たちが過ごしやすい恰好、妊婦向きの恰好へと変わっていきます。

男性にとって、自分の妻に色気を感じなくなるというのは浮気へ走る一因です。

そして、今までなら家事もこなしていた妻がいつの間にか、家事をしなくなり、夫のことを優先しなくなり、自分と子供しか目に入らなくなる。

気持ちを浮き沈みが激しく、何でもない事で怒ったり、泣いたりされると、仕事で疲れて帰ってきた身としては、付き合うのもうざく感じるでしょう。

そして禁欲です。妊娠中の女性の多くはあまり性欲がなくなります。そのため、夫は禁欲を強いられる訳ですから、もう結婚前の恋人時代とは全く別の関係になったともいえます。

そうすると男性は「一体なんのために結婚したんだろう」と疑問に思い始めます。彼らにとって、妻は女であり、子供の母親ではないのです。その日々の不満が降り積もって、離婚を決意するのです。

妊娠中に離婚を考える妻の気持ち

妊娠中となると女性はそれだけで大変です。

今までとは違う自分の体、心も今まで通りではありません。つわりがひどい人もいます。ひどいつわりのときは起き上がることも出来ません。

またホルモンバランスが崩れるため、今までだったら大したことではない事でも、ひどく感情が揺すぶられ、起こったり、泣き出したり。突然将来に言い知れぬ不安を抱えることもあります。

これだけの変化を受け入れるのに女性は苦労しますが、その大変さを理解していない男性が夫だった場合、せっかくの妊娠もつらい苦行に成り果てます。

妊娠したら、それは二人の問題です。それなのに、子供について相談しても「俺にはわからないから好きにしていいよ」と他人事のようにされれば将来的に「この人が父親でこれから生まれる子供は幸せになれるのか」と不安になります。

つまり妻にとって、夫が妊娠や出産の協力者でなく、逆に阻害要因でしかないときに、離婚を決意するのです。彼女たちが求めるのは男ではなく、子供の父親なのです。

夫に理解して欲しい、妊娠中の女性の心理

マタニティーブルーというのは聞いたことあると思います。妊娠中にホルモンバランスによって情緒不安定になる状態です。妊娠中だけでなく出産直後になるケースも多く、重くなると鬱を引き起こします。

その逆がマタニティハッピーです。妊娠して本人はとてもハッピーでやたらテンションが高いです。そのテンションの高さにマタニティ―ブルーが鬱に近いのであれば、こっちは躁に近いのかもしれません。赤ちゃんに関することに夢中ですから、生活が赤ちゃん中心です。そしてそんな自分をどこかで特別視しているので、かなりわがままで無神経な行動がみられることもあります。

それだけ妊娠というのはとてつもない事なのです。今までと性格が変わるという人もいるくらいです。しかし多くはホルモンのバランスの問題なので、出産してしばらくすると落ち着くことが多いようです。

妊娠というのは、そういった特殊な状況に自分の妻がいるという事を理解してあげてください。

妊娠中の離婚の回避策

大事なのは、お互いが特殊の状況にいるという事。そして、その状況下ではお互い助け合わなくてはいけないという事なのです。

夫は妻が心も体も変化しているという事を理解しましょう。何もかも今まで通りとはいかないのです。これからは子供が二人の生活に入ってきます。それは10か月たてば現実になります。妻はこの間に母親へと変化しようとしています。夫もそれを理解して、手助けするべきです。妊娠は一人でできないように、出産もやはり一人では無理なのです。子育てもそうです。夫も妻の妊娠中に父親になる心の準備を始めましょう。

そして妻は、心も体も大変な時期です。しかし、それが全て正当化されるわけではありません。夫に合わせることも必要です。この時期、禁欲を強いられる男性が多く、それを口実に浮気に走る人も少なくありません。実際妊娠中の離婚の原因は「夫の浮気」がとても多いのです。だから、例えばその気がなくても夫がその気になったらな、体に負担のならない範囲で、付き合ってあげるのもいいと思います。

そして夫は妻以上にこの特殊な状況に戸惑っていて、困っているのです。だから頼りないのであれば一緒に成長すればいいのです。

  関連記事はこちら

 - 結婚のお話し

ページ
上部へ