妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

妊娠中の嘔吐の症状で悩んでいる人へ 嘔吐の原因と改善策

   

妊娠中の嘔吐の症状で悩んでいる人へ 嘔吐の原因と改善策

妊娠中に嘔吐の症状が出た人はとてもつらい思いをしていると思います。

嘔吐にはいくつか原因があります。

でも必ずこのつらさには終わりがあります。

ここで症状を軽減する対策についていくつかご紹介いたしますので、ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の会社へ連絡したい!電話のかけ方で注意するべき点

旦那の会社へ電話をかける時には、何か失礼があったら...

幼稚園で習い事をさせたい!早退させる時に気をつける事とは

子供には早くからいろいろなことを習わせた方が、飲み...

子供がチャイルドシートを嫌がる時にできる対処法

子供を連れて車で移動する時には、チャイルドシートを...

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供...

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少な...

子供のための朝ごはんでおにぎりを作るのがおすすめな理由

子供の朝ごはんは毎日作らなければなりませんが、自分...

障害者が子供を産む時。その障害は子供に遺伝するのかどうか

知的障害者は親や兄弟など家系で多く見られる場合があ...

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として...

妊娠糖尿病の検査前に気を付けたい!血糖値を下げる食事とは

妊娠糖尿病になる妊婦さんは約10分の1と、近年増加...

高温期14日目に出血!その色が茶色の時に考えられるのはコレ

女性にとって生理周期は、体調やその他の変化を知るた...

夫に子供欲しがる心理になってもらうための秘策を教えます!

近年は、結婚したがらない男性、結婚しても子供を欲し...

5ヶ月で体重が6キロ?コツを覚えて育児の負担を軽減しよう!

生後5ヶ月と言うと、早い子だと寝返りが出来るように...

1歳7ヶ月の体重ってどれぐらい?重いと思う人必見です!

1歳7ヶ月と言うと外や水遊びが大好きで、そのエネル...

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配...

離乳食後のミルク いつから減らしてあげないようにするか解説

生後半年ほどになると、それまで栄養の全てを母乳やミ...

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場...

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り...

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出てい...

我が子の発達に遅れがある時の対策と保育園の選び方をご紹介

自分の子供がもしかしたら発達に遅れがあると感じた時...

赤ちゃんの呼吸が乱れて不安!原因と対処、病院へ行くタイミング

”呼吸”は生きる上でとても重要な行為。大人でも...

スポンサーリンク


妊娠中の嘔吐の原因とは?

妊婦の体はとてつもない変化が起こっています。体の中でもう一人が生きていく準備が始まっているのです。そのため、いろんなホルモンが分泌され体を変化させようとしていいます。

つまり今までと分泌されるホルモンの種類も、量も変わってきます。このホルモンが曲者なのです。

嘔吐の原因と言われているのは、「黄体ホルモン」と「絨毛性ゴナドトロピン」です。あまり聞いたことないですよね。

でも黄体ホルモンは、毎月女性の体の中で分泌されているのです。主な役割は、受精卵を子宮に着床しやすいように、内膜を柔らかくすることです。また、基礎体温を付けているひとなら低温期と高温期はご存知だと思いますが、体温をあげる作用があるので、このホルモンの分泌が多くなると高温期に入ります。また妊娠後も妊娠状態を維持するために分泌されるようになります。

絨毛性ゴナドトロピンは妊娠しないと分泌されないホルモンです。そのため妊娠検査薬では、このホルモンの尿中濃度で妊娠か否かを判断します。つまり妊娠したことにより、今までなかったホルモンが特に妊娠初期の多量に分泌されるので、体の中のホルモンバランスが崩れます。

妊娠中の嘔吐のピークは?

個人差がありますが、多くは妊娠9週目から11週目と言われています。安定期と言われる16週目に入れば、症状の治まる人が多いようです。

前述した絨毛性ゴナドトロピンの数値が下がると嘔吐の症状が治まることが多いのですが、しかし、必ずしもこの数値の高さと嘔吐の症状が比例しているかというとそうとも言えない面があるため、原因は他にもあると考えられています。

例えば、赤ちゃんを異物とみなして、体が拒絶反応を起こしているという説もあります。嘔吐はいわゆるアレルギー反応という事です。また逆に、妊娠初期というのは体が変化していく時期なので安静が求められます。しかし、安静にしろと言われても、具合も悪くないのに安静にしていられる人は少ないでしょう。そのために、わざと体が吐き気を起こして安静にさせようとする説です。

また体の変化に心が追い付かず、自立神経が乱れるのが原因ともいわれています。どちらにしろこの時期は「体を休めて」という体からの合図なのかもしれません。

妊娠中の嘔吐の症状の改善策

妊婦となると子供の分の二人分の栄養を取らなくちゃいけないと言われます。そのため食べる事が義務と化して、食べられないことに罪悪感を感じる人もいます。

でも大丈夫です。

2〜3日ぐらい食べなくても、すぐに胎児に影響はありません。また少しぐらい栄養が偏っても大丈夫。無理して食べたくないものを食べるよりも、食べられるものを食べましょう。

この時期は大体1週間くらいで、栄養のバランスを考えれば十分です。

今までと同じように一日3食取れなくてもOKです。逆に、1回の量を減らして回数を増やすことで、一定量を摂取できることもありますので、ぜひお試しください。

また中には、歯磨き粉のにおいがダメという妊婦さんも結構います。歯磨き粉は歯磨きに必須ではありません。水と歯ブラシだけで磨いても十分磨くことができますので、ダメな人は、歯磨き自体を辞めるのではなく、歯磨き粉を使うのをやめましょう。妊婦の歯周病は早産の原因にもなるというので歯磨きだけはこまめにしましょう。

嘔吐がひどくて水も飲めなくなったら

ただちに病院へ行きましょう。嘔吐は仕方ないのですが、とはいえ栄養失調や脱水症状を起こすことが怖いのです。

例えば、もう何日もまともに食事が取れない、水を飲んでも吐く、尿の量が減った。とった食事の量よりも、吐いた量の方が多いとなるとかなり重症です。

また体重が1〜2週間で5キロ近く減ってしまったとなると問題です。

「寝てれば直るかも‥」、「次の検診で相談しよう」というのは手遅れになる事もあります。その場合はただちにかかりつけの産婦人科医に相談すべきです。

あまり症状がひどい時は「妊娠悪阻」に辺り、場合によっては入院して、点滴を受ける必要があります。

また、そこまでひどくないけど何も食べたくないという人も、水分だけは取るようにしましょう。固形物が口に入らなくてもスープなら飲めるという事もあります。とにかく自分が食べられそうなものを見つけましょう。

また何かに集中することにより、気分がまぎれることもあります。読書やゲーム、溜まっていたHDのドラマを見るという気分転換もおすすめです。

妊娠後期の嘔吐とは?

妊娠後期と言われる妊娠32週〜35週頃にもやはり嘔吐が始まる人がいます。これは胎児が大きくなっているので、胃が圧迫されるのが原因です。胃酸が逆流することで嘔吐してしまうのです。しかし、これも一時的な症状です。その時はつらいとは思うのですが、子供が生まれれば、原因がなくなるのですぐに回復します。改善策は食事を小分けにして食べる、気分転換をするなどです。

ただ「妊娠高血圧症候群」の可能性があるので注意が必要です。これは以前「妊娠中毒症」と呼ばれていた症状です。嘔吐の他、むくみ、高血圧、尿たんぱくの数値が高いという症状が見られます。

この症状はママや胎児にリスクが高く、重症化すると死産や早産もありえるのです。また無事出産できてもママの体にもダメージが残ることもありえます。

この時期に脱水症状を起こすと赤ちゃんに栄養がいかない可能性が出てくるので、嘔吐のひどくなったら、検診日に関係なくすぐに病院へ行きましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中のお役立ち情報


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82