妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

初出産!痛いと叫ぶのは恥ずかしくない!

      2017/08/02

初出産!痛いと叫ぶのは恥ずかしくない!

赤ちゃんを授かり、いよいよ出産間近となると考えてしまうのが、痛さのあまり痛いと大声を出しでしまい、取り乱して叫ぶと聞くけど、みんなそうなのかなとか不安があると思います。
今まで誰にも見せたことことがない自分をさらけ出してしまうのが、恥ずかしいと思ってしまうのは当然ではないでしょうか。

確かに周りの出産経験者やネットなどを見ると、色んな情報があり気にしないわけにはいかないのが現実です。
全てが初めての事ばかりで、時期が近づいてくるにつれ、楽しみな気持ちと不安な気持ちが入り交じってきてしまっているのではないかと思います。

そんなあなたの不安を取り除き、安心し落ち着いて出産に臨んでいただけたらと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


出産って痛いと叫ぶ声よりも喜びの方が大きいものだから安心して!

出産って今までにないような痛みで、痛いとか無理とか大声で叫ぶというイメージが非常に強いと思います。
でも、痛い思いをするのに、二人目、三人目と出産しているのは痛みを越える何かを得ることができるからだと思います。

それは、授かってから10ヶ月もの長い間、大事に大事にお腹の中で育てた赤ちゃんとやっと出会えた喜びだと思います。

妊娠中は、最初は悪阻があったり、お腹の赤ちゃんに何か異常があったりしないかとか、今まで以上に健康に気を付けたりしたのではないでしょうか。
そんな、出産までの長い道のりの大変さは、あなたでしかわからないと思います。

出産では今まで経験したことのない痛みで叫んでしまったり、取り乱したりしてしまうかもしれませんが、赤ちゃんに出会えた時、泣き声を聞いたときには痛みを忘れてしまうのです。
それほど、出産って喜びが大きいものなのです。

出産するときに痛いと叫ぶからと先に言っておくと安心できるのでは!

あなたが出産するときには、ご主人や両親などが立ち会ったりすると思います。
初めての出産ですから、尚更心配で駆けつけるのではないでしょうか。

あなたやご主人の母親も出産経験者ですから、痛みがあることはわかっていますが、時間の経過とともにどうだったのかは忘れてしまっています。

ですから、身近な人には先に伝えておきましょう。
出産って経験したことのないような、よく例えると鼻からすいかが出てくるような痛みだと聞いていて、多分大声で痛い、助けてなどと叫ぶかもしれませんが、驚かないでください。
などと前もって言っておけばよいのではと思います。

そうすることで、ご主人にも心構えができるのではないでしょうか。
あなたも、既に伝えてあるという事で、気持ちにもゆとりを持つことができ、安心して出産に望めると思います。

ただ気をつけてほしいのは、あまり早く伝えてしまうと忘れてしまうかもしれないので、出産が近づいてきたら伝えてみてください。
あなたも近づくにつれ不安が大きくなると思うので、誰かに話すことで少しでも不安が軽減され安心できるのではと思います。

出産で痛いと大声で叫ぶのはいいけど、看護師さんの言うことは聞きましょう!

初めての出産で、どうしようないくらい陣痛が痛いと周りの声も耳に入らなくなってしまうかと思います。
痛い、助けてなどと大声で叫ぶのは仕方がないことかもしれませんが、看護師さんの言うことは聞いた方がよいと思います。

確かに、痛かったり次に何が起こるかわからなくて、パニック状態になってしまうかもしれません。
しかし、傍にいてくれる看護師さんは何人もの人を毎日のように看ている、いわば出産のプロです。

陣痛だって、ずっと痛みが続くわけではないですし、出産が近くなると間隔が狭くなりますが、痛みがないときにお腹に力を入れたりして、赤ちゃんの手助けをすることはとても大事なことです。

看護師さんの言うことを聞いて、言うとおりにすることで、痛みも楽になるかもしれませんし、なにより出産が早く進むのではないでしょうか。
そうすることで、赤ちゃんにも早く会えますし、あなたも体力的に早く楽になれると思います。

看護師さんだからこそ知っているコツなどもあるかもしれませんし、何よりも色んな事を経験して知っているのですから、こうしたら楽になるとかこうした方がいいなどとアドバイスしてくれると思います。

その為にも、日頃から検診で病院を訪れているのですから、看護師さんに自分の不安などを話しておくのもいいと思います。
そうすることで、より身近に感じる事ができるでしょう。

あなたは1人ではないから安心して出産して!

出産は一生に一度の大変なことです。
誰でもわかってもらえる訳でもなく、ある意味孤独感がある人もいると思います。
でも、あなたは決して1人ではありません。
お腹の中にはあなたの大事な赤ちゃんが一緒に頑張っているのです。

赤ちゃんだけではありません、ご主人だってご両親だって心配で不安でしょうがないのです。
でも、あなたを不安にさせないように何事もなかったように振る舞っているかもしれません。
多分、色んな人から話しを聞いたりネットで調べたりしているのではないかと思います。

あなたにしてみれば、出産で痛い時などは何もしてくれないとか思って、イライラをぶつけてしまうかもしれませんが、それも家族だから出来ることです。
みんな、あなたと一緒に頑張っているのです。

家族だけではありません。
看護師さんもそうです。
早くあなたを赤ちゃんに会わせてあげたいから、早く痛みを楽にさせてあげたいから、あなたと一緒に頑張っているのです。

あなたは1人ではありません。
みんながあなたと一緒に頑張っていることを忘れないでください。

赤ちゃんと会えたときの喜びを想像して望んでください!

初めての出産に対して色々な不安はあると思いますが、赤ちゃんに会って、腕に抱いた時を想像してみてください。
産まれたばかりの小さな手や、オギャーという元気な泣き声など、きっと大変だった事など忘れてしまうと思います。

出産は確かに大変だと思いますが、その後には今まで想像もしなかったような喜びがあると思います。
やっと出会えたご主人とあなたの赤ちゃん。
きっと可愛くて可愛くて、ずっと見ていたくなるほどでしょう。

これから先、子育てには大変なこともあると思いますが、出産するときの大変だったことや不安を乗り越えたことなどを思い出して頑張ってください。
そして、今までもこれからもあなたは決して1人ではありません。

周りの色んな人が一緒に頑張っているのです。
声には出さなくても、ずっと見守っていてくれるはずです。

だから安心して出産に望んでください。
きっと、出産の時に痛いと大声で叫んだねと後で笑って話せると思います。
そして、あれだけ不安だったことも、陣痛の痛みも忘れてしまうと思います。

これまで頑張ってきたあなたですから、きっと大丈夫です。安心して出産に望めると思います。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ