妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

8カ月の赤ちゃんの凶暴化が心配…その原因や解決法!

      2017/08/03

8カ月の赤ちゃんの凶暴化が心配…その原因や解決法!

8カ月といえば、まだまだ赤ちゃんの時期に当たりますよね。

赤ちゃんといっても、自分の意思が芽生えてきたり、はいはいを覚えて自分の好きに動いてみたりと、様々な成長が見られる時期でもあります。

しかし、この時期の赤ちゃんの凶暴化に悩んでいるという親御さんもいらっしゃるようですね。

今まで見せなかった攻撃的な一面が見られるようになったり、自虐行為をしたりなど、心配になりますよね。

赤ちゃんがこのように変化してしまったのには、考えられる原因があります。

今回はその原因と、解決方法も併せてご紹介致します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


8カ月の赤ちゃんの凶暴化は、ストレスが原因?!

まだまだ8カ月の赤ちゃんとはいえ、敏感に物事を感じ取ることが出来ます。

このことから、赤ちゃんにだってストレスは感じるものなのですね。

そのストレスが原因で、凶暴化してしまう可能性があるのです。

赤ちゃんがストレスを感じる原因は、オムツが汚れているのになかなか変えてくれなくて気持ちが悪いと感じている事だったり、生活リズムが整っていなくて、お腹が空いている時間が長かったりなど。

一見よくありそうなこの状況ですが、赤ちゃんにとってはストレスになる大きな原因と言えるのです。

他にも、眠っているところをわざわざ起こされたり、周りの騒音で目が覚めてしまうという事もストレスの原因になります。

赤ちゃんは私たちの様に言葉で意思を伝えることが出来ません。泣くことでしか自分の気持ちを伝えられないのです。

ですので、赤ちゃんがなぜ泣いているのか、ここをしっかりと見極めてあげるのことが大切ですね。

凶暴化するのは、8カ月の赤ちゃんを取り巻く環境にも原因が!

先ほどご紹介した赤ちゃんのストレスになる原因は主に赤ちゃんに直接関わるものだったのですが、実は赤ちゃんは自分を取り巻く周りの環境に関しても非常に敏感です。

例えば、室温や体感温度が暑かったり、寒かったり。これもストレスの原因になり得るのですね。

自分で空調管理や細かな体温調整が出来ませんから、汗をかいていないか、体が冷えていないかも気にしてあげましょう。

そしてもう一つ、重要な原因になっているのが親のイライラです。

お父さんやお母さんが常にイライラしていたり、夫婦喧嘩をしたりなど、親のイライラという感情は赤ちゃんにも伝わってしまいます。

それ以外にも、周りが騒がしく、妙に落ち着かない雰囲気だったり、知らない人や慣れない人が集まっている時なども赤ちゃんにとってはストレスなのです。

赤ちゃんにというのは声に出して伝えられないだけで、大人が思っているよりも非常に敏感に周りの空気を感じているのです。

ですので、オムツや空腹など赤ちゃんに直接かかわる原因以外に、赤ちゃんの周りの環境や空気に関しても十分に気を付けてあげなければなりません。

8カ月の赤ちゃんが凶暴化することで、併発する可能性のある症状

では、凶暴化してしまうほどストレスを感じてしまっている赤ちゃんが、今後発症してしまうかもしれない症状や、取ってしまうかもしれない行動にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、症状として下痢や便秘などが挙げられます。大人でもイライラしたり慣れない環境に置かれると、ストレスを感じることからお腹を下したり便秘になってしまう事があると思いますが、それは赤ちゃんもおなじなのですね。

しかし私たち大人の便秘と、まだまだ体の弱い赤ちゃんの便秘では体にかかる負荷が違います。

オムツ替え時の赤ちゃんの便の状態には、十分注意して見てあげた方が良いでしょう。ストレスの感じ具合の目安になります。

そして、ストレスを感じると赤ちゃんでも自虐行為をしてしまう可能性があります。

指を加えるのではなく噛んでしまったり、自分の体をひっかいてしまったり、髪をむしるような行動をしたりと。

赤ちゃんの肌は強くはありませんので、もし傷ついてしまったらなかなか跡が消えにくかったりもしますし、何より傷口から細菌が入ってしまっては他の病気に繋がってしまうかもしれません。

このように、今はまだ見られていなかったとしても、今後症状が現れたり、自虐行為をしてしまう可能性もありますので、赤ちゃんがストレス管理にはしっかり気を配りましょうね。

凶暴化の原因、ストレスを解消させる方法!

では、ストレスが原因と考えられる凶暴化を改善するためには、どうしてあげれば良いのでしょうか。

まず1番は、お父さん、お母さんの愛情です。赤ちゃんは言葉を理解していないからと、あまり話しかけるという事をしていなという方はいませんか?

それは大きな間違いで、話しかけてあげるという行為は、赤ちゃんへの重要な愛情表現になります。

そして、そういった愛情表現を大切にしつつ、赤ちゃんの前でお父さんお母さんがイライラしない。これもとても重要なことです。

その他のストレス解消方法として、赤ちゃんをバスタオルなどの大きめのタオルで包んであげるというのもストレス緩和に良いそうです。

このタオルに包まれている感覚がお母さんのお腹の中にいる時の感覚と似ていることから、赤ちゃんが安心感を覚えるのですね。

しかしこの時に、赤ちゃんが暑がっていないかどうかは注意して見てあげましょうね。

後はずっとベッドに寝かすのではなく、抱っこの時間もしっかり作ってあげることも大切ですし、これもストレス解消にもつながります。

コミュニケーションを大切に、赤ちゃんの声に耳を澄ませましょう

いかがでしたでしょうか?このように、赤ちゃんの凶暴化には、赤ちゃんが感じているストレスが大きな原因になるという事がお分かりいただけましたでしょうか?

やはり赤ちゃんというのは言葉が発せませんから、お父さんお母さんが、赤ちゃんが言いたがっていることに気づいてあげる事がとても大切です。

今回ご紹介したストレスの原因になる物や事を中心に、自分の子が何を嫌がるのかを把握してあげなければなりません。

加えて、逆に何をしてる時に自分の子は喜んでいるのか。これを知っておくのも非常に大切ですね。

これらを理解するには、日ごろのコミュニケーションが重要になってきます。

会話をするだけがコミュニケーションではなく、抱っこをしてスキンシップを取ったり、こちらからたくさん話しかけたり。これだけで赤ちゃんの安心感は増していきます。

しかし、もし症状や自傷行為などが改善されない場合は、専門の知識を持つ人にすぐに診てもらうようにしましょうね。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ