ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

生理が来ないのに検査薬が反応しない時、双子の可能性がある!

2017.8.2

子供を作るために努力を続けて、とうとう生理予定日に生理が来なくなった…もしかしたら!と思って妊娠検査薬を使ってみるけど、なぜか反応しない。

それでもやはり生理は来ないし、体調もなんだか優れず妊娠の兆候があるのに、妊娠検査薬の反応は陰性のまま。

実は、本当に極稀な出来事ではあるのですが、この場合もしかしたら双子を妊娠されている可能性があるかもしれないのです。

一体どういうことなのか…今回はこの検査薬が反応しない場合に双子である可能性が謳われている理由や、それに対する様々な声。そして検査薬の誤反応等についてもご紹介したいと思います。

双子を授かると検査薬が反応しない場合がある理由は?

では、なぜ双子を授かっているにも関わらず、妊娠検査薬が反応しないのか。

それは、妊娠検査薬が反応する原因となる成分、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が関係しています。

hCGとは、子宮内に出来る胎盤に含まれる性腺刺激ホルモンによって作られたもので、不妊治療などにも活用されています。

妊娠に成功すると、このhCGが生産されて、これが妊娠検査薬で陽性反応を出すとされているのですが、双子の場合はこのhCGが1人の赤ちゃんを授かった時よりも数値が大きくなります。

このことから、一般の妊娠検査薬ではhCGの数値が高すぎて、上限を超えてしまったことが原因で検査薬が反応しない場合があると言われているのです。

しかし、これは本当に極稀な出来事ですので、検査薬が反応しないイコール双子!?と早まった考えをするのは避けた方が良いですね。

双子が理由で検査薬が反応しないのは稀!誤反応の可能性も

先ほども申し上げたように、双子を授かったから妊娠検査薬が反応しないというのは滅多にないことです。妊娠検査薬には、誤反応が出てしまう場合もあります。

例えば、検査薬に反応が無かったのに時間が経つと後から陽性のラインがうっすら出てくる場合があるのですが、それは陽性反応ではなく「蒸発線」である可能性があります。

尿に含まれている水分が蒸発した後に、検査薬に残った尿に含まれていた何らかの不純物だけが残り、それが反応を起こしてしまっているというものです。

この蒸発線は、実際に出るべきラインの色とは少し異なっている場合が多いようですので、参考にしてみて下さい。

逆に、検査薬に陽性反応のラインが薄く出たけど、時間が経つと消えるという誤反応もあるそうです。

これも、尿の成分が反応してしまって一時的に反応が出てきただけという場合もあるのです。

どちらの場合も、数日の間をあけてから再度検査薬を使ってみることをお勧めします。

仮に双子であったとしても、フライングで検査薬が反応しない事も

もし仮に本当に双子を妊娠していたとしても、hCGの上限を超えてしまったからという理由ではなくフライング検査によって反応しない場合もあります。

フライング検査とは、妊娠検査薬が推奨している検査するタイミングよりも早い段階で検査薬を使用するというものですが、このフライング検査では正しい反応が出ないことが多いのです。

大体の妊娠検査薬では、生理予定日から1週間以降だったり、推定されている排卵日の3週間以降だったりといった検査に最適なタイミングというのが設けられています。

適正なタイミングで検査薬を使わないと、尿の中に検査薬が陽性反応を出すのに必要な量のhCGが含まれていない可能性があるので、使用する検査薬の使用方法をしっかりと確認しましょう。

また、フライング検査のための早期妊娠検査薬というものも存在しますが、早期妊娠検査薬にも適切なタイミングというのが設けられているのです。

どちらにしても、生理予定日に生理が来なかったからとすぐに妊娠検査薬に手を伸ばすのではなく、きちんとタイミングを見計らって使用しましょう。

双子が理由で検査薬が反応しないという事への様々な意見

双子を授かった場合に妊娠検査薬が反応しないという事に対しては、様々な声があります。

妊娠しているのに、双子と言う理由で妊娠検査薬が反応しないなんてあり得ない。という考えを持つ人もいるのです。

実際に、双子や三つ子を妊娠された時に検査薬を使うと、速攻で強い陽性反応がでたという例もあるようですので。

この事実と、先ほどご紹介した尿の検査による誤反応や、フライング検査による誤反応があるという事を踏まえて考えてみると、このような考えを持つ人が居るのも分からなくは無いのかもしれません。

しかし、実際に双子を妊娠していたのにも関わらず妊娠検査薬が陰性反応だったというケースもあるのですね。

陰性反応なのに生理が来ないのが気になって病院に行ったら双子を妊娠していた。という事もあったのは事実です。

あまり検査薬の結果を過信しすぎず、疑問があればすぐ病院へ行って確認した方が良いでしょう。

疑問があれば、自己判断せずにまずは病院へ相談を!

いかがでしたでしょうか?双子を授かったという事実と、検査薬が反応しないという事を結び付けるのには、まだ明確な根拠は無いように思います。

肯定派と否定派の両方の意見がまだまだ存在していますのでね。

しかし、検査薬の結果と自分の体調とが一致しない場合は、自己判断で動かずに、まずは病院に行って状況を詳しく伝えて診て貰うというのが適切な判断では無いでしょうか。

陰性反応であるのに生理が来ない場合は特に早めに見てもらった方がいいでしょう。

妊娠している、していないという問題の前に、ホルモンバランスの異常を起こしてしまってる可能性だってあるかもしれませんので。

また、やっかいなことに病院では「妊娠していません」と言われてたのに、検査薬では陽性反応が出たという事例もあるのです。

これはまだ胎児があまりにも小さすぎてエコーでは妊娠が確認できなかったが、hCGがちゃんと検査薬に反応していたので、結果的に検査薬の方が正しい判断だったなんてこともあるよう。

正しく判断するには、検査薬と病院で先生に診てもらう事の両方が必要なのかもしれませんね。

 - 妊活中のお役立ち情報