妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

離乳食後のミルクのタイミングと量の目安についてご紹介

   

離乳食後のミルクのタイミングと量の目安についてご紹介

生後5ヶ月頃から1回食、2回食、3回食と増えていく離乳食ですが、離乳食の後にあげるミルクはどのくらいの量をあげればいいのだろう?食べてすぐあげても大丈夫なのだろうか?などと悩む親の方々も少なくないでしょう。

ここでは、生後5ヶ月頃〜1歳頃までの、離乳食後のミルクをあげるタイミングと量についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


生後5ヶ月頃の離乳食後のミルクの量とタイミング

生後5ヶ月頃になると、ミルクの飲む量はだいぶ増えて、1回で200ml〜220mlほどを飲むようになります。そして、1日でトータル1000ml〜1100mlほどの量を飲むことになります。離乳食を始めてもその量はほとんど変わることはありません。

まだ、この時期はミルクで栄養を取る時期なので、離乳食後でも変わらず1回に200mlを飲む赤ちゃんは多く見られます。

離乳食を食べさせた後すぐに、赤ちゃんがミルクを欲しがる場合は、欲しがるだけ飲ませて大丈夫です。また、ミルクを飲ませてから離乳食をあげるという方もいるようです。ただ、ミルクでお腹が膨れてしまうと、なかなか離乳食を受け付けなくなってしまうので気をつけましょう。

ベストなタイミングとしては、離乳食を食べさせた後にミルクをいつもと同じくらいの量あげるというタイミングとなります。

生後7ヶ月頃の離乳食後のミルクの量とタイミング

生後7ヶ月頃になると、離乳食が一段階進みモグモグ期に入ります。そして、2回食へと移行します。この頃になると、約70%の栄養を母乳やミルクから、残り30%ほどを離乳食から取ることになります。

離乳食が2回食になり量も増えてくるので、この時期は離乳食後のミルクを減らすと良いでしょう。ミルクのみの時は今まで通り200mlほどをあげても構いませんが、離乳食後にあげるミルクは160ml〜180mlが好ましいでしょう。しかし、離乳食をあまり食べない、具合が悪くて離乳食を食べてくれないなどという時は、ミルクが大半を占めても構いません。そのような時は、離乳食をお休みしミルクで過ごすのも良いかもしれません。

ミルクをあげるタイミングとしては、生後5ヶ月の頃と同じく離乳食を食べ終わったあとに160mlほどを飲ませてあげると良いでしょう。

生後9ヶ月頃の離乳食後のミルクの量とタイミング

生後9ヶ月に入ると、離乳食はカミカミ期に入り、3回食になります。3回食になることで、ミルクを飲む量は自然と減ってくるかもしれません。授乳量としては、1回200mlほどを離乳食後+2回ほどなのでトータル1000mlほどあげても問題ないようです。

この頃から栄養の70%ほどを離乳食から取るようになります。ですから、離乳食後のミルクは赤ちゃんの様子を見てあげてみるのが良いかもしれません。離乳食をあまり食べない子だと200ml全てを飲むかもしれませんし、離乳食をしっかり食べる子は全く飲まないかもしれません。

離乳食後にあげるミルクは、赤ちゃんの様子を見て、まだ飲めそうなら160ml〜200mlほどを与えてみて、離乳食で満足していそうなら、ミルクをあげずに様子を見てもいいでしょう。3回食にしてすぐの頃は、まだ赤ちゃん自身もリズムが整っていないので離乳食を食べてすぐはミルクを拒んでも、1時間ほどで飲みたい素振りをするかもしれません。その時にミルクを作ってあげてもいいでしょう。

1歳になったら牛乳やフォローアップミルクにしよう

1歳になると、離乳食を3食しっかりと食べるようになってきます。栄養のほとんどを離乳食から取るようになるので、ミルクは必要がなくなります。

しかし、なかなか離乳食を食べないこの場合は栄養面が気になってしまいますよね?そのような時は、フォローアップミルクを飲ませるのが良いかもしれません。フォローアップミルクは栄養補助のための粉ミルクなので、全員が全員飲まなくてはいけないものではありません。離乳食をあまり食べない子や身長体重がうまく増えないこの場合は使ってみても良いでしょう。

フォローアップミルクは哺乳瓶であげてもいいですが、マグやストローの練習としてコップであげてみるのもいいですね。もし、栄養面にあまり問題が無ければ、牛乳を同じようにあげても良いでしょう。ただし、牛乳はアレルギーを発症する子もいるので、あげる際は気をつけてください。

ミルクをあげる際はまず赤ちゃんの様子を見る

生後0ヶ月から1歳まで、赤ちゃんとしての時期はとても目まぐるしく過ぎ去っていってしまいます。しかしその中で、不安なことは色々出てくると思います。私も実際そうでした。

育児書にはこう書いてある、ネットではこう言ってる、親にはこう言われた…など色々な情報が交錯してしまい、どうすればいいのか分からなくなってしまうかもしれません。そのようになってしまった時は、まず赤ちゃんに目を向けてあげてください。ミルクの量も、飲んだら絶対に吐き戻してしまうなら多いし、短時間でまた欲しがるようなら少ない…など赤ちゃんを見れば分かることがあります。

ここで挙げた情報も、あくまでも参考にという程度で、試してみて、そして赤ちゃんの様子を見てみてください。無理に飲ませようとしたりすることはありません。飲みたい時には飲んでくれます。焦らずゆったりと構え、1年しかない赤ちゃんとの生活を楽しんでください。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ