妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

これって大丈夫なの?内診での出血とおしるしの違いとは

   

これって大丈夫なの?内診での出血とおしるしの違いとは

出産の時期が近づいてくると内診を受ける感覚も短くなっていきますが、内診をすると出血をするので不安に思う人も多いでしょう。

出産近くの出血はおしるしの可能性もあるので、内診による出血かおしるし可能性があるのか不安になってしまいます。

毎回内診の時に出血すると不安になってしまいますが、内診出血とおしるしの違いについて紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



内診の時におしるしとは違うが出血しやすい状態となっている

内診の時には膣の方さや子宮口の開き具合などをチェックしますが、この時に出血するのが内診出血です。

内診後に出血をするので不安に思う人もいますが、これは膣がそれだけデリケートになっている証拠です。

内診の時には膣の状態をチェックするのは大切なので、必ず膣を確認して腫れや傷が無いかを見ています。

その時出血を伴ってしまいますがすぐに出血は止まります。

おしるしは卵巣が子宮壁からはがれる時に起こる出血なので、出産が近くなってきた時には内診出血かおしるしか不安になります。

出産が近くなるとおしるしかもしれないと思ってしまいますが、内診後の出血と勘違いすることが多いので、あまり敏感にならないようにしましょう。

内診後は出血しやすい状態だと分かっていれば、不安にならずにリラックスすることができるはずです。

内診出血とおしるしの違いは色や量で見極めるのは困難

内診出血とおしるしの違いに関して、どちらか見極めることができれば安心することもできます。

おしるしは出産間近の状態なので、出産予定日近くになると内診出血かおしるしなのか気になります。

見極めることができれば出産のための心の準備をすることもできますが、見極めることはできるのでしょうか。

確実に内診出血とおしるしを見極めることは困難だと言ってもいいでしょう。

おしるしは粘膜に血液が混ざった状態になりやすいので、うっすらピンクの出血になることもあります。

またピンク色以外にも茶褐色や、生理の時のような鮮血が出ることもありますが、あくまでも目安だと言われています。

人によってはおしるしの時に出血がなく、透明の粘液だけだったので気づかなかったり、破水や陣痛がおしるしよりも先になることもあります。

見極めることは難しいですが、出血日してはあまりナーバスにならないようにしましょう。

内診出血とおしるしのタイミングの違い

内診出血とおしるしの違いを出血で見極めることは難しいですが、タイミングにかんしてはどうなのでしょうか。

内診出血は内診を行う時にデリケートになっている膣から出血をする状態なので、内診後に出血が出るようになります。

おしるしの出血のタイミングはいつ起こってもおかしくないので、予測不可能と言ってもいいでしょう。

出産予定日が近づくにつれていつ起こっても不思議ではないので、内心の時の出血とおしるしの違いを見極めるのは難しいでしょう。

結果としてはタイミングで見極めることは難しいですが、内診をしていない時に出血があった時にはおしるしの可能性が高くなります。

もしもおしるしがあった時にはその後に陣痛が始まるので、出血を確認したら陣痛に備えておくようにしましょう。

出血自体に不安になることもありませんが、いつでも陣痛の準備をしておくことによって、不安を解消することができるはずです。

出血が長引く時や回数が気になる時の対処法

基本的には内診出血もおしるしもすぐにおさまるのが普通なので、出血があることを知っていれば不安もありません。

しかしどちらの出血もすぐに止まるのが普通なので、長く出血が続いたりすると何か悪い兆候かもしれません。

またおしるしの時に陣痛が酷かったり血の塊が出血の中に混ざっていると、子宮でのトラブルが考えられます。

おしるしがあった後に陣痛が起きますが、通常であれば少しずつ痛みが増していくのが一般的です

しかしお腹が張った状態が続いたり、急激な痛みが続けば悪い兆候と言えるので、すぐに診察しなければなりません。

内診出血の後もすぐに出血が止まらなかったり、ヒリヒリするような違和感を感じたらすぐに診察してもらいましょう。

次の定期健診まで待ってしまうと、その間ずっと不安な状態のままでいなければいけないので、普段と違った兆候が見られたらすぐに診察することをおすすめします。

出血があるのは当たり前だが不安に思ったら医師に相談する

定期的な内診では出産予定日が近づいてくると出血を伴うことがありますが、これは異常ではないので不安に思うことはありません。

また陣痛前のおしるしでも出血によって陣痛が始まることが分かりますが、出血することで出産のための心の準備をすることができます。

出産前には出血があるのが当然なので不安に思うことはありませんが、出血が続いたり違和感を感じるようならば、すぐに担当医に相談しましょう。

自分の体だけではなく赤ちゃんに関わることなので、誰もが不安に思ってしまいます。

不安な気持ちはそのままストレスになるので、母体に悪影響を与えてしまうことになります。

少しでも悪い影響を与えないようにするには、正しい知識と適切な対処が必要不可欠です。

出産予定日が近づくにつれて不安な気持ちも大きくなっていきますが、出血に対する不安な気持ちを持たないようにして、何かったらすぐに医師に相談することで不安を取り除きましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中のお役立ち情報

ページ
上部へ