ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

発達検査とは?2歳になった子供の成長スピードをチェックしよう

2017.11.10

発達検査とは子供の成長が遅れていると感じた時に受ける検査で、成長には個人的な差がありますが、ある程度の発達の状態とチェックすることができる検査です。

2歳の時点での発達の遅れはそれほど深刻にならなくてもいいですが、症状によっては発達障害などの可能性が疑われるので、検査を勧められた時は受けた方がいいでしょう。


2歳の子供が受ける発達検査で成長スピードを確認できる

発達検査とは子供の体と心の成長のスピードを確かめるための検査で、病気をチェックするための検査ではありません。

2歳の時点で他の子供よりも発達が遅れていると感じた時に、発達検査を受けるように勧められることもあるので、検査を受けて成長スピードを確認します。

周りの子供に比べて成長が遅いと感じても、子供の成長には個人差があるので、あまり神経質にならなくてもいい場合もあります。

しかし発達障害などの症状が見られる時には、子供の成長をサポートする計画を立てながら成長を助けていかなければなりません。

一般的には幼稚園などの時点で発達の遅れがあるかもしれないと判断されたら、発達検査を受けることを勧められることが多いです。

検査に関しては市役所や子育て支援センターなどで相談を受けてくれるので、どのように対処すればいいかも相談できます。

発達検査で分かるのは2歳の時の運動機能と発達スピード

発達検査に関してはあくまでも他の子供に比べて、発達スピードが遅い場合に受ける検査なので、発達障害だと断定する検査ではありません。

2歳児で保育園から発達検査を受けることを勧められた時に、成長スピードが遅くても個人差があるので、問題ないこともあります。

発達検査は行動パターンや知能検査など、いくつかの項目に分けて検査をして総合的に判断します。

成長スピードが遅い子供の多くは運動機能が、知能指数などの遅れによって気づくことが多いので、他の子供との遊びについて行けないことも多いです。

発達検査に関しては実際には様々な検査を行って、総合的に判断します。

2歳児の行動パターンや運動機能、知能指数、言語能力など、相当的に判断をして発達の遅れがないかをチェックします。

子供によっては運動機能は抜群だが、言語能力が苦手というケースもあるので、成長スピードをそれぞれチェックすることができます。

2歳の時に発達検査を受けることでいろいろな測定ができる

2歳児の時点で発達検査を受けると、年齢に応じた成長スピードかをチェックできます。

言葉に対して反応したり感情や動作に関しても、自分で考えて行動することによって、成長の遅れがないかを確認できます。

あくまでも成長スピードは個人差があるので、検査というだけで気軽に受けてもらっても構いません。

自分の子供がもしかしたら発達障害かもしれないと感じた時は、気軽に発達検査を受けに行きましょう。

検査といっても長くて1時間程度で終わりますし、1対1の対面によって検査をします。

2歳児であれば実際の年齢に比べてどのくらいの遅れがあるかをチェックするので、不安に思ったら検査を受けてみましょう。

検査には乳幼児精神発達診断法を用いますが、種類もいくつかあるので子供支援センターなどで相談してみましょう。

費用も保険が適用されるので、安価な金額で検査が受けられるのでおすすめです。

発達検査によって発達プロフィールを作成する

2歳児の時点での発達検査を受けることによって、総合的に発達障害がないかをチェックすることができます。

あくまでも検査ですし子供の成長は著しい時期なので、急に発達することもあれば、徐々に発達障害の兆候が見えてくることもあります。

発達障害の検査から分かることは、発達プロフィールを作成し、目に見やすいグラフによって成長を確認できます。

このプロフィールの作成によるメリットは、発達障害がある子供に関しては一定のパターンが見られるので、そのパターンに当てはまるかをチェックできます。

また発達検査の種類によっては現在の発達年齢が分かるので、どのくらい成長が遅いかも分かりやすくなっています。

運動などは年齢相応でも、認知度や限度能力に関しては1歳児の診断が出るなど、分かりやすく発達の遅れを項目ごとの確認することもできるのです。

発達検査はあくまでも成長を見守る目安

発達検査では子供がどのくらい成長が遅いかをチェックすることができますが、ただ確認をするだけではありません。

2歳の子供がどのくらい発達が遅れているかが分かれば、どんなサポートが必要になるかを分かります。

具体的にこれからサポートをしていかなければなりませんが、発達検査の報告書を確認することで、これからの生活に役立てることができます。

特に日常生活で気をつけることなど、子供の成長が遅いことを理解して、その成長に合った接し方をしなければなりません。

認知能力が低い子供に対して、1度行ったことをなども言うことを聞かないこともあるので、怒ってしまうでしょう。

しかし認知力が低いため根気よく説明することが大切なので、子どもの成長に合わせてサポートしていかなければなりません。

発達検査はあくまでも成長を見守るための目安となり、これからの子供のサポートの役立つことができる検査でもあります。

 - 子育てのお悩み