妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

着床出血後、妊娠検査薬の反応は?妊娠検査薬を使うタイミング

      2017/08/07

着床出血後、妊娠検査薬の反応は?妊娠検査薬を使うタイミング

着床出血ってご存知ですか?

受精卵が子宮に着床する際に、出血が起こる事があります。一見したところ生理にも似ているのですが、いくつか違いがあるので、ある程度見分ける事は可能です。

さてこの着床出血後に妊娠検査薬はいつから使えばきちんと反応いいのか判らない方のために、妊娠検査薬の使い方やタイミングについてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



着床出血のタイミングと妊娠検査薬の反応

着床出血というのは、前述したように、精子と卵子が受精して受精卵となり、それが子宮に着床して妊娠します。

その際、全てのケースではないものの、出血を伴う事があります。

着床出血のタイミングは、排卵のタイミングから考えると判りやすいかもしれません。排卵のタイミングで精子が体内にあると妊娠する可能性が高くなります。排卵のタイミングは個人差がありますが、大体の目安は生理周期の丁度半分です。つまり28日周期の人の場合は、最終生理日開始日を1日目とすると14日目になります。

そこから受精卵が子宮に着床するまでにおおよそ一週間程度かかります。

そうすると、着床出血が見られるのは、生理予定日一週間前になります。ただし、個人差があったり、排卵のタイミングがずれたりすると、自分の考えていたタイミングとズレる事はさほど珍しくありません。

この時点で妊娠検査薬を使っても、ほとんど反応は見られないでしょう。

着床出血後どのくらいで妊娠検査薬が反応するのか?

一般的な妊娠検査薬は、生理予定日の一週間後以降に使わないと正確な結果がでないと言われています。

というのもこの妊娠検査薬は、妊娠すると分泌されるホルモンである「hCG」に反応して、妊娠の陽性結果を返す訳です。一般的な妊娠検査薬のhCGの反応下限値は50mlu/mlです。

これは妊娠してから、大体5週間目ぐらいになれば、尿中濃度は個人差があったとしても、50mlu/ml以上になりますので、そのため妊娠検査薬は生理予定日から一週間後、つまり35日目以降に検査するように説明しているのです。

さて着床出血があるのは、大体21日目ぐらいからになりますので、着床出血が見られてから、2週間は空けないと行けないという事です。

それ以前に検査をしてもいわゆる「フライング検査」となり、正しい結果は得られません。

どうしても一日も早く知りたいと言う人は「早期妊娠検査薬」を使うといいでしょう。これは生理予定日から検査出来ますので、着床出血があってから一週間目ぐらいから使えます。

着床出血の特徴と妊娠検査薬の反応のタイミング

着床出血と生理の違いは、結構明確です。

まず着床出血は生理よりもおおよそ1週間程度早く始まります。そして、大体3日程度で終わりますので、通常の生理とここも違います。

また出血も少な目です。

しかし個人差があり、仮に着床出血でも量が通常の生理と変わらなかったり、徐々に出血量が増えて至ったりすることもあります。

逆な言い方をすれば、いつもより早く始まったからといってそれが必ず着床出血とは限りません。妊娠に必ず着床出血が伴うとは限らないからです。

いつもよりも生理のタイミングが違ったり、出血の量が明らかに違う場合は、一度産婦人科への受診をオススメします。着床出血の可能性もありますが、全く違う理由で異常出血している場合もあるからです。

仮に妊娠している場合、病院で検査をしてもらった方が、妊娠検査薬の検査よりもより確実性が高い検査になります。

出血中でも妊娠検査薬の使用は可能

着床出血でも、生理でも区別できない場合、出血が終わるまで検査は出来ないかというとそうでもありません。

要はタイミングなんですね。妊娠検査薬や早期妊娠検査薬が利用可能となるのは、前者は生理予定日一週間後、後者は生理予定日になります。このタイミングであれば、出血していても尿にはhCGが含まれているので、検査は可能です。

ただし前述したように、着床出血のほとんどは生理予定日の一週間前に起こります。つまり早期妊娠検査薬は生理予定日からしか使えないので、タイミングは違っています。そのため、この時点で起こっている出血は着床出血でない可能性の方が高いのです。

普段の生理と違うタイミングや出血の量の場合は異常な出血となりますので、やはりそういう場合は妊娠検査薬を使って、どんな結果が出たとしても、一度病院への受診をオススメします。

検査薬は妊娠の有無は確認できても、異常が正常かは区別できない

妊娠検査薬はきちんとタイミングや使い方を守れば、その正確性は99%とも100%とも言われています。しかし、妊娠した事は確認できても、その妊娠が正常か異常かを確認できないのです。

着床出血は、一般的に生理予定日1週間前に起こります。通常は3日程度で終わり、出血量も微量であることが多いです。しかし、生理のサイクルというのは、ちょっとした事でずれたり狂ったりしているので、自分が把握している生理のサイクルとズレる事というのはよくあります。

着床出血があって、妊娠検査薬で陽性になったとしても、それが正常な妊娠か、異常な妊娠かは、これだけでは判りません。必ず産婦人科に受診して検査してもらう必要があります。

特に出血は、何か異常なサインであることもありますので、普段と違う出血があるようならば、注意しておきましょう。もし異常な妊娠だった場合、早めの処置が重要になる事もあります。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ