妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

赤ちゃんの散歩のメリットと毎日しなくても良い理由とは

      2017/08/01

赤ちゃんの散歩のメリットと毎日しなくても良い理由とは

赤ちゃんにとって毎日の散歩は免疫力を高めたりコミュニケーション力を高めるために、必要なことだと思っている人も多いでしょう。

確かに毎日赤ちゃんを連れて散歩することはメリットは多いですが、実際に毎日散歩に連れて行かなくても効果はあります。

そこで赤ちゃんを散歩に連れて行くメリットと、毎日は散歩しなくていい理由について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

内診後に出血!?こんな時はお風呂に入っていいものなのか

妊婦健診で必ず行われる内診は、恥ずかしいだけでなく、実際に痛...

内診による出血?それとも異常出血?血の塊が出た時は要注意!

妊娠した女性にとって、定期検診とその際に行われる内診は、どう...

13週のエコー、4Dなら赤ちゃんの性別や顔、異常はわかるか

通常、妊娠12〜13週以降になると、それまでの妊娠検査で行わ...

シングルマザーで子供3人は生活が大変?家計の解決法教えます!

離婚によりシングルマザーとして子供3人と再出発、頑張ろうと思...

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

スポンサーリンク



赤ちゃんの散歩は毎日することで生活リズムがつきやすい

赤ちゃんを毎日散歩させた方がいいという理由のひとつに、毎日の散歩によって生活リズムがつきやすいというメリットがあります。

赤ちゃんは日中に良く動くことによって、夜泣きが少なくなるなど生活リズムを良くする効果が期待できます。

そのため赤ちゃんを散歩に連れて行くことによって、赤ちゃんが運動することによって、夜はぐっすりと寝られるので育児も楽になります。

生後間もない頃は夜泣きに起こされることも多く、ミルクの時間などきっちりとしなければなりません。

だんだんと成長するにつれてミルクから離乳食に変わってくると、夜泣きをする回数も減ってきます。

これはあくまでも日中に活発に動くことによって、体が疲れているからたくさん眠ろうとしているのです。

日中に散歩に連れて行けば動くことも多くなるので、生活リズムがつきやすくなるので、母親だけでなく赤ちゃんにとっても良いことです。

赤ちゃんを連れて毎日散歩をすればコミュニケーションができる

赤ちゃんにとってママとの散歩はコミュニケーションを取りやすいので、たくさんかまってもらうことができます。

毎日散歩に行くことでだんだんと外に出る回数も増えていくので、体力も付いてきます。

外に出れば自然と体力がつきますし、日差しを浴びることによって健康的にもなれます。

成長著しい幼少期にはできるだけ運動をさせた方がいいので、赤ちゃんの頃から外に出してたくさん遊ばせた方がいいでしょう。

しかも赤ちゃんの頃はお母さんがつきっきりになるので、コミュニケーションを取りやすくなります。

コミュニケーションがたくさん取れるようになれば、他の子どもとのコミュニケーションも取りやすくなるので、元気に遊ばせる準備もできるでしょう。

毎日外に出て散歩することが日課になれば、外に出ることが当たり前だと感じるようになるので、元気に運動する子供に育ってくれるはずです。

毎日散歩しなくても赤ちゃんは室内でも遊べることはたくさんある

毎日散歩させることのメリットは赤ちゃんに体力をつけやすいので、元気に育てることができます。

確かに外の散歩に連れて行けばいろいろな細菌などにも触れるので、耐性がつくので元気に育ちやすくなるメリットもあります。

しかし毎日散歩に連れて行かなくても、しっかりと耐性をつけたり体力をつけさせることはできます。

毎日散歩に行かなければいけないという思いが強くなると、母親の方が気持ち的に大変に思ってしまいます。

また赤ちゃんがまだ動き回れるくらいになった頃までなら、室内でも十分運動をさせることはできます。

わざわざ外に散歩に行かせなくても体力をつけさせることは室内でも十分できるので、毎日散歩に連れて行く必要はありません。

もちろん母親とのコミュニケーションは大切ですし、しっかりと体を動かすように遊ばせることが大切なので、いろいろ工夫をして室内で遊ばせてみましょう。

散歩はあくまでも行ける時に行くスタンスでいる方が楽

赤ちゃんを散歩に連れて行くことのメリットはたくさんありますが、毎日連れて行くことによるデメリットがあることも意識しましょう。

毎日散歩に連れて行くという気持ちが強くなると、散歩に行かせなければいけないという強迫観念に陥ってしまいます。

あくまでも赤ちゃんの散歩は外に行く予定があるついでに行くというスタンスでいれば、散歩に連れて行くことも苦ではなくなります。

買い物に行くついでに散歩をすると決めておけば、買い物と一緒に子供を散歩させることができます。

何も予定がないのに散歩に行かせなければいけないと思うと、わざわざ外に行くことが面倒に思ってしまいます。

散歩に連れて行くだけでも準備は大変なので、外に行くついでに散歩をするというスタンスにしましょう。

毎日散歩に行かなければいけないという気持ちになると、母親の方が参ってしまうので、気楽に散歩に行けるように気持ちを切り替えることが大切です。

赤ちゃん散歩を義務化してしまうと育児が大変になる

育児をすることはとても大変なことなので、できるだけ楽な気持ちで育児に取り組めるとストレスを軽減できるかもしれません。

そのひとつに毎日赤ちゃんを散歩に連れて行くと決めてしまうと、義務化されてしまうことで大きなストレスとなってしまいます。

確かに赤ちゃんを毎日散歩に連れて行くことは生活リズムもつきやすいですし、耐性もつくので体力をつけやすくできます。

夜もぐっすりと眠ってくれるので、赤ちゃんにとっては良いことが多いので、どうしても毎日やろうとしてしまいます。

しかし赤ちゃんにとって良いことでも母親がストレスを感じてしまうと、赤ちゃんに対してのコミュニケーションに不安が出てしまいます。

赤ちゃんにはたっぷり愛情を注ぎたいので、ストレスを少なくすることも母親にとっては大切なことです。

毎日の散歩を義務化するのではなく、ついでに散歩に行くスタンスに変えるだけでもストレスを軽減できるでしょう。

ストレスの多い育児だからこそ、いろいろと工夫をして赤ちゃんが元気に育ってくれることを願っています。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82