妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

赤ちゃんの散歩のメリットと毎日しなくても良い理由とは

      2017/08/01

赤ちゃんの散歩のメリットと毎日しなくても良い理由とは

赤ちゃんにとって毎日の散歩は免疫力を高めたりコミュニケーション力を高めるために、必要なことだと思っている人も多いでしょう。

確かに毎日赤ちゃんを連れて散歩することはメリットは多いですが、実際に毎日散歩に連れて行かなくても効果はあります。

そこで赤ちゃんを散歩に連れて行くメリットと、毎日は散歩しなくていい理由について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



赤ちゃんの散歩は毎日することで生活リズムがつきやすい

赤ちゃんを毎日散歩させた方がいいという理由のひとつに、毎日の散歩によって生活リズムがつきやすいというメリットがあります。

赤ちゃんは日中に良く動くことによって、夜泣きが少なくなるなど生活リズムを良くする効果が期待できます。

そのため赤ちゃんを散歩に連れて行くことによって、赤ちゃんが運動することによって、夜はぐっすりと寝られるので育児も楽になります。

生後間もない頃は夜泣きに起こされることも多く、ミルクの時間などきっちりとしなければなりません。

だんだんと成長するにつれてミルクから離乳食に変わってくると、夜泣きをする回数も減ってきます。

これはあくまでも日中に活発に動くことによって、体が疲れているからたくさん眠ろうとしているのです。

日中に散歩に連れて行けば動くことも多くなるので、生活リズムがつきやすくなるので、母親だけでなく赤ちゃんにとっても良いことです。

赤ちゃんを連れて毎日散歩をすればコミュニケーションができる

赤ちゃんにとってママとの散歩はコミュニケーションを取りやすいので、たくさんかまってもらうことができます。

毎日散歩に行くことでだんだんと外に出る回数も増えていくので、体力も付いてきます。

外に出れば自然と体力がつきますし、日差しを浴びることによって健康的にもなれます。

成長著しい幼少期にはできるだけ運動をさせた方がいいので、赤ちゃんの頃から外に出してたくさん遊ばせた方がいいでしょう。

しかも赤ちゃんの頃はお母さんがつきっきりになるので、コミュニケーションを取りやすくなります。

コミュニケーションがたくさん取れるようになれば、他の子どもとのコミュニケーションも取りやすくなるので、元気に遊ばせる準備もできるでしょう。

毎日外に出て散歩することが日課になれば、外に出ることが当たり前だと感じるようになるので、元気に運動する子供に育ってくれるはずです。

毎日散歩しなくても赤ちゃんは室内でも遊べることはたくさんある

毎日散歩させることのメリットは赤ちゃんに体力をつけやすいので、元気に育てることができます。

確かに外の散歩に連れて行けばいろいろな細菌などにも触れるので、耐性がつくので元気に育ちやすくなるメリットもあります。

しかし毎日散歩に連れて行かなくても、しっかりと耐性をつけたり体力をつけさせることはできます。

毎日散歩に行かなければいけないという思いが強くなると、母親の方が気持ち的に大変に思ってしまいます。

また赤ちゃんがまだ動き回れるくらいになった頃までなら、室内でも十分運動をさせることはできます。

わざわざ外に散歩に行かせなくても体力をつけさせることは室内でも十分できるので、毎日散歩に連れて行く必要はありません。

もちろん母親とのコミュニケーションは大切ですし、しっかりと体を動かすように遊ばせることが大切なので、いろいろ工夫をして室内で遊ばせてみましょう。

散歩はあくまでも行ける時に行くスタンスでいる方が楽

赤ちゃんを散歩に連れて行くことのメリットはたくさんありますが、毎日連れて行くことによるデメリットがあることも意識しましょう。

毎日散歩に連れて行くという気持ちが強くなると、散歩に行かせなければいけないという強迫観念に陥ってしまいます。

あくまでも赤ちゃんの散歩は外に行く予定があるついでに行くというスタンスでいれば、散歩に連れて行くことも苦ではなくなります。

買い物に行くついでに散歩をすると決めておけば、買い物と一緒に子供を散歩させることができます。

何も予定がないのに散歩に行かせなければいけないと思うと、わざわざ外に行くことが面倒に思ってしまいます。

散歩に連れて行くだけでも準備は大変なので、外に行くついでに散歩をするというスタンスにしましょう。

毎日散歩に行かなければいけないという気持ちになると、母親の方が参ってしまうので、気楽に散歩に行けるように気持ちを切り替えることが大切です。

赤ちゃん散歩を義務化してしまうと育児が大変になる

育児をすることはとても大変なことなので、できるだけ楽な気持ちで育児に取り組めるとストレスを軽減できるかもしれません。

そのひとつに毎日赤ちゃんを散歩に連れて行くと決めてしまうと、義務化されてしまうことで大きなストレスとなってしまいます。

確かに赤ちゃんを毎日散歩に連れて行くことは生活リズムもつきやすいですし、耐性もつくので体力をつけやすくできます。

夜もぐっすりと眠ってくれるので、赤ちゃんにとっては良いことが多いので、どうしても毎日やろうとしてしまいます。

しかし赤ちゃんにとって良いことでも母親がストレスを感じてしまうと、赤ちゃんに対してのコミュニケーションに不安が出てしまいます。

赤ちゃんにはたっぷり愛情を注ぎたいので、ストレスを少なくすることも母親にとっては大切なことです。

毎日の散歩を義務化するのではなく、ついでに散歩に行くスタンスに変えるだけでもストレスを軽減できるでしょう。

ストレスの多い育児だからこそ、いろいろと工夫をして赤ちゃんが元気に育ってくれることを願っています。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ