妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

緊急入院!安定期に旅行へ行った翌日に違和感を感じて病院へ行くと

   

緊急入院!安定期に旅行へ行った翌日に違和感を感じて病院へ行くと


27歳/主婦

長男を妊娠した時なのですが、ちょうど安定期に入り、妊娠6か月になったところに主人と二人で京都に桜をみに出掛けました。

毎年、恒例行事のように見に行っていて、今年でしばらく最後になるだろうということで行きました。もちろん人がとても多くて、移動に使っている市バスには立って乗るしかなくて妊娠中の私には少しきつかったです(笑)

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


安定期に京都の定番スポットを回り

行った場所も伏見稲荷、三十三間堂、二条城、清水寺、金閣寺と定番スポットに朝から夜の遅い時間までいました。

もちろん写真を撮ったりお店に入ってご飯食べたりといろんなことをしていました。

帰りは人が多すぎて市バスに乗ることが出来ず、5台ぐらい見送ると後ろからタクシーが来たのでカップルとタクシーを相乗りして京都駅まで行きました。

次の日、起きてから掃除をしたりして過ごしていました。いつものようにしていたのですが、昼ごろからお腹の張りが多くなり処方されていたウテメリンを飲んだのですが全く効果なく不安になって病院に電話しました。

そしたらすぐに病院に来るようい言われて、仕事をしている主人に連絡をしてから病院に向かいました。

診察してもらった結果は切迫早産だった

病院で主人と病院待ち合わせをして一緒に産婦人科に行きました。産婦人科につくと看護士さん、助産師さんと一緒に診察室に入り、お腹の張り子宮の収縮を調べる機械で計測すると陣痛が始まりだしている、切迫早産になっているといわれました。

歩いてはいけないといわれて車いすに座らされてそのまま点滴による子宮の収縮を抑える薬を投与されて、病棟に案内されました。

切迫早産なので、いつ退院できるのかわからないという話になってしまい1週間は病室のトイレまでしか歩けず、お風呂に入りたくてもシャワー室が遠いので入ることが出来ませんでした。

点滴の副作用もきつくて、入院当日の時は真夜中に寝ていたら急に胸が苦しくなったので、ナースコールをしました。すると副作用だからといわれて、どうすることもできないみたいでした。

ひたすら胸の痛みが治まるのを待っていました。そしたら朝になっていました。点滴を付けている1週間の間は毎晩副作用に悩まされていました。

点滴が終わってもお腹の張りを計測する位機械で調べると多くて1時間に5回ぐらい張るときがありだらだらと病院で入院していました。

暇なので幼稚園の先生である義妹の手伝い

特に何もやることがなくて折り紙をもらって多面体を作ったり、主人の妹さんが幼稚園の先生でしたので、幼稚園で使うものの準備を手伝ったりしていました。

気づいたら病院に3か月半ほど入院していて、毎月高額医療の申請で病院代に8万円かかっていました。主人には頭が上がりません。

結局出産2週間前まで入院していて、2週間後羊水の量が少なくなってきているということで、予定日より2週間早く長男を出産しました。

長男は元気に生まれてくれてすくすくと大きくなってくれています。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ