妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

苦しみの2ヶ月間!切迫早産で入院して毎日点滴をした結果

   

苦しみの2ヶ月間!切迫早産で入院して毎日点滴をした結果


22歳/パート

妊娠が発覚して、すぐに家事も出来ない程に悪阻がひどく、勤めていた職場に相談したところ正社員なのに、産休、育休を断られてしまい退職をせざるをおえなくなりました。

退職してから安定期(悪阻が治まるまで)は、家でおとなしくしていたのですが悪阻が治まると、家でぼーっとしている事にも飽きてきてパートに出ることにしました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


パート勤務の帰り道で腹痛に襲われ

家計のために、往復30分の道のりを歩いていくことにしたのですがパート勤務をしだして2ヶ月目(妊娠7ヶ月後半)帰り道歩いていると、何とも言えない腹痛に襲われ座り込んでしまいました。

(張り切って歩きすぎたのかな…ちょっとはっちゃったかな…>)と思いつつ様子を見てみたものの、痛みは増すばかり。なんとか、実家の母に電話して助けに来てもらいました。

何とも言えない痛みに耐え切れず、産婦人科で救急で見てもらうことになりました。内診や、エコー、NSTなどの検査をしてもらうと8ヶ月を待たずして陣痛が始まっているとのことでした。

すぐさま、陣痛を止めるウテメリンを注射してもらいそのまま出産になっても対応できる大きな病院へ救急搬送されました。

切迫早産と診断されて緊急入院

その病院でも内診をしてもらうと子宮口は2cmまで開いていましたがでも、だいぶ腹痛もおさまり陣痛も遠のいていきました。「切迫早産」と診断された私はそのまま緊急入院となりました。

そこからの2ヶ月間はほんとに辛かったです。病気をしたわけでもないのに、総合病院の残念な病院食。(毎日、母がマッ○や、お寿司を差し入れしてくれました笑)

囚人かのように、5:30には起こされ、6:30にはご飯。家族だろうが、旦那だろうが関係なく20:00には面会終了。と、いったような時間に管理された毎日。

もちろん個人の産婦人科のように泊まるなんて出来ません。(ちなみに、子どもが産まれてからも禁止でした。)

最も最悪なのは毎日24時間流れ続ける、点滴のウテメリン。(まさに天敵…)

毎日針を差し替えた腕は注射器の跡だらけ

これが、強い薬なんだそうですがすぐに血管を壊してしまうのか、私は同じ血管を2日以上は使えなかったので毎日針の差し替えをした結果、腕が注射器の跡だらけでした。

寝ているときも繋がれたままなので、安易に寝返りを打つと点滴ポンプから警報が鳴る始末でした。ほんとに睡眠不足になりそうでした。

そんなこんなで結局出産は予定日を2週間超えてしまい陣痛促進剤出産になりました。笑

私が苦しんだ2ヶ月の苦労は何処へいってしまったのでしょうか。笑

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ