ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

卵巣出血によって起こる痛みのメカニズムや原因を解説!

2017.10.26

卵巣出血という症状はご存じですか?文字通り、卵巣からの出血があることを指しています。

生理でも排卵でも無いはずなのに、下腹部が突然痛くなったらとても不安になりますよね。ただの腹痛での痛みなのか、それとも子宮や卵巣が悪いのか…と考える方も多くいらっしゃるでしょう。

ここでは、急な腹痛の原因として考えられる『卵巣出血』についてお話したいと思います。

卵巣出血とはどんな症状なの?痛みが伴うメカニズム

まず「卵巣出血」とはどのようなものなのでしょうか。

「卵巣出血」とは、排卵することでできた卵巣の傷から出血が起こることを指します。排卵が毎月ある健康体の女性は、毎月卵巣に傷ができることになります。

通常は出血も少なく痛みを感じることはほとんどありません。しかし、何らかの理由で出血が多くなってしまい、腹腔と言われるお腹の中に血が溜まってしまうことがあります。

大量に出血し、血が溜まることによって急激な腹痛を引き起こしてしまいます。

「卵巣出血」は、排卵が起こる状態の女性であるならば、誰にでも起こりうる症状と言えるでしょう。

また「卵巣出血」による症状は腹痛の他に吐き気や嘔吐、貧血や低血圧になるなどという症状も見られます。

少量の出血であれば、ほとんど問題はありませんが、出血の程度によっては重症化し手術などが必要になる場合もあります。

卵巣出血が起こる原因はこれ!どの原因でも痛みはある!

「卵巣出血」が起こる原因は、大きく3つに分けることができます。

・特発性卵巣出血

この特発性卵巣出血が3つの中で一番よく見られるタイプと言えます。

特発性出血というのは、排卵の時などに起こる生理出血が重症化したものと考えることができます。つまり、通常の生理に何らかの要因が重なったものと言えます。

・内因性

内因性出血は、元から何らかの出血しやすい原因を持っている場合の出血のことです。血液を固まりにくくする薬を飲んでいたり、血液がかたまりにくい病気を持っている方などが当てはまります。

または、子宮外妊娠や子宮頸がんなどの突然腹部にひどい痛みを感じる病気が原因となる出血も内因性出血に含まれます。

・外因性

外因性出血とは、外側からの刺激により出血することを指します。

卵巣手術の傷や体外受精のための採卵、性行為などがこの外因性の原因に含まれます。

卵巣出血の時の痛みはどの程度なのか

「卵巣出血」の痛みは出血の量や人によってそれぞれです。出血が多いと、救急車を呼ぶほどの痛さを感じる場合もあります。

「卵巣出血」を経験した方は、肛門からナイフを刺されたかのような痛みがあった、という方も多く見受けられます。

お腹の中に溜まってしまった血液は、少しずつ体内に吸収されていくので、時間が経つにつれて痛みがおさまっていくことがほとんどです。

痛みと吐き気とが同時に来ることが多く、内科を受診する方も多いようですが、婦人科を受診した方が「卵巣出血」は見つかりやすいようです。

なかなか痛みがおさまらない時は、ほかの病気の可能性も出てくるので、すぐに病院を受診するのが良いでしょう。

完全に痛みが無くなるまでは何日間か、かかってしまうことが多いようです。出来ることなら、安静にして1日ほど過ごすのが良いでしょう。

卵巣出血にならないためにはどうすれば良いのか

卵巣出血は出血の程度により手術が必要になる場合があります。出血が少ない場合は、点滴をしたり、安静にすることで治ることがほとんどです。

しかし、出血が多い場合は開腹手術や腹腔鏡手術で止血をすることになります。

卵巣出血にならないためにはどのようなことが出来るのでしょうか。

卵巣出血は生理のメカニズムで起こることもある症状で、排卵がある女性なら誰でもなりうる症状となっています。ですから予防がとても難しい症状と言えます。

そして一度卵巣出血を起こすと、繰り返し出血が起きてしまうという方もいるようです。頻繁に繰り返される場合はピルを飲み、排卵を抑え、バランスを整えることで予防する場合もあるようです。

予防することが難しい症状と言えますので、我慢できないほどの下腹部痛があった時には、病院を受診するようにしましょう。

ひどい痛みの下腹部が起きた時はまず病院へ!!

卵巣出血自体は排卵があれば起こりうる症状ですので、珍しい症状という訳ではありません。

しかし、ひどい痛みの下腹部が起きた場合、卵巣出血だけではなく子宮外妊娠、腹膜炎、虫垂炎など考えられる病気は他にもたくさんあります。

卵巣出血の場合でも放っておくと他の病気に繋がったり、出血が多くショック状態に陥ってしまうという場合もあります。

命に関わる危険性もありますので、下腹部痛がひどい、急にひどい下腹部痛に襲われたという時は、婦人科や内科を受診するようにしましょう。

卵巣出血と妊娠との関係ですが、卵巣出血という診断が出されたから、妊娠や出産ができなくなると不安になる方もいらっしゃると思います。しかし、卵巣出血によって妊娠や出産が出来なくなるということはほとんどありません。

また、性行為が原因で卵巣出血を起こした場合でも、妊娠していることもあります。

妊娠している場合、卵巣出血があったとしても卵巣出血による影響は胎児には何もないと言えますので安心してください。

 - 産婦人科のお話し