妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

つかまり立ちをするようになった!転倒への時の対策方法

      2017/09/08

つかまり立ちをするようになった!転倒への時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになったあてゃ、転倒して転んだと気に気をつけるように見守ることが大切です。

つかまり立ちに慣れていなければ何度も転んでしまいますが、転倒した時に頭を打たないように対策しないと、トラブルになる可能性もあります。

そこでつかまり立ちをした時に転倒した時の対応について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



つかまり立ちからの転倒の対策としては床に衝撃吸収マットを敷く

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになった時に、転んで転倒して頭を強く打ちつけないか心配になります。

つかまり立ちから転倒することによって、だんだんと立ち上がるようになれます。

転倒防止の対策をしようと思っても、転ばないようにすることはできないので、転んだ時の衝撃を和らげる小さくをすることが大切です。

家の床がフローリングの場合は、転んだ時に頭をぶつけるとかなりの衝撃となります。

ハイハイをしている時にも転ぶことも多いですが、頭の位置が高くなった分だけ衝撃も強くなります。

また頭だけでなく体も床に転んだ時に痛いので、転んでも痛くないように床を柔らかい素材にしましょう。

衝撃吸収用のパネル式の床材や、パズルに様に組み立てていく床パネルもあります。

種類も豊富ですき安価な値段なので、赤ちゃんがつかまり立ちをするようになれば、マットを敷いて対策しましょう。

つかまり立ちの転倒対策としては取っ手のある扉を閉めておく

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになったら、取っ手のある扉は全部開かないように対策をしましょう。

何でもつかまって立とうとするので、取っ手を掴んだ時に扉が開いてしまい、ふいに転倒してしまう恐れもあります。

また取っ手をそのまま強く握ったまま転倒すると、上にある物が落ちてきたり、取っ手に頭をぶつけてしまうかもしれません。

赤ちゃんがつかまりそうな位置にある取っ手に関しては、開かないように対策しないと、思わぬ事故に発展する可能性もあります。

自分でつかまれると思って全体重を乗せた時に、扉が開いてしまうと普段以上に変な態勢で転倒してしまいます。

赤ちゃんが小さい時にはちょっとしたトラブルが大きな事故になるので、トラブルになるようなものがあれば気をつけることが大切です。

取っ手は特につかまるには絶好の場所なので、開いて事故にならないようにしっかりと閉めておくように対策しましょう。

転倒対策として、つかまり立ちできる場所の角には衝撃吸収材を使う

つかまり立ちをして立ち上がった時に、いつどうやって転倒するか分かりません。

だんだんとつかまり立ちによって転倒しなくなると、少し歩けるようになって移動距離も長くなります。

歩いている間もいつ転倒するか分からないので、常に周りには転倒しても大丈夫なように対策しておく必要があります。

特に気をつけるべきことは、物の角に頭をぶつけてしまうことです。

床に頭をぶつけるよりも、角に頭をぶつけた方が衝撃も大きいですし、怪我をする可能性も高くなります。

物があれば必ず角があるので、赤ちゃんの身近にある物には角にぶつけても痛くないように、衝撃吸収材をつけておくと良いでしょう。

倒れて角にぶつけてしまっても、衝撃を吸収してくれることで痛みを軽減してくれます。

大人でも角にぶつけてしまうと痛いので、赤ちゃんは不意に転倒した時に角にぶつけても怪我をしないように、対策しておくことをおすすめします。

滑りやすい場所がないかチェックしておく

つかまり立ちをした時に徐々に立てるようになると、転倒する回数も減ってくるものです。

しかしそれまでにはたくさん転倒しますが、床が滑りやすかったり靴下によって滑りやすいと、足を滑らせた時に顔からぶつけてしまう可能性が高くなります。

転倒対策としても滑りやすい場所がないかチェックすることが大切ですし、滑らないように衣服にも気をつけましょう。

靴下が滑りやすかったり、洋服が大きくて踏みつけてしまうことで転倒することもあります。

また床が濡れていると滑りやすくなることもあるので、水気がないか気を配ることも大切です。

特に湿気によって滑りやすくなることもあるので、普段から赤ちゃんの身の回りには気を配ることが必要になります。

滑りやすいと全体重を乗せたまま前のめりに転ぶか、そのまま後ろに転倒しやすくなるので、頭をぶつけやすくなるので注意しましょう。

硬い物が近くにないか赤ちゃん目線でチェックする

赤ちゃんがつかまり立ちをし始めたら、赤ちゃん目線で硬い物が近くにないかチェックすることも大切なことです。

大人目線と赤ちゃん目線では違うので、思わぬ見落としをしてしまうこともあります。

良く赤ちゃんは物を口に入れてしまうこともありますが、目線を下げてみることで物が落ちていないかチェックすることができます。

同じように普段は生活していても気にならない物でも、赤ちゃんの立場になって考えると、危険な物はたくさんあります。

転倒して怪我をしないように対策するには、赤ちゃんの目線で倒れた時のことを考えてみると良いでしょう。

低い位置にある家具があれば、普段は気にありませんが赤ちゃんがつかまり立ちをしたり転倒した時のことを考えれば、危ないかもしれないと予測することはできます。

つかまり立ちから転倒することは赤ちゃんの成長に大切なことですが、怪我をしないように対策することは大切なので、怪我をしないで元気に育つことを願っています。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ