妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

夏休みで子供が家にいてイライラが止まらない!イライラ解消術

   

夏休みで子供が家にいてイライラが止まらない!イライラ解消術

夏休みになれば、子供がずっと家にいて、お母さんは子供の世話に追われてイライラ、そんなお母さんの気分に子供もイライラ。お互いにイライラした生活になってしまってはつまらないですよね。

さて、どうやればイライラせずに夏休みに子供と過ごせるか?夏休みに家族でのいい思い出を作れるか?そのイライラ解消術についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


夏休みに子供いてイライラするのは、時間が取られるため

自分一人であれば、簡単な食事も、家の片づけも子供が家にいるというだけで、その倍かかりますよね。その結果お母さんたちは、その日やりたい事もできず、自分の時間も取れ

お母さんとしても、やはり自分の時間が必要なんです。ここで自分をリフレッシュする事で、また毎日に備える事が出来ます。

しかし、子供が家に居て、手伝わない所が、余計な手間を増やすとなると「あれしなさい」「これしなさい」「ゲームばかりしないで、外で遊びなさい」「いい加減寝なさい」と怒りたくなるものです。

それは仕方のない事。子供がいう通りに動けばもっと早くこれが終わるのにと思うと、ついついイライラするのです。

でもそれは子供が全て悪いのでしょうか?

確かに子供が原因ですが、きっとそれだけではありません。あなたの心の余裕のなさがそのまま表れてイライラするのです。

イライラせずに、夏休みに子供と楽しむには?

夏休みは夏休みのタイムスケジュールで動きましょう。今まで通りにしようとするからイライラするのです。どうやっても、今まで通りには行かないならば、割り切ってしまいましょう。

そして子供と夏休みを楽しみのです。子供たちと夏休みにやりたい事をまずリスト化します。これが実現可能か不可能かは関係ありません。とにかく希望通り書き出していきます。

次に子供や自分がどうしてもやらなきゃいけない事を書き出します。二つのリストが出来たら、カレンダーを見ながら、やりたい事とやらなきゃいけない事をそれぞれ予定として入れておきます。

もちろん決められない予定というのもあると思います。そういうのは保留でいいのです。徐々に埋めていけばいいのですから。

そういう風にお互いに予定を立てていきましょう。そしてこの予定は絶対ではありません。予定に縛られてイライラしては本末転倒ですよ。

夏休みに子供にイライラするのは宿題の所為?

宿題って楽しくないですよね。楽しくない事は後回しにしたいと思うのが人間です。そしてそれは子供も同じ。子供だって楽しい事だけしたくて、楽しくない事はしたくないのです。

しかし楽しくない事を避けていては、しょうがないですよね。しかし、ただ「やりなさい」と言っても、聞く訳はないのです。

そこで前述したカレンダーのスケージュールが重要なのです。そこにはやりたい事の他にも「やらなければいけない事」が書いてありますよね。そのスケージュールを守る事が重要ではありません。それよりも、これを終わらすのにどのくらい必要なのかという感覚が大切なのです。つまりやるべき事をやらずに、夏休みが終わりに近づけば、自分の出来る量と残った日数でどうなるかという事を実感させる事が重要です。

そして、「ここまでにやらなければ、宿題は終わらない」と判れば、余程先生に怒られるのが怖くなければ、自分で始めるようになるでしょう。

子供もto doリストを作ってみよう

To doリストはよくビジネスの場面でよく使われますが、実生活にも非常に役立つモノです。

何故なら、自分がやるべき全体像を目に見える形にしていますので、非常に優先順位もつきやすいのです。

ただこれを1日単位で作るとちょっと大変です。だいたい1週間ぐらいでのto doリストを作ってみましょう。そこには前述したやるべき事とやりたい事リスト、それからスケージュールを記載させたカレンダーが役に立ちます。

ただこれは親が先導でやってしまってはダメです。それは単に口で言うかそうでないかの差になってしまいます。

あくまで子供が自分のペースでやる事が大切です。そして、完了したら赤いペンでそのto doを消します。この事により達成感も味わえます。

子供が週一回作るto doリストを確認しながら、お母さんはアドバイスをしてあげましょう。ダメ出しはダメですよ。

子供もペースが出来れば、お母さんもペースが出来る

夏休みになるとお母さんはいつもの毎日のペースが狂い、そのせいで自分がリフレッシュする時間もないため、やたらイライラします。夏休みが終わってホッとするお母さんも多いでしょう。

イライラの解消のために、自分のペースを守ろう、子供にもペースを守らせようとするのではなく、子供と夏休み仕様のペースを作っていきましょう。

そのために、家族で夏休みにやるべき事とやりたい事をリストアップして、そのうち実現できそうなものだけ、カレンダーにスケジュールを書き込んでいきます。それと合わせて、子供には1週間単位ぐらいのto doリストを作るようにさせましょう。

自分でやるべき事を視覚化して、終わった事には線を引く、たったこれだけでも達成感が味わえるともに自主性が身に付きます。夏休みの宿題も自分のペースで終わらすことができれば、お母さんもイライラせずに済みます。子供が自分のペースを持つ事が出来れば、お母さんもそのペースに合わせて、自分の生活を組み立てていきましょう。そうする事で自分のペースが出来て、自分の時間も取れるようになります。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ