妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

意外と楽だった!私が出産を楽に感じられた理由

   

意外と楽だった!私が出産を楽に感じられた理由


38歳/主婦

初めての妊娠は結婚して1年目でした。新しい命を授かったということにとても感動しましたが、自分が高齢出産になるという自覚があったので冷静になると大きな不安に襲われながら過ごしていました。

残念ながらその妊娠は継続する事が出来ずに終わったのですがそれから1年後、再びおなかに子供を宿す事が出来ました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

息子の彼女がブサイクな時の心理と付き合い方

自分の息子が彼女を連れてきた時は、どんな相手かドキドキするも...

妊娠検査薬チェックワンは蒸発線がでない高性能商品!

「チェックワン」は医薬品製造(株)アラクスの妊娠検査薬です。...

専業主婦で子供あり貯金なし。この状況で離婚する方へのアドバイス

夫との夫婦生活を流付けていくのに限界を感じてしまった。離婚を...

育児にイライラして怒鳴ってしまう!気持ちを落ち着かせる方法

育児をするのは大変なことですが、ついイライラして怒鳴ってしま...

妊娠検査薬が陰性でも吐き気や生理がくることがある!

妊娠したかなと思ったとき、市販の妊娠検査薬で試される方は多い...

妊娠中はイライラする!旦那に当たる妻の理由と対処法

妻が妊娠中だとイライラして旦那に当たることは多いですが、女性...

産後に体重増加をする理由とむくみの改善方法をご紹介

産後はホルモンバランスが崩れている状態なので、体にも大きな変...

手が震える子供が心配。その原因や改善法!

ふと見ると、子供の手が震えている時がある。 常にと言う...

親が子供を施設に預けてしまう理由は、こんなものだった!

母親であれば、自分がつわりや陣痛などの様々な妊婦生活の苦しみ...

自閉症の子供が小学生になる時は私立に入れた方がいい理由

自閉症の子供を育てている親にとって、小学校に入学させる時には...

子供が出来ると性格が変わる…? 夫婦が親になるということ

子供が出来てから、妻が変わってしまった。 子供が出来て...

新生児のお腹がギュルギュルする理由と原因

新生児の赤ちゃんはミルクを飲んだ後にお腹がギュルギュルするこ...

これって大丈夫なの?内診での出血とおしるしの違いとは

出産の時期が近づいてくると内診を受ける感覚も短くなっていきま...

生後2ヶ月の体重が増えすぎた時の原因と対策

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重は、平均すると4000グラムから7...

1歳3ヶ月で体重が増えすぎた時に知っておきたいこと

赤ちゃんが1歳3ヶ月になると常に目を離せない状態となるので、...

息子を可愛いと思えない?高校生の息子を愛するための考え方

息子のことを可愛いと思う時期は子供が小さい時だけではなく、高...

息子の彼女を可愛いと思える?時には大人げなくなる複雑な親心

愛する息子が成長し、いつの日かお嫁さんをもらうことになります...

施設に子供を預ける理由は?お金と幸せの両方を得るための考え方

子供を育てるにはいろいろと大変な苦労がありますが、何らかの事...

スポンサーリンク


つわりのせいでお好み焼きの匂いが辛かった

妊娠2ヶ月のはじめ頃。なんともいえない気持ちの悪さと口の中の不快感に襲われて、背中はぞくぞくするし熱っぽいし自分の体がどうなってしまったのかと思いましたが、それが所謂「つわり」の始まりでした。

妊娠初期のつわりの間、あまり外出したくはなかったのですがふさぎこんで家の中にじっとしているわけにもいきません。

つわりがピークにしんどかった妊娠3ヶ月の頃。義母の誕生日プレゼントを買いに近くのデパートへ出かけました。

入り口を入ってすぐお好み焼きの屋台が見えました。

正しくは、見えたと言うより匂いではっきりと分かった感じです。普段ならお昼時に漂ってくるお好み焼きの匂いに『美味しそう』と素直に思えるのですがつわりはピークで1歩進むのも辛い時期だったので正直辛かったです。

漂ってくるお好み焼きの匂いに耐えつつ義母のプレゼントを選びました。選んだ時間はとても早くて20分ほどだったのですが、その後の昼食がまた辛かった・・・。

誕生日パーティーは地獄でしかなかった

義両親と同居しているのですが、家族の誕生日は基本的に家族みんなで祝います。もちろん食卓も一緒に囲むのですが、空気を吸うのもつらかったので家族団らんの誕生日パーティー苦痛でしかありませんでした。

けれど、それは仕方のないことですよね。嫁としては「気分が悪いので先に部屋に帰ります」とも言えず「おめでとうございます」「美味しいですね」とか何とか言いつつ時間が過ぎるのをじっと待っていました。

妊娠中にとてもうれしかったこと

妊娠中、とてもうれしかったことの1つに「胎動」があります。

胎動を感じる頃にはつわりも少し楽になり、日中横になっている時間も減ってきました。

おなかの内側から皮膚が持ち上げられるあの感じはもしかしたらもう2度と体験できないかもしれませんが、おなかの赤ちゃんと一体になっている実感が湧いてきて、いつまでも感じていたい感覚でした。

また、妊娠中は夢なのか妄想なのか分からないけれど、おなかの赤ちゃんが大きくなって仲良く遊んでいるイメージがよく頭に浮かびました。

都合良く自分でイメージを作っているだけなのかもしれないけれど、とてもリアリティがあってそのイメージを保つことで出産への恐怖心を払しょくする事が出来ました。

娘が生まれてから、毎日一緒にいられることに感謝しています。出産直前まで続いたつわりでしたが、つわりが長くて辛かった分、出産は楽に感じられました。

  関連記事はこちら

 - 出産時の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82