妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

奇跡の予言!待望の2人目が流産してしまった時に長男が呟いたセリフ

   

奇跡の予言!待望の2人目が流産してしまった時に長男が呟いたセリフ


38歳男性/会社員

「やっぱり2人目が欲しいなぁ」長男が生まれて6年目。妻から何度か相談された。その度に色々はぐらかしてきた。

妻は私より2歳年上で、彼女なりに焦る気持ちもあったんだろう。その思いは最近、強くなっていた。私は少し気が重かった。共働きで一杯一杯の生活だった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那が超自分勝手で一緒の生活に疲れた妻たちへ!一度キレてみよう

現在では「イクメン」だったり、「家事折半が当たり前」なんて旦...

出産の痛みがどんなものか心配…痛みを例えるならこんな感じ!

初めて妊娠をした方にとって最も心配で気になる事と言えば、お母...

8ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしない?夜泣きをしない子の特徴

8ヶ月ぐらいの赤ちゃんがいるママは、色んな人から「夜泣きは大...

出産してから退院後に出血する理由と対処法

無事に出産が終わったことで精神的にも一段落しますが、退院後に...

生後5ヶ月の赤ちゃんの体重が減った時の理由と対処法

生後5ヶ月になるとだんだんと体を動かせるようになるので、目が...

2人目の妊娠初期に腹痛を感じる理由と対処法

2人目を妊娠した時は1度経験をしているから大丈夫だと思ってい...

1歳4ヶ月で平均体重より増えすぎな時に考えておきたいこと

1歳4ヶ月の頃になるとだんだんと食事も離乳食から普通食に変わ...

妊娠中にイライラする!性別による意見の違いを解消する方法とは

夫婦にとっての願いは子供が元気に生まれてくれることですが、欲...

内診出血の後に陣痛が来ることがある理由と、おしるしとの関係

出産予定日が近づいてくると内診をするようになりますが、内診の...

内診出血が続く理由とは?気になる”おしるし”との見分け方

出産予定日が近づくにつれて内診に行く頻度も多くなりますし、不...

基礎体温と排卵日のズレとは?妊活する時に知っておきたいこと

妊活をする人は基礎体温を毎日計ることによって排卵日がいつくる...

高齢出産のリスクとは!後で後悔しないために障害を知ろう

高齢出産をする女性が多くなっていますが、そもそも高齢になるほ...

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

スポンサーリンク


2人目の余裕がなくて妊活の気が重い

とても2人目なんて余裕はなかった。妻は長男のためにも2人目は必要だと訴えた。分からなくはない。

今も長男は一人遊びばかりしている。保育園には友達はいるけど、一生付き合えるわけじゃない。私たち親の面倒を彼が一手に引き受ける事を思う。

不安は沢山ありすぎた。だけど、その不安はどうやっても拭えない。「どうにだってなる」妻は言う。

「どうにもならないことはないよ」一人遊びに興じる長男を眺める。前へ進もう。行けば分かるさ。気分は燃える闘魂アントニオ猪木だ。

妊娠して喜ぶ妻を見られて嬉しかった

やがて妻は妊娠した。彼女は泣いて喜んだ。とても楽しそうだ。私は彼女が喜ぶ顔が見られて嬉しかった。長男も兄弟の誕生を心待ちにしていた。

家族がいつにも増して明るくなった。新しい目標が出来たからだ。

「高齢出産はそんなに珍しいことじゃないんだけどね」産婦人科の先生に呼び出され、こう切り出された。流産だった。妻のお腹の中で赤ちゃんは生きられなかった。高齢が原因だと告げられた。

長男が生まれて6年。議論ばかりに時間を費やしてしまった。最初に相談されたとき、私に一歩踏み出す勇気があればよかった。

グズグズしていた自分を私は責めた。妻が高齢だったからじゃない。私がもっと早く彼女の希望を叶えてあげていればよかった。

妻は私を心配した。ショックだったのは彼女も同じだし、実際にお腹の中で赤ちゃんが亡くなっているんだがら、彼女の方が辛いだろう。だが、私の落ち込みようを心配してくれた。

明かりが消えた。家族は希望を失った。

「赤ちゃんね、お空に忘れ物を取りに戻っちゃったんだって」長男に励まされてしまった。

「だからね、あと23したら赤ちゃん戻って来るよ」よく分からないが、長男なりに気を遣ってくれていた。

高齢を理由にされても諦めなかった結果

あれから4ヶ月。季節を一つやり過ごした頃。妻の誕生日に私は彼女が最近はまっているウイスキーをプレゼントした。

「これ飲めないんだよなぁ」彼女が二ヤッした。そして、1枚のエコー画像を私に見せた。私たち家族にまた赤ちゃんが来てくれた。彼女の執念だった。高齢を理由にされても諦めなかった。

「知ってる?この子、いつ出来たか。前の子が生きてたら23週目なんだよ」思わず、私は長男を見た。予言者はニコニコしていた。

こんな事が起きるのか。私は妻と長男とお腹の中の長女を一生守る事を誓った。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82