妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

息子はいつまでも愛おしい存在!可愛いのはと思うのはいつまでか

   

息子はいつまでも愛おしい存在!可愛いのはと思うのはいつまでか

女性にとってお腹を痛めて産んだ子供はいつまでも可愛いものですが、息子は異性なので特に可愛いと思ってしまいます。

しかし男の子はいつからか異性を意識するようになるので、母親とくっつくのを嫌がったり、思春期にはより母親を避けようとすることもあるでしょう。

そこで母親にとって息子をいつまで可愛いと思うかについて紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



息子のことはいつまでも可愛いと心の中では思っている

母親にとって息子はいつまで可愛いと思うかについては、いつまでも心の中では可愛いと思っている母親は多いでしょう。

子供の成長は早いもので、ついこの間まで子供だったのにいつの間にか大人になっているものです。

母親にとってお腹を痛めて産んだ子供のことは特に愛おしく思えるので、息子のことはいつまでも大切な存在です。

小さい頃は母親にべったりくっつきますし、特に男の子は母親にくっつきたがるものです。

母親にとって子供の頃の可愛い印象がそのまま残っているので、どんなに大きくなっても子供の頃の可愛らしさは昨日のように覚えています。

そのため心の中では息子のことはいつまでも小さい頃と重ね合わせてしまうので、可愛い存在として思っています。

大きくなってからも母親には甘えることもあるので、母親にとって息子は永遠に可愛らし存在だと思えます。

いつまで息子を可愛いと思うかは家を出るまでが可愛い存在

息子のことを可愛い存在だと思うのがいつまでかは、一緒に住んでいる間は可愛い存在だと思っています。

そのため大人になって独り立ちするために実家を出て行ってしまうと、一人の男として見るために可愛らしいという気持ちが薄れることもあります。

息子として可愛いと思っていた時は、自分が息子のお世話をしていた時で、可愛いと思うから何でもしたくなります。

しかし実家を出ることになれば一人の男として立派に成長するために巣立っていくので、母親としてもいつまでも子供の頃のように甘やかすことはできません。

もちろん息子として応援したりいつでも助ける覚悟はありませうが、可愛いというよりは一人の男として息子のことを見ようと努力するのです。

自分の中で可愛いと思っていた息子は自分の元から巣立っていったので、自分の中でけじめをつけるために実家を出れば、可愛いという気持ちから男として応援するようになります。

息子が可愛いのはいつまでかではなく年齢で違う可愛さを感じる

母親にとって息子はいつまで可愛いと思うかについては、いつまでも可愛いと思っているはずです。

しかし実際には年齢によって可愛らしさが違うので、成長する過程においての可愛いと思う気持ちにも変化が生じます。

赤ちゃんの頃と学生の頃の可愛さはまったく違いますが、母親が息子を可愛いと思う気持ちは同じです。

可愛いと思う気持ちは同じでも、実際に可愛いと感じるニュアンスが違うので、年齢によって可愛いと思う感じ方が違うと言えるでしょう。

赤ちゃん時代、幼少期、小学生、中学生、高校生、大学生など、段階的に息子は成長していくので、それぞれ可愛さは変わってきます。

しかし息子のことはいつの時代も可愛いと思うからこそいろいろとお世話をしたくなるので、いつまでも母親の中では息子は可愛い存在のままです。

見た目が大人になってカッコよくなっていっても、母親にとっては息子は可愛いままだと言えるでしょう。

母親にとっては息子はいつまでも可愛い存在のまま

母親にとっては息子はいつまでも可愛い存在のままと言えるので、年齢を重ねていてもその気持ちには変わりありません。

年齢によってそれぞれ可愛さは違ってくるので、それぞれの年代の可愛さを感じることはできるでしょう。

娘は父親に甘えることは多いですが、息子は母親にいつまでも甘えたいという気持ちがあるので、年齢を重ねても母親につい甘えてしまいます。

一人暮らしをして立派に生活していても、たまに実家に帰るとつい母親に甘えてしまい、いろいろとお願いしてしまうことも多いでしょう。

息子にとって母親はいつでも甘えていい存在なので、つい甘えてしまいたくなるものです。

母親も同様に息子はいつまでも甘えてくる存在だと思っているので、それがいつまでも可愛らしいと思ってしまいます。

母親にとって息子は特に甘えてくるイメージが強く残っているので、いつまでも可愛い存在のままなのです。

母親の前では子供に戻ってしまう息子は可愛らしく思うもの

子供はいくつになっても母親の前では昔の子供に戻ってしまうものなので、母親にとってはいつまでも可愛い存在のままです。

息子は大人になれば男として独り立ちしますし、子供の頃の可愛さはまったく無くなってしまうでしょう。

しかし母親の前ではいくら強がっていても子供のままなので、甘えたり母親の言うことを聞くものです。

母親にとっては年齢によって可愛いと感じる感覚は違ってきますが、いつまでも可愛い存在のままです。

子供の頃の記憶はいつまでも残っていますし、成長する段階によってそれぞれの可愛さがあります。

息子も実家に戻れば童心に帰ってしまうので、つい母親に甘えてしまうでしょう。

母親にとって息子はいつまでも可愛い存在ですし、息子にとっても母親はいつまで経っても甘えられる存在なのです。

親子の関係は時間が経っても変わることはないので、母親にとってはいつまでも息子のことは可愛い存在のままなのです。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ