ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

息子はいつまでも愛おしい存在!可愛いのはと思うのはいつまでか

2017.7.31

女性にとってお腹を痛めて産んだ子供はいつまでも可愛いものですが、息子は異性なので特に可愛いと思ってしまいます。

しかし男の子はいつからか異性を意識するようになるので、母親とくっつくのを嫌がったり、思春期にはより母親を避けようとすることもあるでしょう。

そこで母親にとって息子をいつまで可愛いと思うかについて紹介します。


息子のことはいつまでも可愛いと心の中では思っている

母親にとって息子はいつまで可愛いと思うかについては、いつまでも心の中では可愛いと思っている母親は多いでしょう。

子供の成長は早いもので、ついこの間まで子供だったのにいつの間にか大人になっているものです。

母親にとってお腹を痛めて産んだ子供のことは特に愛おしく思えるので、息子のことはいつまでも大切な存在です。

小さい頃は母親にべったりくっつきますし、特に男の子は母親にくっつきたがるものです。

母親にとって子供の頃の可愛い印象がそのまま残っているので、どんなに大きくなっても子供の頃の可愛らしさは昨日のように覚えています。

そのため心の中では息子のことはいつまでも小さい頃と重ね合わせてしまうので、可愛い存在として思っています。

大きくなってからも母親には甘えることもあるので、母親にとって息子は永遠に可愛らし存在だと思えます。

いつまで息子を可愛いと思うかは家を出るまでが可愛い存在

息子のことを可愛い存在だと思うのがいつまでかは、一緒に住んでいる間は可愛い存在だと思っています。

そのため大人になって独り立ちするために実家を出て行ってしまうと、一人の男として見るために可愛らしいという気持ちが薄れることもあります。

息子として可愛いと思っていた時は、自分が息子のお世話をしていた時で、可愛いと思うから何でもしたくなります。

しかし実家を出ることになれば一人の男として立派に成長するために巣立っていくので、母親としてもいつまでも子供の頃のように甘やかすことはできません。

もちろん息子として応援したりいつでも助ける覚悟はありませうが、可愛いというよりは一人の男として息子のことを見ようと努力するのです。

自分の中で可愛いと思っていた息子は自分の元から巣立っていったので、自分の中でけじめをつけるために実家を出れば、可愛いという気持ちから男として応援するようになります。

息子が可愛いのはいつまでかではなく年齢で違う可愛さを感じる

母親にとって息子はいつまで可愛いと思うかについては、いつまでも可愛いと思っているはずです。

しかし実際には年齢によって可愛らしさが違うので、成長する過程においての可愛いと思う気持ちにも変化が生じます。

赤ちゃんの頃と学生の頃の可愛さはまったく違いますが、母親が息子を可愛いと思う気持ちは同じです。

可愛いと思う気持ちは同じでも、実際に可愛いと感じるニュアンスが違うので、年齢によって可愛いと思う感じ方が違うと言えるでしょう。

赤ちゃん時代、幼少期、小学生、中学生、高校生、大学生など、段階的に息子は成長していくので、それぞれ可愛さは変わってきます。

しかし息子のことはいつの時代も可愛いと思うからこそいろいろとお世話をしたくなるので、いつまでも母親の中では息子は可愛い存在のままです。

見た目が大人になってカッコよくなっていっても、母親にとっては息子は可愛いままだと言えるでしょう。

母親にとっては息子はいつまでも可愛い存在のまま

母親にとっては息子はいつまでも可愛い存在のままと言えるので、年齢を重ねていてもその気持ちには変わりありません。

年齢によってそれぞれ可愛さは違ってくるので、それぞれの年代の可愛さを感じることはできるでしょう。

娘は父親に甘えることは多いですが、息子は母親にいつまでも甘えたいという気持ちがあるので、年齢を重ねても母親につい甘えてしまいます。

一人暮らしをして立派に生活していても、たまに実家に帰るとつい母親に甘えてしまい、いろいろとお願いしてしまうことも多いでしょう。

息子にとって母親はいつでも甘えていい存在なので、つい甘えてしまいたくなるものです。

母親も同様に息子はいつまでも甘えてくる存在だと思っているので、それがいつまでも可愛らしいと思ってしまいます。

母親にとって息子は特に甘えてくるイメージが強く残っているので、いつまでも可愛い存在のままなのです。

母親の前では子供に戻ってしまう息子は可愛らしく思うもの

子供はいくつになっても母親の前では昔の子供に戻ってしまうものなので、母親にとってはいつまでも可愛い存在のままです。

息子は大人になれば男として独り立ちしますし、子供の頃の可愛さはまったく無くなってしまうでしょう。

しかし母親の前ではいくら強がっていても子供のままなので、甘えたり母親の言うことを聞くものです。

母親にとっては年齢によって可愛いと感じる感覚は違ってきますが、いつまでも可愛い存在のままです。

子供の頃の記憶はいつまでも残っていますし、成長する段階によってそれぞれの可愛さがあります。

息子も実家に戻れば童心に帰ってしまうので、つい母親に甘えてしまうでしょう。

母親にとって息子はいつまでも可愛い存在ですし、息子にとっても母親はいつまで経っても甘えられる存在なのです。

親子の関係は時間が経っても変わることはないので、母親にとってはいつまでも息子のことは可愛い存在のままなのです。

 - 子育てのお悩み