妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

息子はいつまでも愛おしい存在!可愛いのはと思うのはいつまでか

   

息子はいつまでも愛おしい存在!可愛いのはと思うのはいつまでか

女性にとってお腹を痛めて産んだ子供はいつまでも可愛いものですが、息子は異性なので特に可愛いと思ってしまいます。

しかし男の子はいつからか異性を意識するようになるので、母親とくっつくのを嫌がったり、思春期にはより母親を避けようとすることもあるでしょう。

そこで母親にとって息子をいつまで可愛いと思うかについて紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、...

夜中のオムツ替えの時に大泣きする理由と解決策

赤ちゃんの夜泣きはストレスも溜まりますが、夜中にオムツ替えを...

【ママ必見】完母とミルクの違いを気にする必要が無い理由!

赤ちゃんが生まれてから、多くのママたちが悩むという問題。 ...

完母やミルクでなぜ吐くの?赤ちゃんが吐き出してしまう要因とは

赤ちゃんを完母で育てたりミルクと併用しているなど、人によって...

生後9ヶ月の赤ちゃんの離乳食とミルクの時間の間隔とは

生後9ヶ月ともなると動き回って目が離せなくなりますし、何でも...

ママ友とのランチ会で持ち寄りが不安な方へのアドバイス!

子供の通う幼稚園や保育園などで出会ったママ友たち。 親...

産後の痛みは何が原因?痛み止めの座薬は使ってもいいものなのか

出産を控えた女性には、心配事が沢山あります。 どの出産...

妊娠中なのに生理くるのは何故?月経様出血と毎月の生理との違い

妊娠中には生理はこないもの、とされています。 しかし、...

内診後に出血!?こんな時はお風呂に入っていいものなのか

妊婦健診で必ず行われる内診は、恥ずかしいだけでなく、実際に痛...

内診による出血?それとも異常出血?血の塊が出た時は要注意!

妊娠した女性にとって、定期検診とその際に行われる内診は、どう...

13週のエコー、4Dなら赤ちゃんの性別や顔、異常はわかるか

通常、妊娠12〜13週以降になると、それまでの妊娠検査で行わ...

シングルマザーで子供3人は生活が大変?家計の解決法教えます!

離婚によりシングルマザーとして子供3人と再出発、頑張ろうと思...

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重増加とミルクの与え方

赤ちゃんが生後3ヶ月の頃になると徐々に体を動かすこともできる...

生後4ヶ月目の赤ちゃんの体重増加と成長の目安

生後4ヶ月の赤ちゃんの成長スピードは目を見張るものがあるので...

生後2ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない要因と対策

赤ちゃんが生後2ヶ月になると成長にも個人差が出てくるので、ミ...

子供の友達を家に入れない?家に招待したくない理由や心理とは

自分の子供が友達を家に連れてくることもありますが、できれば友...

夜中のオムツ替えの時には電気をつけない方が良い理由と対策

赤ちゃんのオムツ替えを夜中にする時に、注意しなければいけない...

妊娠中の仕事の服装を選ぶときに注意したいことをご紹介!

妊娠中でも、お仕事に行く期間というのはありますよね? ...

子供がかわいいのはいつまで?年齢別で違いかわいさとは

自分の子供はいつまで経ってもかわいいと思うものですが、ある年...

育児をするのは大変!保育園に預ければ楽になる理由とは

子供の育児は大変なことですが、保育園に子供を預けている時は精...

スポンサーリンク



息子のことはいつまでも可愛いと心の中では思っている

母親にとって息子はいつまで可愛いと思うかについては、いつまでも心の中では可愛いと思っている母親は多いでしょう。

子供の成長は早いもので、ついこの間まで子供だったのにいつの間にか大人になっているものです。

母親にとってお腹を痛めて産んだ子供のことは特に愛おしく思えるので、息子のことはいつまでも大切な存在です。

小さい頃は母親にべったりくっつきますし、特に男の子は母親にくっつきたがるものです。

母親にとって子供の頃の可愛い印象がそのまま残っているので、どんなに大きくなっても子供の頃の可愛らしさは昨日のように覚えています。

そのため心の中では息子のことはいつまでも小さい頃と重ね合わせてしまうので、可愛い存在として思っています。

大きくなってからも母親には甘えることもあるので、母親にとって息子は永遠に可愛らし存在だと思えます。

いつまで息子を可愛いと思うかは家を出るまでが可愛い存在

息子のことを可愛い存在だと思うのがいつまでかは、一緒に住んでいる間は可愛い存在だと思っています。

そのため大人になって独り立ちするために実家を出て行ってしまうと、一人の男として見るために可愛らしいという気持ちが薄れることもあります。

息子として可愛いと思っていた時は、自分が息子のお世話をしていた時で、可愛いと思うから何でもしたくなります。

しかし実家を出ることになれば一人の男として立派に成長するために巣立っていくので、母親としてもいつまでも子供の頃のように甘やかすことはできません。

もちろん息子として応援したりいつでも助ける覚悟はありませうが、可愛いというよりは一人の男として息子のことを見ようと努力するのです。

自分の中で可愛いと思っていた息子は自分の元から巣立っていったので、自分の中でけじめをつけるために実家を出れば、可愛いという気持ちから男として応援するようになります。

息子が可愛いのはいつまでかではなく年齢で違う可愛さを感じる

母親にとって息子はいつまで可愛いと思うかについては、いつまでも可愛いと思っているはずです。

しかし実際には年齢によって可愛らしさが違うので、成長する過程においての可愛いと思う気持ちにも変化が生じます。

赤ちゃんの頃と学生の頃の可愛さはまったく違いますが、母親が息子を可愛いと思う気持ちは同じです。

可愛いと思う気持ちは同じでも、実際に可愛いと感じるニュアンスが違うので、年齢によって可愛いと思う感じ方が違うと言えるでしょう。

赤ちゃん時代、幼少期、小学生、中学生、高校生、大学生など、段階的に息子は成長していくので、それぞれ可愛さは変わってきます。

しかし息子のことはいつの時代も可愛いと思うからこそいろいろとお世話をしたくなるので、いつまでも母親の中では息子は可愛い存在のままです。

見た目が大人になってカッコよくなっていっても、母親にとっては息子は可愛いままだと言えるでしょう。

母親にとっては息子はいつまでも可愛い存在のまま

母親にとっては息子はいつまでも可愛い存在のままと言えるので、年齢を重ねていてもその気持ちには変わりありません。

年齢によってそれぞれ可愛さは違ってくるので、それぞれの年代の可愛さを感じることはできるでしょう。

娘は父親に甘えることは多いですが、息子は母親にいつまでも甘えたいという気持ちがあるので、年齢を重ねても母親につい甘えてしまいます。

一人暮らしをして立派に生活していても、たまに実家に帰るとつい母親に甘えてしまい、いろいろとお願いしてしまうことも多いでしょう。

息子にとって母親はいつでも甘えていい存在なので、つい甘えてしまいたくなるものです。

母親も同様に息子はいつまでも甘えてくる存在だと思っているので、それがいつまでも可愛らしいと思ってしまいます。

母親にとって息子は特に甘えてくるイメージが強く残っているので、いつまでも可愛い存在のままなのです。

母親の前では子供に戻ってしまう息子は可愛らしく思うもの

子供はいくつになっても母親の前では昔の子供に戻ってしまうものなので、母親にとってはいつまでも可愛い存在のままです。

息子は大人になれば男として独り立ちしますし、子供の頃の可愛さはまったく無くなってしまうでしょう。

しかし母親の前ではいくら強がっていても子供のままなので、甘えたり母親の言うことを聞くものです。

母親にとっては年齢によって可愛いと感じる感覚は違ってきますが、いつまでも可愛い存在のままです。

子供の頃の記憶はいつまでも残っていますし、成長する段階によってそれぞれの可愛さがあります。

息子も実家に戻れば童心に帰ってしまうので、つい母親に甘えてしまうでしょう。

母親にとって息子はいつまでも可愛い存在ですし、息子にとっても母親はいつまで経っても甘えられる存在なのです。

親子の関係は時間が経っても変わることはないので、母親にとってはいつまでも息子のことは可愛い存在のままなのです。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82