妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

出産してから退院後に出血する理由と対処法

      2017/08/23

出産してから退院後に出血する理由と対処法

無事に出産が終わったことで精神的にも一段落しますが、退院後に出血が出てくることもあるので不安に感じます。

産後の出血は出産によって羊水や血液などすべてが出る訳ではないので、時間をかけて体外に排出されていくと考えればいいでしょう。

しかし出血すると心配になるので、退院後の出血の理由や対処法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



出産後の出血は退院後に数日続くこともある

出産後に出血することを悪露(おろ)と言いますが、これは体がまだ出産したことから回復をしていない状態となります。

出産をする時には出血を伴いますが、羊水などがまだ体の中に残っている状態なので、ゆっくりと体外に出ていきます。

この出血が出る状態の悪露が続いている状態は体が回復していないので、退院後でも家で安静にしていなければなりません。

できるだけ横になって安静にしていることが大切なので、自宅でゆっくりするようにしましょう。

出産をすること自体が体に大きな負担を掛けることになるので、産後すぐに元の状態に戻ろうとしますが、時間は掛かるので焦らずゆっくりとしましょう。

産後は入院してゆっくりしますが、人によっては退院後も出血が続くので、安静にしていなければなりません。

悪露が出ている期間は特に安静にしながら、体の回復を待ちましょう。

出産した後に退院後の出血は体が元に戻ろうとしているサイン

出産を無事に終えた後はゆっくりしなければいけないので、退院後でも出血が続くようならば安静にしていましょう。

出血が続く状態の悪露は体を横にして安静にする必要がありますが、人によっては3週間前後続くこともあります。

個人差があるので人によっては1ヶ月近く続くこともありますが、不安に感じるようならば産科医に行って相談しましょう。

基本的には3週間前後が一般的と言われているので、長く続いても不安になることはありませんが、できるだけ安静にしているように心掛けましょう。

出産は母体に大きな影響を与えるので、体が元の状態に戻るまでは安静にする必要があります。

産後は体が元に戻るために頑張っているので、悪露が出ている状態の時は無理はしないようにしましょう。

個人差はありますが悪露の状態を把握することも大切なので、しっかりとチェックしておくことも大切です。

出産が終わった後で退院後に出血する状態を知ることも大切

出産が一段落したと思ったら、退院後に出血が続くので不安に感じるかもしれません。

しかしこれは体が元の状態に戻ろうとしているので、出血が続くことは正常なので不安がる必要はありません。

出血の頻度や状態を知ることは大切なので、しっかりとチェックしておきましょう。

出産後は出血量も多いですし鮮やかな赤色をしていますが、ナプキンでは足りないこともあります。

産後1週間ともなるとだいぶ出血量も落ち着いてしまいますが、出血の色も鮮血から茶色っぽくなります。

産後2週間になると出血量は少なくなり、黄色っぽい血の色になりますし、出血量も少ないので血生臭さも和らいできます。

人によっては3週間前後で出血も止まるので、おりものに近いような状態となります。

完全に出血が止まれば体も回復した状態となるので、それまでは悪露の状態をチェックして安静にしていましょう。

出血の状態や臭いによって判別できる

出産直後から出血が出るのは自然なことで、退院後も出血が長い期間続いていきます。

個人差がありますが3週間から1ヶ月程度は出血が続くので、それまでは安静にしていなければいけません。

しかし出血すること自体が不安になりますし、出血量が多いと正常かどうかの判断もできないのでより不安になってしまいます。

自分の出血が正常かどうかを知るには、出血量や色などによって判断することができます。

基本的には産後が最も出血量が多いので臭いも血生臭いですが、だんだんと臭いも落ち着いていきます。

血の色も鮮血から茶色へと変色し、黄色っぽくなってから透明に変わっていきます。

もしも黄色っぽくなったのにまた赤色の血が出てきた時には、何らかの異常があるかもしれないのですぐに検査をしてもらった方がいいでしょう。

人によって出血量なども個人差があるので、不安を感じた時には診察してもらうことが大切です。

出産後はとにかく体を休めることを意識することが大切

出産直後から出血が続くことを悪露と言いますが、これは体が正常な状態に戻ろうとしている証と言えます。

退院後も出血が続くので、出血が止まるまでは安静にしていなければなりません。

女性が子供を出産することは大きなリスクを伴いますし、体にも大きな変化が生じています。

出産すること自体が体に大きな負担を掛けることになるので、出産直後からは必ず安静にするようにしましょう。

目安とするのがこの悪露で、出血が止まるまではなるべく横になって安静にする必要があります。

出産では体への大きな負担と共に、体力もかなり消耗しているので、まずは自分の体の回復を図ることが大切です。

無理をすれば体に大きな負担となってしまうので、これからの子育てにも不安が生じてしまいます。

体をしっかり回復させないと授乳の時にも栄養をしっかりと与えられないので、母子共に健康を一番に考えてゆっくりと休みましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ