妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

施設に預けた子供をスムーズに引き取るための方法

      2017/08/01

施設に預けた子供をスムーズに引き取るための方法

何らかの事情によって施設に子供を預けなければいけない状況になってしまった時に、なるべく早く子供を引き取りたいと思っています。

子供と離れるのは苦渋の決断ですし、子供のことを考えれば一時的に施設に預けた方が幸せなのかもしれませんが、やはり子供と一緒にいたいものです。

そこで施設に預けた子供をスムーズに引き取るためにするべきことを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



施設に預けた子供を引き取るには育てられる環境かを調べられる

施設に預けた子供を引き取るには、自分が子供を育てられる環境だということを証明しなければなりません。

誰でも親になれば子供と離れて暮らすのは嫌ですし、何らかの事情によって施設に預けなければいけない状況になったのは、子供に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでしょう。

できるだけ子供と一緒にいたいと思う気持ちは、子供も同じように親と一緒にいたいと思っています。

しかし一緒にいたい気持ちだけでは子供は育てられるとは限らないので、しっかりと自分が育てられる環境だということを見せなければなりません。

家庭環境や収入面などをすべてチェックされ、安心して子供が暮らせる環境だということを証明することが大切です。

そのためには自分の暮らしをとにかく安定させることが大切なので、早く自分お暮らしを良くして子供を向かい入れられる態勢を作りましょう。

親子関係によっては施設に預けた子供を引き取ることはできない

事情によって一時的に施設に預けた子供を引き取るには、親子関係もしっかりとチェックされます。

親子関係というのは血がつながっているからと言っても、親がしっかりと子供を育てるとは限らないということです。

事情があるとはいえ一時的にも施設に子供を預けたことによって、親が子供に対する愛情がの度合いが試されます。

事情はひとそれぞれありますが、経済的な理由や子供嫌いな理由など、子供が安心して育つ環境ではない可能性もあります。

血が繋がっている子供だから余計生活が苦しくなると、虐待をしたりすることも考えられるので、一度施設に入った子供は簡単には親元には返すことはできません。

しっかりと子供の安心した環境があると確信しなければ、子供を引き取ることができないのです。

親子の関係が悪くなりそうな場合も、簡単には引き取ることができないので、施設に預ける時にはしっかりと覚悟をしておく必要があります。

施設に預けた子供を引き取る時にはなるべく子供の意思を尊重する

施設の子供を引き取る時には、場合によっては子供が大きく成長していることもあります。

子供が小さい時期ならば自分で判断することは難しいので、施設のスタッフがしっかりと確認をしてから引き渡すことになります。

しかし子供も年齢を重ねてくると自分で判断することができるので、親元に行きたいか施設に残りたいかを決める権利もあります。

子供にとって育った場所が施設の場合、いきなり親だから迎えに来たと言われても、簡単に普通の親子関係になることは難しいです。

環境の変化はストレスとなりますし、親子関係によっては施設にいた方が子供が幸せだと感じることもあります。

そのため親が子供を引き取りたいと思っていても、なるべく子供の意見を尊重する方法が取られることが多いです。

義務教育を卒業するまでは施設にいて、それから独り立ちする時にサポートするような関係性になるなど、子供の意思を尊重した対応をすることもあります。

子供にとって一番良い選択肢を用意するのも大切なこと

親は子供の幸せを望むのが一番なので、子供にとって一番良い選択肢だと思うものも選ぶこともあります。

施設に預けた子供を引き取ることと、子供が望んでいる幸せが違った場合には、子供の幸せを一番に考えた選択肢を用意することも大切です。

施設から子供を引き取るよりも子供が施設に残りたいと希望したり、施設を卒業する時には支援を希望することもできます。

どんな事情があれ子供にとっては施設が育った場所なので、なるべく離れたくないと思うのは当然です。

しかし子供にとっての将来を考えた時に、学力や生活支援などを考えると親と一緒に住んだ方がいいことも多いです。

子供が自分で判断して選択できる年齢であれば、子供の考えを尊重して一番良い選択肢を進ませてあげるのも親の務めです。

一緒に住むことだけが親の務めではないので、子供が一番幸せになれる選択肢を応援する形を取ることもひとつの方法です。

子供が養育的に安心できる環境が必要不可欠

施設で育った子供に共通することは、親からの愛情が不足しているということです。

子供を引き取ることによってこれから先は子供のたくさんの愛情を注ぎたいと思っているかもしれませんが、子供は親の勝手な意見で振り回されたくないと思っています。

すんなり親の愛を受け入れられる子供は少ないので、徐々に子供との距離を縮めていくしか方法はありません。

子供にとって一番良い環境は経済的に安定している家庭で、養育的に安心して暮らせる家に住むことです。

親からの愛情をたっぷりと受けて一般的な生活と呼ばれる暮らしができることが、子供には幸せなことなのです。

親にも事情があるはずですが、子供にとっては親の事情は関係ないですし、施設に預けられた自分は一時的でも捨てられたと思っているはずです。

そんな子供を引き取るには相当な覚悟が必要なので、子供にとって安心できる環境を作って、失った子供との時間を大切にしてください。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み

ページ
上部へ