ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

デュファストン服用中に生理きた。服用やめるのは大丈夫なのか!

2017.8.5

皆さんは、デュファストンという薬を使ったことがありますでしょうか?

デュファストンの歴史は古く、1960年代から存在していたそうです。

デュファストンは主に生理不順の改善に使用されたり、生理不順の改善による不妊治療にも活用されたりしています。

しかし、実際にデュファストンを使用している間に、生理きたからと服用やめる。という行為は大丈夫なのかどうか。

今回は、デュファストン服用中に生理がきた場合に服用をやめて良いのか。

そしてやめた後に何か変化はあるのかどうかについてご紹介致します。

生理きた時点でデュファストンの服用やめるのはOK?

では、デュファストンを服用している間に生理が来た場合に、服用をやめても大丈夫なのか?

基本的に、デュファストンは生理が始まるとその効果がなくなってしまうと言われているのです。

もし、妊娠するためにデュファストンを飲んでいるのであれば、妊娠している間にデュファストンを飲み続ければ妊娠の状態を良好に継続させることが出来ます。

しかし生理が訪れた場合はそこで効果が無くなってしまいますので、飲むことをやめても問題はないと言われています。

ですがデュファストンには女性ホルモンの働きをする成分が含まれていますので、今まで飲み続けていたデュファストンを急にやめてしまう事でホルモンバランスの乱れが起こってしまうという事は否めません。

もしなにか体調が優れないと感じたり、もう一度飲み始めたいなどと思った場合には、自己判断で薬を飲むのではなく専門の先生に一度相談しましょう。

デュファストンの服用やめると生理きた!?

デュファストンは、服用中は生理がこない場合や、遅れてしまう場合が多いようです。

冒頭でも紹介しましたように、デュファストンは妊娠に成功するためという目的でも使われます。

妊娠に成功するためにデュファストンが使われる理由は、デュファストンは赤ちゃんを作るのに必要な子宮の状態を妊娠に適した状態にし、保つ効果があるからです。

妊娠中にもデュファストンを服用するという人もいるというのはこの為ですね。

子宮を妊娠に適した状態に保つという事は、デュファストンに含まれるホルモンによって子宮を分厚くさせるという事なのですが、妊娠しないとこの子宮の分厚くなった部分が不要とみなされ、体外に出されます。これが生理なのですね。

デュファストンの服用をやめるとこの子宮を分厚くすることを保とうとする力がなくなりますので、やめてから数日後に生理が来る。といった仕組みになっています。

このことから、服用中は生理が来なかったり、生理が遅れたりするのです。

生理来たのでデュファストンの服用やめると、他に何か起こる?

デュファストンは妊娠を助ける為だけではなく、単に生理周期を安定させるという目的でも使用されるようなお薬で、他の薬程リスクも大きくは無いようです。

しかし、デュファストンに含まれている成分は女性ホルモンと同じ働きをするものですので、ホルモンバランスが乱れてしまうという可能性も0ではありません。

ですがそれはどの薬にも言えることですので、お医者さんと相談しながら飲み方や服用期間を決めていけば大きな影響は無いと言えます。

ただ、考えられるデュファストンをやめた後に現れる体の変化は、体重が増えてしまうという事です。

デュファストンに含まれる女性ホルモンの働きをする成分により、女性としての特徴が強くなることから脂肪が増える可能性もあります。

また、食欲が落ちてしまうというケースもある様ですので、体調の変化に関しては十分気を付けましょう。

これらはもちろん服用している間にも表れる可能性もありますので、服用中も自分の体調には気を配りましょうね。

デュファストン服用時はどのくらい飲めばいいの?

デュファストンを実際に飲んでいる間の服用する量についてですが、これに関しては用途によって飲むべき量が違ってきます。

効果が感じられないからといって自分の判断で飲む量を増やしてしまったり、副作用が気になるからと逆に飲む量を減らしてしまうという行為は、いくら他の薬に比べてリスクの少ないものだとしても良くありません。

自分がどういった目的でデュファストンを服用しているのか、お医者さんにしっかりと伝え、その上でお医者さんの適切な判断をもらいましょう。

特に注意したいのが、妊娠することを目的としてデュファストンを飲んでいる場合です。

飲み方を誤ってしまうと、お腹の中の赤ちゃんの性別が持つ特徴に関する異常が起きてしまうと言われています。

一般の素人の判断での服用は危険ですので、必ず自己判断ではなくお医者さんに指示を貰いましょう。

比較的リスクの少ない薬ですが、必ず医師の指導の元で使用する

いかがでしたでしょうか?デュファストンというのは、文中でも述べました通り他の薬品に比べてリスクが少ないと言われています。

そして、生理が来たからといって服用をやめたとしても、それによる人の体への大きな影響は無いと言われているので問題ないでしょう。

しかし、だからと言って自分一人の判断だけで飲み方を変えたり、飲む量を増やしたり減らしたりしても大丈夫なのかと言えばそうではありません。

人それぞれの体質によっては薬がもたらす影響も変わってきますから、デュファストンに関する説明が全員にそのまま当てはまるわけではないのです。

ですので、必ず専門のお医者さんにかかり、そこで適切な指導を受けて服用する事。そしてそれを守る事が大切です。

間違った服用の仕方をしてしまわないよう、薬の向き合い方には十分気を付けて付き合っていきましょう。

 - 妊活中のお役立ち情報