妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

後悔先に立たず!無防備な10代後半を過ごして生理痛がひどくなった結果

   

後悔先に立たず!無防備な10代後半を過ごして生理痛がひどくなった結果


40歳/主婦

子供の頃から大学生の頃まで子供なんてすぐにできるものだと思っていました。

私の親が当時としては珍しく、いわゆる出来ちゃった婚だったのでそういうものだと思っていました。

私は望まれて生まれてきた子なのだよとよく小学生のころ言われたけれど、そういうことだったのかと後でわかりました。(笑)

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


生理痛がひどくなった理由を考えてみたら

「妊活」いう言葉がはやるまえから私は妊娠を意識することが多くなりました。毎月やってくる猛烈な生理痛です。

これのおかげで遊びに行く予定をできることならずらしたいと思うようになりました。ひどくなったのは大学に入ってからです。

なぜなのかと思い返してみると・・・。一番は体の冷えからだと思います。朝起きて、お腹がとても冷たくて不快に思うことがよくありました。

冷房をつけている朝だとなおさらそうです。でも、当時はそうなことお構いなしでブラにトップス一枚。短パンで生足でサンダルで歩いていました。もちろん冷房で寒いと思ってもそのまんま。

あまりに無防備な10代後半を過ごし、いつの間にか生理痛がひどくなっていたという感じです。

支障をきたすようになったのは働き出してから。お腹が痛いからと休めません。女医さんのいる産婦人科をさがし、生理痛がひどいと診察を受けると、もう米粒のような子宮筋腫ができていました。

あまり意味は分からなかったけれど、よくあるものだし、これ以上大きくならなければいいやって感じでした。

筋腫で妊娠できないのではと不安になり

しかし、好きな人と結婚を意識し始めたとき、筋腫のことが頭をよぎりました。痛みどめでごまかして、生活できるけれど、赤ちゃんはできるのかな・・・。と。

不安で不安で、何軒か病院を巡りました。しかし、実際その時が来てみないとできるかできないか分からないといわれました。そりゃそうですよね。健康な人だって妊娠の可能性は未知にあふれているのだから。

結局、当時好きだった彼とは別れたけれど、私が妊娠を意識し始めるきっかけとなりました(彼は土地持ちの跡取りだったのでつくづく結婚しなくてよかったと思います。跡取りがいないと大変・・・)。

結局、私の結婚した彼はごく一般の私と似たような家庭の人。跡取りとか何も関係ないけれど、純粋に2人の子供がほしいと思っています。

妊活という言葉ができてくれてよかった

「妊活」という言葉がはやる前から自分の体の不調から妊娠を意識していた私ですが、「妊活」という言葉ができてくれてよかったと思います。

なんか、就活や婚活みたいで前向きで明るく気軽に考えられる気がします。一言で人にも言いやすいし(笑)

職場の待遇や、治療の費用面で妊活中の夫婦にも優しい世の中にどんどんなったら良いなと思います。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ