妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

後悔先に立たず!無防備な10代後半を過ごして生理痛がひどくなった結果

   

後悔先に立たず!無防備な10代後半を過ごして生理痛がひどくなった結果


40歳/主婦

子供の頃から大学生の頃まで子供なんてすぐにできるものだと思っていました。

私の親が当時としては珍しく、いわゆる出来ちゃった婚だったのでそういうものだと思っていました。

私は望まれて生まれてきた子なのだよとよく小学生のころ言われたけれど、そういうことだったのかと後でわかりました。(笑)

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


生理痛がひどくなった理由を考えてみたら

「妊活」いう言葉がはやるまえから私は妊娠を意識することが多くなりました。毎月やってくる猛烈な生理痛です。

これのおかげで遊びに行く予定をできることならずらしたいと思うようになりました。ひどくなったのは大学に入ってからです。

なぜなのかと思い返してみると・・・。一番は体の冷えからだと思います。朝起きて、お腹がとても冷たくて不快に思うことがよくありました。

冷房をつけている朝だとなおさらそうです。でも、当時はそうなことお構いなしでブラにトップス一枚。短パンで生足でサンダルで歩いていました。もちろん冷房で寒いと思ってもそのまんま。

あまりに無防備な10代後半を過ごし、いつの間にか生理痛がひどくなっていたという感じです。

支障をきたすようになったのは働き出してから。お腹が痛いからと休めません。女医さんのいる産婦人科をさがし、生理痛がひどいと診察を受けると、もう米粒のような子宮筋腫ができていました。

あまり意味は分からなかったけれど、よくあるものだし、これ以上大きくならなければいいやって感じでした。

筋腫で妊娠できないのではと不安になり

しかし、好きな人と結婚を意識し始めたとき、筋腫のことが頭をよぎりました。痛みどめでごまかして、生活できるけれど、赤ちゃんはできるのかな・・・。と。

不安で不安で、何軒か病院を巡りました。しかし、実際その時が来てみないとできるかできないか分からないといわれました。そりゃそうですよね。健康な人だって妊娠の可能性は未知にあふれているのだから。

結局、当時好きだった彼とは別れたけれど、私が妊娠を意識し始めるきっかけとなりました(彼は土地持ちの跡取りだったのでつくづく結婚しなくてよかったと思います。跡取りがいないと大変・・・)。

結局、私の結婚した彼はごく一般の私と似たような家庭の人。跡取りとか何も関係ないけれど、純粋に2人の子供がほしいと思っています。

妊活という言葉ができてくれてよかった

「妊活」という言葉がはやる前から自分の体の不調から妊娠を意識していた私ですが、「妊活」という言葉ができてくれてよかったと思います。

なんか、就活や婚活みたいで前向きで明るく気軽に考えられる気がします。一言で人にも言いやすいし(笑)

職場の待遇や、治療の費用面で妊活中の夫婦にも優しい世の中にどんどんなったら良いなと思います。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ