妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

出産が不安で眠れないあなたへ!対処法教えます!

   

出産が不安で眠れないあなたへ!対処法教えます!

出産が間近に迫り不安で不安で仕方がなく、毎日眠れない夜を過ごしているのはあなただけではないと思います。
誰でも初めての経験、まして出産となると全く未知の世界ですから不安になるのも無理はありません。

でも、出産を乗り越えなければ長い間待っていた赤ちゃんに逢うことができないのです。
それはわかっているけれど、考えれば考えるほど不安になり、怖さが増すばかりなのでしょう。
出産に関する雑誌を読んでも、ネットを見ても、色々な情報がありすぎる時代だからこそだと思います。

そんなあなたに、出産への不安を少しでも取り除き、穏やかな気持ちになれるような対処法教えます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


出産まで不安で眠れないことを周りの人に話してみましょう!

初めての出産を控えて、出産の時の痛みを想像して不安になり眠れないことを1人で抱え込むのはやめましょう。
あなたの周りには出産経験者や病院の看護師さんなどいると思います。
その人達にあなたが今不安に思っていることを話してみてください。

1人で考えれば考えるほど、想像が悪い方に膨らんで不安が大きくなるだけです。
出産が近いからこそ体調を整えなければいけないのに、眠れないのでは疲れもとれないですし、体調を崩してしまうかもしれません。

どんなことでもよいですから、不安に思っていることを声にだして話してみましょう。
誰かに話すことで、気持ちも楽になると思います。
また、よいアドバイスなどをもらえるかもしれません。

できれば、御主人にも話してわかってもらうとよいと思いますが、御主人にとっても初めての経験になります。
話して聞いてくれればよいですが、聞いてくれなかったりして余計それがストレスになるのもよくないです。
ですから、友達の経験者や病院へ行って看護師さんに話してみたらよいと思います。

やはり、女同士であり、経験者である人に聞いてもらう方が親身になって話しを聞いてアドバイスをくれると思います。
今あなたの胸の中にあるモヤモヤした不安を吐き出してください。

出産が不安で眠れないのなら情報収集は最小限にしましょう!

今は出産に関する情報がどこにでもあります。
以前はそうでもなかったのですが、最近では出産専門誌、テレビ、ネットなどあらゆるところに溢れています。
そんな状況だからこそ、知らなくてもよい情報まで知ってしまうことになるのです。

きっとその情報の中には、良いものもありますが耳に入れておきたくないような悪いものもあります。
そんな情報を知ってしまったら、今不安で眠れないのに、ますます眠れなくなってしまうと思います。

初めての出産ですから、出産に関する情報を知っておきたいというのはあると思います。
しかし、その中にはあなたを不安にさせてしまうものもあると思います。
ですから、本当に必要な情報だけを収集するようにしましょう。
本当に必要な情報と言われても、初めてでわからないと思いますが、出産準備品や心得、出産に関する兆候など最小限の情報収集だけにしましょう。

特にネットは過大な情報がありすぎると思います。
ネットで検索すると、どうしても知らなくてよい情報まで知ることになってしまうと思います。
それがネットの怖いところです。
ネットをずっと続けると体にもよくないですから、どうしても情報を知りたいのなら、検索方法も出産準備品など詳しい言葉で検索するようにしてみてください。
そうすることで、本当にあなたに必要な情報だけを知ることができるでしょう。

出産に向け不安で眠れないなら紛らわす事をみつけてみましょう!

出産での痛みなど不安な事ばかり考えてしまうのは、考える時間があるからです。
考えるまではよいですが、それで不安になり眠れないのでは悪循環です。
それなら、考える時間を別の何かにあててみましょう。
もし考えてしまったとしても、不安を紛らわせられるような事をみつけておけばよいのです。

たとえば、マタニティヨガへ行ってみるとか母親学級へ行ってみる。
また、家にいるから色々な情報収集をしてしまったりするわけですから、外に出て散歩するなどでもよいと思います。
散歩であれば、気が紛れるし歩くことで出産準備にもなるので、一石二鳥になるのではないでしょうか。

マタニティヨガや母親学級などは、病院で開催しているものや各自治体で開催しているものなどあると思います。
参加することで、あなたと同じ出産を控えた人と話しも出来ますし、友達が出来かもしれません。また、参加者の中には出産経験者がいるかもしれませんので、アドバイスなど聞くことができるのではないでしょうか。

ヨガをすれば、体を動かす事でストレス解消にもなりますし、出産に向けての体作りが出来ることで、スムーズな出産を迎える事ができると思います。
ぜひ色々な方と交流をして、情報交換をしてください。
そうすることで、きっとあなたの不安も取り除かれていくでしょう。

不安な時は出産へのイメージトレーニングをしてみましょう!

初めての出産で不安な時は出産までの流れを確認してみましょう。
初めての事なので、どんな流れかわからないから尚更不安になるのだと思います。
なので、陣痛がきてから出産までをイメージトレーニングしてみたらよいでしょう。

陣痛がきたらどうするのか、痛みの間隔がどのくらいになったら病院へ連絡したらよいかなど、知らなかった知識
があるかもしれません。
子宮口がどのくらい開いたら出産が近いのか、陣痛が始まったときにどんな呼吸法をしたらよいのかなど、まだまだ色々とあると思います。
その時は、調べたり、先輩ママに聞いてみたりするのもよいでしょう。

また、陣痛が始まってから出産までの赤ちゃんの動きを確認するのもよいでしょう。
そうすることで、お腹の赤ちゃんも頑張っているんだということがわかると思います。

何もわからないから不安になるのだと思いますので、陣痛から出産までの流れを確認して、その過程でわからないことがあったら調べたり聞いたりしておいてください。

ある程度知識がある方が、陣痛や出産の時にパニックになり慌てることなどなく、落ち着いて対応できるのではないでしょうか。
落ち着いて対応することで、出産をスムーズに進める事ができるでしょう。

赤ちゃんを迎える準備をして、出産までの時間を過ごしましょう!

出産までもう少しです。
赤ちゃんを迎える準備をして出産まで待ちましょう。
色々と必要なものがあると思います。
産まれた赤ちゃんに着せる産着や洋服だったり、家に帰ってからは、ベッドやオムツなども必要です。

これから産まれてくる赤ちゃんのものを準備していると、気持ちも紛れ、不安な気持ちが楽しみに変わってくると思います。
そうすることで、段々と気持ちも落ち着いて、ゆっくり眠れるようになってくるのではないでしょうか。

名前を考えるのもよいでしょう。
実際、出産してから出生届を出すまでは、時間があるようでかなり忙しいと思います。
本を読んで、画数を見てもらったりして、気に入った名前をつけてあげてください。

出産して赤ちゃんと触れ合う事を想像してもよいでしょう。
初めての育児は楽しいことがばかりではなく、大変な事、不安な事があると思いますが、出産を乗り越えたあなたなら頑張れます。

出産は、女性しか経験できない、また一生涯で経験できるかどうかわからないものです。
そんな素晴らしい経験をあなたは出来るのです。
出産の時は1人じゃありません。
赤ちゃんもあなたと一緒に頑張っています。
あなたに逢うために。
あなたも赤ちゃんに逢ったときの喜びをイメージして、落ち着いて出産に望んでください。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ