妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

給料が安い旦那と結婚した!妻として家計を支える方法とは

      2017/09/06

給料が安い旦那と結婚した!妻として家計を支える方法とは

給料が安い旦那と結婚した時に思うことは、これからしっかりと生活していけるのか不安い思ってしまいます。

しかし給料が安いのは仕方がないですし、ある分でやり繰りするのが妻の役割でもあるので、自分がしっかりと家計を守っていかなければなりません。

そこで給料が安い旦那と結婚した時に、家計を守るためにできることを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の会社へ連絡したい!電話のかけ方で注意するべき点

旦那の会社へ電話をかける時には、何か失礼があったら...

幼稚園で習い事をさせたい!早退させる時に気をつける事とは

子供には早くからいろいろなことを習わせた方が、飲み...

子供がチャイルドシートを嫌がる時にできる対処法

子供を連れて車で移動する時には、チャイルドシートを...

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供...

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少な...

子供のための朝ごはんでおにぎりを作るのがおすすめな理由

子供の朝ごはんは毎日作らなければなりませんが、自分...

障害者が子供を産む時。その障害は子供に遺伝するのかどうか

知的障害者は親や兄弟など家系で多く見られる場合があ...

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として...

妊娠糖尿病の検査前に気を付けたい!血糖値を下げる食事とは

妊娠糖尿病になる妊婦さんは約10分の1と、近年増加...

高温期14日目に出血!その色が茶色の時に考えられるのはコレ

女性にとって生理周期は、体調やその他の変化を知るた...

夫に子供欲しがる心理になってもらうための秘策を教えます!

近年は、結婚したがらない男性、結婚しても子供を欲し...

5ヶ月で体重が6キロ?コツを覚えて育児の負担を軽減しよう!

生後5ヶ月と言うと、早い子だと寝返りが出来るように...

1歳7ヶ月の体重ってどれぐらい?重いと思う人必見です!

1歳7ヶ月と言うと外や水遊びが大好きで、そのエネル...

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配...

離乳食後のミルク いつから減らしてあげないようにするか解説

生後半年ほどになると、それまで栄養の全てを母乳やミ...

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場...

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り...

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出てい...

我が子の発達に遅れがある時の対策と保育園の選び方をご紹介

自分の子供がもしかしたら発達に遅れがあると感じた時...

赤ちゃんの呼吸が乱れて不安!原因と対処、病院へ行くタイミング

”呼吸”は生きる上でとても重要な行為。大人でも...

スポンサーリンク



給料が安い旦那と結婚したら思いきって節約生活を楽しむ

これからの結婚生活を楽しむ時に、お金があった方が楽に生活できるのでいいとは思います。

しかしお金があることと幸せな結婚生活とは結び付かないので、給料が安い旦那との結婚生活も楽しむことはできます。

男性にとっての経済力は魅力のひとつですが、必ずしも幸せな結婚生活とは結び付きません。

そのため給料の安い旦那と一緒になったのであれば、節約生活を余儀なくされてしまします。

何とか家計をやり繰りするために節約をしますが、常にお金がないと思いながら節約しても卑屈になってしまいます。

この方法ならばどれだけ節約できたなど、節約すること自体を楽しむようにすれば、結婚生活も楽しくなっていくものです。

旦那もできれば給料を上げたいと思っていますが、給料が上がりにくい時代なので難しいでしょう。

ならば思いきり節約生活を楽しむようにして、ポジティブに考えることで幸せな結婚生活を送ることができるはずです。

旦那の給料が安いのを知って結婚しているので自分も働いて稼ぐ

旦那の給料が安いと知って結婚したのであれば、自分も働いて共働きで頑張ればいいだけです。

昔と違って専業主婦の家庭も少なくなっているので、共働きをすることは当たり前になりつつあります。

給料が上がりにくい社会になっているので、2人で働けば経済的にも安心することができるでしょう。

子供がいれば手が掛かる時は仕事はできませんが、保育園に入れて働くことで家計の足しにすることもできます。

給料が安いので妻も働くことを前提に結婚しているはずですし、女性も就きたい仕事に就ける時代なので、自分がやりたい仕事を楽しむこともできます。

生活費を稼ぐというよりはやりたい仕事をやって、結果的に給料をもらうという考えの方が、仕事もプライベードも充実させることができます。

旦那の給料の多さに関わらず共働きをすることがスタンダードになりつつあるので、自分のやりたい仕事を探して就きましょう。

結婚してから給料が安いことを知った時には財テクを駆使する

給料は上がりにくい時代になってきたことで、副業や財テクを駆使して何とか家計をやりくりしている人もたくさんいます。

旦那の給料が安いのは仕方がないですし、それでも結婚生活を何とかやり繰りしなければなりません。

もちろん自分も働きますが、子供ができたり大きなイベントがあると、急にまとまったお金も必要になるので不安もあります。

そんな時には給料以外の所から収入を得ることができれば、かなり家計も助かります。

ネットを使った財テク方法や副業はいろいろありますし、昔から金券を使ってお得に買い物をするなどの方法もあります。

給料が安いので使えるお金も限られていますが、だからこそ効率よく効果的にお金を使うことを考えなければなりません。

たった10円安くなったとしても、1年単位で考えれば大きな金額となりますし、いろいろな財テクを駆使することで月の雑費も減らせます。

普段から節約を意識しながら財テクを駆使して、家計のやりくり名人を目指しましょう。

家計において無駄をなくせば苦労することは少ない

給料が安い旦那と結婚したからといって、特別に節約しなければいけないということではありません。

給料が高くても使い方によってはお金は足りなくなるので、身の丈に合った生活をすればいいだけです。

誰でも欲しい物があれば何でも買いたくなりますが、欲しい物を何でも買えばお金はいくらあっても足りません。

お金があるほどありがたみを忘れてしまったりするので、無駄なことにお金を使ってしまいます。

給料の金額に限らず無駄なお金を使わない意識を持つことで、家計をやり繰りすることができます。

給料が安ければ無駄なお金を使うこともできませんが、初めから無駄なお金を使わないように意識すれば、それほど苦労することはありません。

必要なことに必要なだけお金を使えばいいので、無駄なお金を使わないように意識することは大切です。

お金はいくらあっても困る物ではありませんが、無駄に使うのであれば初めからお金の使い方を意識することで、苦労することもなくなるはずです。

貯金体質になれば給料の安さをカバーすることはできる

人によってお金の価値観は違いますが、万が一のために常にお金を残しておきたいという人もいるでしょう。

給料が安い旦那と結婚したことによって、自分も働きながら家計を支えることになりますが、無駄なお金を使わなければ苦労も少ないでしょう。

人によってお金の価値観が違いますが、お金がなくても堅実に少しでもお金を貯めようとする人もいれば、あるだけ使ってしまう人もいます。

お金をすぐに使ってしまう人は、いくら給料が高くてもお金に苦労する生活を送るようになります。

貯金体質になれば身の丈に合った生活ができますし、お金を貯められるので困ることもなくなります。

給料は高い方がいいですが、貯金体質でなければいくら稼いでも同じなので、安い給料でも堅実に生活することを意識しましょう。

旦那は給料が安くても健康でいてくれることが幸せなので、給料が少なければ貯金体質になってカバーしましょう。

  関連記事はこちら

 - 旦那へのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82