妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

旦那は息子でも可愛がる?母性と父性の芽生え

      2017/10/05

旦那は息子でも可愛がる?母性と父性の芽生え

よくお母さんは息子を可愛がり、お父さんは娘を可愛がるといいます。それぞれ顔や性格も似ると言いますよね。とはいっても自分の子供は性別がどちらであれ可愛がるのは当然です。

中には子供は女の子がいいと強く望む旦那さんもいます。しかし性別は運であり、男の子ならじゃあいらないなんて許されません。

女の子を欲しがっていた旦那に息子が誕生した場合、しっかりと愛情は芽生えてくれるのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


旦那が息子を可愛がるのはいつから?

待ちに待った可愛い我が子の誕生、なのに旦那の反応が思ったより薄いような?出産で泣くほど感動する男性もいれば、思ったよりもドライな反応の男性もいます。当然この反応が愛情の重さなんてことはありませんが、命をかけて産んだ女性からするとちょっと気になる事もかもしれません。

女性は自分の身体の中で我が子と共に長い時間を過ごしています。ぽこぽこと足で蹴るのを感じたり、日に日に大きくなる様子をエコー写真で見ていくうちに自然と母性が芽生えるのです。

一方で男性は妻が妊娠しても自分の身体には一切変化が起きませんよね。家の中に赤ちゃん用品が増えていったり周りからお祝いされたり、そうした環境の変化で「父親になるんだ」という気持ちが芽生え始めるのです。

しかし実際に赤ちゃんと対面してみるも、産まれたばかりの状態では触れるのに緊張していることもありまだまだぎこちない状態。お風呂に入れてあげたりおむつを替えてあげたり、我が子と少しずつ触れ合うことで父性が芽生えてくるというのもよくあることです。

旦那に息子を可愛がる素振りがない・・・一体何を考えてる?

しかし3人で暮らすようになっても一向に旦那から可愛がる様子がないと不安になりますよね。本当はやっぱり息子よりも娘のほうが嬉しかった?もしかして子供が嫌い?これから始まる長い育児を考えると、旦那の手助けは必要不可欠です。

一般的に、女性は出産間近から出産後しばらくは家にいることになり、旦那さんが働きにでます。そうなると自分は赤ちゃんと24時間一緒にいる反面、旦那が一緒にいられるのは一日のうちたった数時間です。さらに生まれたばかりだと一人で動くこともできませんし、話すこともできませんよね。

泣くか寝るかミルクを飲んでいるか、あまりスキンシップを取れないことで息子との接し方がいまいちわかっていない可能性もあります。もともと子供好きでなければ小さな子供と関わる機会もほとんどありませんし、慣れていなくても当然です。

息子は可愛がるものではない?旦那の家庭環境を聞いてみる

ある程度息子が成長してくると、休日の公園で父親と息子がキャッチボールをして遊んでいたり、サッカーをしたり楽しんでいる親子が目につくようになります。うちの旦那はちゃんと息子を可愛がっているのだろうか・・・よその親子と比べてしまうこともあるでしょう。しかし自分が親になった時の言動というのは、自身の幼少期と深く関わっていることがあります。

厳しい亭主関白の家庭で育てばそれが普通だと思いますし、小さいうちから男には厳しい家庭で育てばその子育てが正しいと思うはずです。男でも女でも子供は可愛いものの、やはり息子には男らしく強く育ってほしいと願う父親はたくさんいます。

小さいうちから厳しく育て立派な大人になってほしいという思いが、あなたの目には冷たい父親として映ることもあるでしょう。一度旦那がどんな環境で育ってきたのか、息子にどんな風に育ってほしいかなど話し合ってみることをおすすめします。

息子と旦那の距離を縮めていくためにできること

仕事が忙しかったり生活リズムのずれから、あまり息子とふれあえないまま何年も過ぎてしまうことだってあります。父親として息子のことは可愛がっていても、息子が同じように父親への愛情と信頼をもっているかは正直わかりません。いつも一緒にいるあなたには絶大な信頼を寄せていますが、父親でも息子にとっては「たまに見る人」程度に認識されているかもしれないのです。

これは父親にとっては相当ショックな事実ですが、夫婦の努力で改善することができます。それは一番に息子との触れ合いの時間を増やすことです。

抱っこすると泣く、ミルクを飲んでくれないなど拒絶されているようでへこむかもしれませんが、めげずに何度もチャレンジすること。どうしてもだめならせめてなるべく傍にいるようにすること。自分の傍にはこの二人がいると認識させ、まず親近感を持たせるようにします。

外で遊べるようになったら、旦那と息子の二人で出掛ける時間を作ってみるのもおすすめです。ベビーカーに乗せて散歩する、ただそれだけでも二人にとってはとても有意義な時間になります。

小さいと思って侮るなかれ!息子は二人を見て育つ

親子関係を良好に保つためには、親と子の関わり合いを大切にするだけでなく、夫婦の関係も大切にする必要があります。たとえ自分が怒られているわけでなくでも、声を荒げて怒鳴っていたり泣いていたりする様子は不安な気持ちを掻き立てます。

夫婦喧嘩をしていると赤ちゃんが泣きだしたり、不穏な空気の時に限って子供が起きてきたり、たとえ話の内容はわからなくても二人の間の空気がおかしいということはすぐにわかります。

子供にとっても母親の愛も父親の愛も欠かすことはできません。すべてを包み込んでくれるような親からの愛情は子供にとって一番の喜びです。育児を手伝ってくれない旦那なんて知らないと、自分一人で父親の代わりも務めるのは大変です。

幼少期の家庭環境は将来に大きく影響します。愛する息子がすくすくと健康に育ってくれるように、夫婦で今一度育児に対して向き合う時間を作りましょう。

  関連記事はこちら

 - 旦那へのお悩み

ページ
上部へ