妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

もっと食べて!妊娠中に母が作るごちそうを我慢できずに食べていたら

   

もっと食べて!妊娠中に母が作るごちそうを我慢できずに食べていたら


37歳/専業主婦

35歳の時に晴れて妊娠する事ができました。7週目に妊娠が発覚して地元で有名な産婦人科に通いましたが、先生には高齢出産になるから妊娠中の生活など重々気をつけるようにという事と体重管理をしっかりとするようにと言われました。

しかし、正直出産までの妊婦生活に対してはその時点では舐めていました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


妊娠してからも安定した日々のつもりが

仕事も自由業でフリーのイラストレーターで元々家で仕事をしていたので、妊娠がわかってからも同じように家にこもっての作業で安定した日々のつもりでした。

食事もいつも通り好きな物を食べて、実母からは栄養をしっかり摂るようにと私の大好きな煮物やうどんやスパゲティを作りに家に来てくれましたが、おかげで1ヶ月で2キロ以上太り毎月の定期健診で先生に激怒されてしまいました。

食事も炭水化物はあまりたべないようにと言われて、間食はもちろんジュースなどの飲料も気をつけるようにという事で、食生活に対してかなり制限がかかってしまいました。

母が作る豪勢なごちそうを我慢できず

ですが、妊娠中は面倒をみるからとしょっちゅう家に来てくれた母。

「自分の時は妊娠中に18キロも太ったけどちゃんと出産もできたし、栄養も2人分とらないといけないからとにかくしっかり食べないといけない」と言われ、豪勢なごちそうばかり作ってくれました。

空腹に耐えれなかった私はついつい食事制限をしないといけないのをわかりつつも好きなだけ食べてしまいました。

更に定期健診で先生に再び怒られて、昔の考え方と今の考え方は違うから、栄養は1人分で充分であるから無駄な栄養はとらないようにとキツく言われました。

なんなら実母の食事を作りに来てくれる事も断りなさい、自分の家庭なんだから自分の事は自分でやるべきだと注意されましたが、母は「先生の考えが気にくわないといい、なんなら産婦人科を変えるべきだ」と怒って直接産婦人科に電話までかけて抗議をしました。

「産婦人科を変えたいならどうぞ変えて下さい、ただこのままだと出産までに体重が20キロも30キロも太ってしまい産道が肉厚で狭くなって難産になり帝王切開になる確率が高くなりますがそれでも食事を食べさせたいならそうして下さい」と言われて、さすがに母は何も返す事がなくなったそうです。

自分できちんと体重管理をした結果

それから自分で、体重管理の為に低カロリーのものを積極的に食べて、白飯も茶碗に軽く一杯だけでおかずだけしっかり食べて、間食も飴を舐めて過ごしました。

かなりしんどい体重制限でしたが出産までに8キロ増えただけで済みました。

何も食べれなくて辛い日はかなりありましたが、おかげで安産でスムーズな出産になり元気な子供が産まれてくれました。

また2人目が出来たら妊娠生活は大変だなと思いますが可愛い我が子の為であれば頑張れる事だと思います。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中の体験談

ページ
上部へ