ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

二人暮らしの生活費は?食費4万円の食事内容と節約について

2017.10.29

二人暮らしで生活するとなれば、いろいろと節約をして貯金をしたいと思います。

生活費が多ければ楽な生活ができますが、食費4万円は世間と比べてどれくらいの水準なのか気になります。

生活するには十分な金額ですが、できるだけ節約して生活をしたいと思うので、食費4万円での食事内容と節約について紹介したいと思います。


二人暮らしで食費が4万円なら全国的にも平均値に近い

二人暮らしで食費が4万円であれば、全国平均と同じ水準の食費となります。

全国平均となれば人口が多く物価が高い東京や地方で人口が少ない地域も併せているので、比較的高い水準となっています。

一般的に考えると1日平均1000円として食費を考える家庭が多く、それ以外に昼食や外食をした時の金額を足して計算しているようです。

また人によっては仕事中の昼食代は、食費には入れていない人も多いようです。

共働きをして二人とも昼食を外食にしていれば、1日500円使ったとしても二人で2万円は使うことになります。

それ以外に朝食、夕食、たまの外食を足してしまうと、とても食費4万円では足りません。

頑張って自炊をしたり、弁当を持参して食費を減らそうと頑張っている家庭もあるので、自分たちが食費をどのように捉えるかによって変わってきます。

食費4万円のうち二人暮らしだと外食や酒代が別になる

毎月の食費を二人暮らしで4万円に抑えていれば、かなり優秀だといえます。

しかし食費を仕事中の昼食代などを引いていれば、少し多いといえるのかもしれません。

また二人暮らしでも家庭によってはお酒を飲みますが、毎日お酒を飲む家庭であれば、食費から酒代を出すか、別に酒代として考えるかによっても変わってきます。

二人暮らしで両方ともお酒を飲む家庭であれば、酒代は食費とは別と考えているケースが多いようです。

しかし食費の中につまみ代を入れているので、食費を節約することもしっかり考えています。

二人で両方がお酒を飲んだり仕事中の食事が外食だと、とっても食費4万円では収まりきらないでしょう。

頑張って節約するとすれば、1ヶ月1万円で夕食を作るなど、工夫をすることで食費を抑えることができるかもしれません。

共働きやパートなどの働き方によっても、両氏に対する節約度が変わってくるので、外食や酒代を別枠として考えることもあります。

二人暮らしで食費を4万円以内に抑えることは十分可能

二人暮らしで食費を4万円以内に抑えることは、お互いが意識すればできることです。

それなりに節約を意識していれば、食費にお金を掛けないで生活することもできるでしょう。

仕事中の昼食を節約するために弁当を持参したり、夕食は節約料理を意識して作ることによって、食費を安くすることはできます。

お酒を飲む頻度を少なくしたり、お酒を全く飲まないカップルであれば、酒代も掛からないので節約できます。

毎日自炊をして節約料理を心掛けていれば、二人暮らしでも十分4万円以内に食費を抑えることはできます。

節約した分を月に1度は外食をして贅沢するなど、自分たちで食事のルールを作ることによって、楽しく節約することができるでしょう。

食べたい物を毎日食べようとしたり、その日に食べたい料理を作ろうと買い物をしていれば、いつまで経っても食費を節約することはできません。

一定のルールと節約意識を持つことによって、二人暮らしでも十分食費4万円で生活できます。

外食や昼食の金額によっては食費はもっとかかる

食費に関しては家で食べる食事を4万円で抑える考え方で、外食は抜きで食費を考えるケースもあります。

外食に行けば二人だと1万円はかかってしまうことも多いので、すぐに食費オーバーをしてしまうでしょう。

月に1度は外食して贅沢をしようと思えば、食費とは別に外食費を考える家庭もあります。

二人暮らしで楽しく生活するには、食費4万円でも十分生活することはできます。

しかし毎日節約料理ばかりでは飽きてしまいますし、頑張って働いているので、食べたい物をたまには食べるのもいいはずです。

月に1度は外食をするなど二人だけのマイルールがあれば、食費とは別に外食を楽しんでもいいでしょう。

食費は頑張れば4万円以内に抑えることができるので、無理なく節約しながら料理を食べるためには、少し余裕があった方がいいです。

外食や昼食のお金は食費以外のお金として考えることもできるので、自分たちが納得できる食費で生活することが大切です。

食費すべてをトータルで考えると4万円では厳しい

毎月の食費を二人暮らしで4万円で抑えようと思ったら、かなり厳しい節約料理となります。

二人の働く環境によっても変わってきますし、酒をたしなむかどうかでも大きく違ってきます。

昼食は二人とも弁当を買っていれば、食費4万円で抑えるのは厳しいでしょう。

昼食はあくまでも自分のお小遣いから出したり、食費とは別枠で考えることが必要です。

食費以外にも仕事中の昼食代、酒代、外食費などが掛かる場合もあるので、トータルで考えると4万円では厳しいです。

自分たちの食費でどこまでやるかによって、生活スタイルも大きく変わってくるでしょう。

あまり節約のために食べ物をケチってしまうと、栄養過多や栄養不足になってしっかり働くこともできません。

食費4万円は家での食事代と考えることで、他の出費は別会計にすることがおすすめです。

節約しようと思うなら別会計にして、それぞれを節約して使わないようにすればいいので、食事はしっかりと食べるように意識しましょう。

 - お金のお悩み