妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

これで妊娠!クリニックも行かず費用もかけずに妊娠した私が実践したこと

   

これで妊娠!クリニックも行かず費用もかけずに妊娠した私が実践したこと


29歳/パート

最初の頃はあまり気にしてはいなかったのですが、主人と結婚して二年弱、そろそろ子どもが欲しいなと考えてはいました。

けれども、俗にいう不妊治療というようなクリニックに行って治療というのも、きくところによるとウン百万単位で費用がかかったりする人もいるときいていたりもしていたので、金銭的にもそうですし、なんとなく気が引けて婦人科とかもあまり行きませんでした。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

公務員は産休で手当がもらえる?優遇される公務員の実態とは

公務員が産休を申請する時は、手当てについてはどのよ...

5人家族の生活費が50万円を超える?家計を見直すべきポイント

家族3世代5人家族で生活をしている家族にとって、生...

排卵期の症状《胸の痛み》は正常?そのメカニズムと緩和術!

女性ならば、”胸の違和感””胸の痛み”等を感じると...

赤ちゃんもお風呂に入る?1ヶ月目のお風呂で注意する点について

生後1ヶ月前後になると、病院から「1ヶ月検診」を受...

諦めないで!障害者でも結婚や出産している人はいます!

障害者だから結婚して出産してというのは高望みであり、実現化し...

胃腸炎だけじゃない?子供の嘔吐のみの症状について解説

下痢や嘔吐や吐き気、腹痛などが主な症状である胃腸炎...

生理予定日に少量出血があり、すぐに止まるのは妊娠の可能性有り

生理予定日に出血があると、妊活中の人はがっかりしま...

安定期である妊娠中期に出血が続く!その原因と対処法

妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週までを指す...

前駆陣痛が痛い!眠れない!そんなときの対処法をご紹介します

体験して初めてわかる、出産の痛み。本陣痛の前に...

排卵注射で体温上がらない?注射と基礎体温と不妊治療の関係

不妊治療をしている方の中には排卵誘発剤を注射して、...

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常...

排卵日なのに基礎体温が下がらない時!排卵の有無の確認方法

妊活中の女性にとって、排卵日を確認のために、基礎体...

赤ちゃんは動画で英語を覚える?オススメの英語教育をご紹介

赤ちゃんに動画で英語を学ばせるやり方を取っているマ...

3ヶ月の赤ちゃんが体重増加しないのは完母の限界かもしれません

3ヶ月の赤ちゃんの体重増加はすさまじく、平均で生ま...

3ヶ月の赤ちゃんが咳き込む原因と対処方法!病院受診の目安も

3ヶ月の赤ちゃんと言えば、ママからの免疫があるため「病気...

3ヶ月以下の赤ちゃんが咳き込む!その原因と対処法!

お腹の中で守られながら少しずつ大きくなって、ようやく外の世界...

仮病で学校を休む理由と、そんな子供への対処法!

朝になると起きられないとか、頭が痛い、お腹が痛いなどと言って...

子宮のあたりがちくちく痛い。排卵後の下腹部痛について解説

排卵後の子宮の痛み。もしもあなたが今妊娠を望んでいるのであれ...

赤ちゃんが動画を見て笑う!赤ちゃんウケする動画について解説

赤ちゃんの笑う声って、本当に癒されますよね。ついこ...

陣痛の促進剤 ― 経産婦だからこそ知っておきたい促進剤のこと

陣痛促進剤について、どんなイメージを持っていますか...

スポンサーリンク


最初は検診のついでに先生に相談

最初は、子宮頸がん検診をしに行ったときに、先生に相談し、ついでといってはなんですが、hCG注射というものを試してみました。

hCGとは「human chorionic gonadotropin」、日本語では「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンの1種で、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌を促すという注射です。

また、プロゲステロンの分泌をサポートする他にも、排卵を促進する効果もあります。この注射後、36時間以内に排卵をさせて、タイミング法による妊娠を目指すというものです。

保険が適用されたので、大体費用は3000円くらいでした。

個人差はあると思いますが、私は注射を打った後、軽くつわりのような副作用がでました。けれどその時普通に生理がきてしまいは妊娠しませんでした。

その日をきっかけになんとなくでしたが、妊活を意識しはじめました。

不調続きな自分の身体の体質改善

クリニックなどにはあまり行きたくなかったし、hCG注射もあまり私には合わないようだし、費用もあまりかけないようにしたいし、と考えたところ、不調続きなこの体の体質改善からしてみようと思いました。

自分の生活を自己分析すると、私の立ち仕事で、元々、常に手足が冷えて、疲れやすく、吹き出物が出やすい体質でした。まずはそこから改善を目指そう。

すぐに取り組めるのは、日々の食生活の見直し。妊娠しやすい食品を調べ、鮭や、アボカドなどを取り入れたりしていき、いろいろ調べていくうちに結局は何でもバランスよくとるのが一番だということにもたどり着きました。

半身浴をしたり、睡眠もなるべく多くとって疲れをためないようにする。基本的ですが、毎日の事となると根気もいるし結構大変でした。

それから漢方も試してみました。たまたま薬局で目についたのですが、サプリメントを飲むよりも漢方は昔からあるしいいかもしれないと思い、はじめてみました。

漢方を飲み始めて3ヶ月でついに

私が飲んだのは「当帰芍薬散」でした。飲み始めて1ヶ月しないうちになんだか全身がポカポカして、次第に手足の冷えがなくなってきました。

コスパもそれほどかからなかったので、これなら続けられそうだと思い続けること3か月。

いつもより食欲ないなーと感じ、風邪ではなさそうだしと、生理もいつもより遅れてるなと感じ妊娠検査薬でチェックしてみました。

そうするとくっきりと陽性反応が!つわりは結構きつかったけれど吐きながらもごはんを食べ続け、今年2月無事出産しました。

クリニックでの不妊治療を考える前にまずは自分で色々試してみるのは、私の場合、自分の体を知る上でもとても意味あるものになりました。

  関連記事はこちら

 - 妊活中の体験談

ページ
上部へ