妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

基礎体温でみる高温期の生理や生理後も続く高温に注意!

   

基礎体温でみる高温期の生理や生理後も続く高温に注意!

平均的な生理は、生理開始から約2週間低温期が続き、排卵がきます。

排卵期のあとに高温期が約2週間続きます。

そして低温期にもどり次の生理がはじまります。

ところが生理後の高温期に生理がきたという声を聞きます。

また、排卵期の後に高温期が続くと妊娠していますが、妊娠の心当たりがないにもかかわらず排卵期後も高温期が続いていると心配される方もいます。

では基礎体温でわかる身体の変化についてみていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


基礎体温でわかる排卵のタイミング! 生理後に高温期が続けば妊娠の可能性!

生理周期からみると基礎体温は低温期になるはずなのに、高温期が続いている。

それは妊娠していると考えられます。

妊娠すると女性ホルモンのひとつ、黄体ホルモンの分泌量が増えてきます。

黄体ホルモンは子宮内膜を整え受精卵を着床しやすくするとともに、体温を上げる働きもあります。

ですから高温期が続いている場合は妊娠しているとみられます。

生理周期というのは卵巣で卵胞が育つ「卵胞期」、卵胞から卵子は排出される「排卵期」、子宮内膜が整う「黄体期」、生理の「月経期」の4期に分けられます。

月経期つまり生理は黄体期に受精卵が着床せず、子宮内膜が剥がれることではじまります。

そして卵胞期に入るサイクルを繰り返します。

普段から基礎体温を測っていると、卵胞期の低温、黄体期に高温になるなど生理周期に合わせた体温の変化がわかります。

そして低温期から高温期に移るときの排卵期が予測しやすくなります。

生理後の基礎体温は高温期! なのに生理がきた理由はこれ!

生理は高温期に受精卵が着床せず、子宮内膜が剥がれ落ちることです。

体温も低温期へ移ります。

ですから高温期が続いているところに生理はきません。

なのに生理がきた場合、考えられるのは妊娠です。

妊娠すると生理は止まり、体温は高温期にあります。

生理だと思われるものは着床出血だと考えられます。

着床出血は受精卵が子宮内に着床するとき、絨毛が子宮の壁を傷つけることがあり、そのとき少し出血します。

この不正出血を生理と間違えてしまうようです。

着床出血は誰にでもあるのではありません。

だいたい50人に1人ぐらいといわれています。

着床出血の量や色は個人差がありますが、生理とよく似ている場合があります。

基礎体温が高温期であれば妊娠とみた方がいいでしょう。

また、黄体ホルモンが過剰分泌する黄体依存症の場合も、おりものがでることがあります。

ほかには、受精卵が着床しても成長しない化学流産の可能性もあります。

流産後に生理がありますが体温は高いままなので、高温期に生理がくる状態になります。

生理後の基礎体温は高温期! なのに体温が下がることがある!?

基礎体温が高温期に入ってから7日〜10日目に1日体温が下がってしまうことがあります。

これは「インプラーテンションディップ」といって、受精卵が子宮に着床するとホルモンのバランスが変化して起こることだといわれています。

アメリカでは妊娠の兆候とみられる現象のひとつとしています。

高温期に体温が下がると妊娠していないのではと不安になりますが、翌日から再び体温は上昇してきます。

インプラーテンションディップがみられるのは妊娠している女性だけではありません。

妊娠している人でみられるのは約20%です。

妊娠していない人でも約10%で現象が現れるようなので、妊娠しているときに限られたことではありません。

また、ストレスなどによる体調不良でも同じように体温が下がることがあります。

暴飲暴食や夜ふかしなど生活の乱れからも一時的に体温が下がることもあるようです。

基礎体温は正しく測ることが大切

基礎体温を測ることで排卵のおおよそのタイミングを知ることができます。

妊娠を望んでおられる女性には大切な記録です。

基礎体温は毎日測定した体温のデータから小さな変化を読み取るので、正しく測ることが大切になります。

基礎体温は身体が休んでいる状態の体温を必要とします。

起き上がったり、少し動いただけで体温は変わってしまうので、朝目覚めて起き上がる前、つまり布団の中でできるだけ身体を動かさずにして測ります。

寝るとき体温計を枕元に置いておけばいいでしょう。

また、毎日同じ時間に測ることが大切です。

もし二度寝してしまっても、一度目に目覚めたとき起き上がっていなければ測っても大丈夫です。

体温計は一般的なものではなく、小数点以下2桁まで測れる婦人用を用います。

これは低温期と高温期の温度差が0.5度前後なので専用の体温計でないと正確に記録できないからです。

体温計を測るところは舌の裏です。

舌の上だと僅かな誤差が出てしまいます。

舌の裏にある筋の根元につけて測るといいでしょう。

基礎体温をつけるには気楽に考えることも大切

基礎体温をつけることで身体のリズムが分かります。

リズムの変化から妊娠など身体のいろんなことを知ることができます。

身体に異変を感じたときなど、基礎体温のデータがれば婦人科の相談に活用でき、症状改善につながります。

基礎体温は個人によって違うので、自分の低温期、排卵期、高温期の各体温を測り、特徴を掴みます。

身体のリズムが分かってくるのに3周期ぐらいのデータが必要です。

毎日体温を測るのは難しいかもしれません。

測り忘れたりしてしまうと記録する意味がないと諦めてしまいがちになります。

毎日測ることにストレスを感じてしまう人もいます。

毎朝必ず測らなければいけないと考えないでください。

測ることができなかったり 、何日か測り忘れてしまっても大丈夫です。

測りはじめることが大切です。

そのうち慣れてきて、問題なく毎日できるようになります。

諦めずに継続することが重要です。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ