妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

基礎体温と排卵日のズレとは?妊活する時に知っておきたいこと

      2017/08/22

基礎体温と排卵日のズレとは?妊活する時に知っておきたいこと

妊活をする人は基礎体温を毎日計ることによって排卵日がいつくるか分かるので、妊娠しやすい環境を作ることができます。

排卵日が分かればピンポイントで妊娠させる確率も高まりますが、何らかの要因によって排卵日がズレてしまうこともあります。

そこで妊活をする時に基礎体温と排卵日のズレについて知っておきたいことを紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



基礎体温と排卵日のズレは基礎知識をしっかり把握することが大切

妊活をする女性にとって基礎体温を毎日計ることは大切なことで、排卵日がいつなのかを知ることができます。

排卵日をすることによって妊娠しやすい環境を作ることができますが、健康な女性でも排卵日はズレてしまうこともあります。

基本的には体温が一番低い時に排卵日となり、体温が高くなると排卵したことになります。

そのため体温が高くなった時に授精することによって、妊娠しやすくすることができるのです。

しかし基礎体温を毎日計っているのに、今月は2日ほど早かったと知ることができます。

健康的な人でも2日ほど排卵日がズレることもありますが、排卵日がズレる要因としてはストレスやホルモンバランスの乱れが多いです。

そのため生理不順に陥っていたりするので、排卵日も必然的にズレてしまうのです。

排卵日をズラさないためにも基礎体温をしっかりと計って、健康的な生活を送るようにしましょう。

基礎体温と排卵日にズレが生じた時はホルモンバランスを整える

基礎体温を毎日計っている人でも、月によっては排卵日がズレてしまうこともあります。

多少のズレが生じることはよくありますが、あまりにも排卵日がズレてしまうようならば、生活習慣やホルモンバランスの乱れを意識することが必要です。

特に女性にとってホルモンバランスの乱れは体に大きな影響を与えるので、女性ホルモンの乱れを整えることは大切です。

ホルモンバランスが乱れると生理不順に陥ることもあるので、排卵日のズレにも影響します。

排卵日がズレることによって妊娠リスクが高まってしまうこともありますが、ホルモンバランスの乱れている状態では正常な妊娠をすることは難しいと言えます。

そのため排卵日がズレている状態では妊娠しにくいですし、妊娠したとしても流産をする可能性もあるので注意が必要です。

どちらにしてもホルモンバランスの乱れは体に悪影響しか与えないので、普段からしっかりとホルモンバランスを整えるように意識しましょう。

基礎体温で排卵日のズレが分かれば妊娠しやすい環境を作れる

妊活をする人にとって基礎体温を計ることは大切なことで、排卵日がズレたとしても妊娠しやすい環境を作ることができます。

理由としては排卵日は少しズレることはよくあることですが、毎月基礎体温を計っていれば、ある程度の排卵日を予測することができるからです。

排卵日に合せて妊活をしていれば、排卵日になった時には着床しやすい環境を作ることができます。

一般的に精子の寿命は3日ほどですが、卵子は1日しかありません。

そのため排卵日に妊活をしても卵子の寿命が尽きてしまう可能性があります。

そのため排卵日のズレを予想することができれば、3日前後に妊活をしていれば、静止の寿命があるうちに卵子に着床しやるくなります。

基礎体温を計ることで確実な排卵日を知ることができなくても、妊活には大いに役に立ちます。

排卵日の多少のズレは仕方がありませんが、規則正しい生活を送って排卵日がズレないように意識することは大切です。

排卵日がズレる要因を知ることで改善することができる

基礎体温をしっかり計っていると、排卵日がズレることを知ることができますが、妊活する人にとっては大きな問題となります。

基本的には生活リズムが安定していれば排卵日もズレることもありませんが、健康的な女性で生理周期が整っている時でも排卵日がズレることはあります。

そのため排卵日がズレても気にしない人も多いですが、妊活をする時には問題となるので意識する必要があります。

排卵日がズレる要因としては生活習慣やストレスによるものが大きいので、もしも排卵日がズレるようならば見直す必要があります。

ストレスによる排卵日のズレは多いですが、ダイエットや肥満によって排卵日がズレることもあります。

またストレスに影響されますが女性ホルモンの乱れによって、生理周期も乱れたり排卵日がズレるケースも多いです。

排卵日がズレることで妊娠に対するリスクも高まるので、早く改善してズレを治すようにしましょう。

排卵日がズレると出産にも大きなリスクとなる恐れがある

基礎体温を毎日計っていれば、毎月の排卵日をある程度知ることができます。

また排卵日を知ることができれば多少のズレが生じるのも仕方がないので、ズレを意識しながら妊活をすることができます。

基礎体温を毎日計っていれば妊娠しやすい日を知ることができるので、妊活には大いに役立つ情報と言えます。

また大切なことは排卵日がズレることは健康な女性でもよくあることですが、あまりにもズレが生じるようならば正さなければなりません。

排卵日がズレる要因として考えられるのがストレスやホルモンバランスの乱れですが、どちらも妊娠にはリスクが大きくなってしまいます。

体に悪影響を与えている状態では妊娠するリスクも低くなりますし、思わぬ病気のトラブルになることもあるかもしれません。

排卵日がズレることをあまり軽視せずに、日々の生活を見直してホルモンバランスを整えるように意識しましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ