妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

   

産後の入院中のパジャマ選びは?機能性を考えたパジャマの選び方

無事出産を終えた後は退院までゆっくりしなければいけませんが、産後の入院中に着るパジャマはどのようなものがいいか悩んでしまいます。

人によってはずっとパジャマを着て過ごす人もいるので、できるだけ楽で機能的なパジャマを着たいと思います。

そこで産後の入院中に着たい機能的なパジャマの種類選びについて紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク



産後の入院中に着るパジャマは機能性を重視したものを選ぶ

産後の入院中に着るパジャマはできるだけ機能的な物を着たいので、事前に自分で用意しておくことをおすすめします。

入院中はずっとパジャマで過ごすことも多いですが、人によっては約1週間をパジャマで過ごすことになります。

その間は家族や友人が来てくれることも多いので、パジャマと言えども部屋着のパジャマでは清潔感もありません。

産後のパジャマを自分で選ぶ時には、機能面を重視したものを用意しておくことをおすすめします。

基本的には前開きのパジャマの方が、授乳や着替えなどを機能的に行うこともできますし、病衣から前開きのパジャマを指定されることもあるようです。

産後はまだお腹が大きいままなおで、できるだけゆったりとしたサイズのパジャマがいいです。

また授乳する時には授乳口があるパジャマなどもあるので、来院している時でも授乳する時には胸元をはだけさせなくて済みます。

産後は入院中にお見舞いに来るのでパジャマもオシャレにしたい

産後になると家族や友人がお見舞いに来てくれることも多いので、入院中はオシャレなパジャマを選んでおきましょう。

自分で用意する時は3枚ほどあれば、家族が選択をしてくれるのでいつでも清潔な物を着ることができます。

入院中はずっとパジャマで過ごすことも多いので、お見舞いに来てくれた人にもパジャマで会うことになります。

家族ならばまだいいのですが、友達にはちょっと引けてしまうので、パジャマで会ってもオシャレなものを着たいものです。

できれば機能的でかわいらしい物を選んでおくと、気分良く入院生活を送ることもできるはずです。

オシャレと言ってもできるだけゆったりとしたサイズに物を用意しておくので、機能面を重視した清潔感のあるパジャマが好ましいです。

常に清潔にしておくことは赤ちゃんにとっても大切なことなので、清潔感のあるオシャレなパジャマを用意しておきましょう。

産後入院中のパジャマは自分で用意するかレンタルもできる

産後は1週間ほど入院をしてから退院しますが、入院中はパジャマで過ごすことも多くなります。

人によっては普段着のような服装の人もいますし、自分で用意したパジャマか、もしく病院からレンタスしたパジャマを着ることもできます。

パジャマで過ごすメリットは授乳がしやすいのと、常に清潔感のある服装が好ましいので、毎日しっかりと綺麗な服装を心掛けなければなりません。

そのためにはパジャマで過ごしていれば、毎日洗って清潔感のあるパジャマを着ることができます。

毎日選択することが難しいようならば、病院のレンタルパジャマを利用することもできます。

病院のパジャマならば洗濯もしてくれますし、毎日安い利用料金でパジャマレンタルができるので、清潔感も確保できます。

入院中はパジャマで過ごした方が何かと便利なので、レンタルパジャマを利用することも検討してみてください。

機能性を考えて前開きのパジャマを用意すると便利

入院中に着るパジャマは清潔感があり、機能性を重視したパジャマを選ぶようにしましょう。

産後はお腹もまだ大きい状態となっていますし、検診などもあるのでゆったりとしたタイプのパジャマがおすすめです。

また検診の時には前開きができるパジャマの方が便利ですし、病院によっては前開きのパジャマを指定することもあります。

パジャマは着心地の良さもあるので、着ているとリラックスすることができます。

できるだけ自分が好みの物を選ぶことがおすすめなので、事前に自分が気に入ったものを用意しておくと良いでしょう。

前開きのパジャマは検診だけでなく、授乳をする時にも便利に利用できます。

さらに機能的になると授乳口がついたパジャマもあるので、胸元を全開にしなくても授乳することができます。

男性が近くにいると恥ずかしい気持ちもありますが、授乳口があれば気兼ねなく授乳することができます。

機能性とオシャレを兼ね備えたパジャマを選びたい

産後の入院中に着たいパジャマ選びとしては、機能的で自分の好みのパジャマを用意しておくと良いでしょう。

パジャマにはデザインだけでなく機能面でもいろいろありますし、特に着心地が良いパジャマだとストレスも軽減させてくれます。

検査などもあるの前開きのパジャマは基本ですが、あとはゆったりとした動きやすいものや、吸水性の優れているものなどを選びましょう。

清潔感のあるパジャマを着なければいけないので、家族が着てくれれば毎日洗濯をして洗ってもらいましょう。

事前に確認しておけば病院からレンタルパジャマを利用することもできるので、清潔感のあるパジャマを着ることができます。

入院中はずっとパジャマで過ごすことになるので、自分が気に入ったパジャマを着ることがおすすめです。

機能性とオシャレを兼ね備えたお気に入りのパジャマを着て、ゆっくりと産後の体をやすめましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中のお役立ち情報

ページ
上部へ