妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

高齢出産のリスクとは!後で後悔しないために障害を知ろう

      2017/08/22

高齢出産のリスクとは!後で後悔しないために障害を知ろう

高齢出産をする女性が多くなっていますが、そもそも高齢になるほど出産のリスクが高まることは多くの人が知っています。

母体にも影響が出る以外にも、赤ちゃんへの影響として障害が出てしまうこともあるので、高齢出産自体に後悔してしまうこともあります。

そこで赤ちゃんの障害についてなど、高齢出産のリスクについて紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の会社へ連絡したい!電話のかけ方で注意するべき点

旦那の会社へ電話をかける時には、何か失礼があったら...

幼稚園で習い事をさせたい!早退させる時に気をつける事とは

子供には早くからいろいろなことを習わせた方が、飲み...

子供がチャイルドシートを嫌がる時にできる対処法

子供を連れて車で移動する時には、チャイルドシートを...

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供...

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少な...

子供のための朝ごはんでおにぎりを作るのがおすすめな理由

子供の朝ごはんは毎日作らなければなりませんが、自分...

障害者が子供を産む時。その障害は子供に遺伝するのかどうか

知的障害者は親や兄弟など家系で多く見られる場合があ...

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として...

妊娠糖尿病の検査前に気を付けたい!血糖値を下げる食事とは

妊娠糖尿病になる妊婦さんは約10分の1と、近年増加...

高温期14日目に出血!その色が茶色の時に考えられるのはコレ

女性にとって生理周期は、体調やその他の変化を知るた...

夫に子供欲しがる心理になってもらうための秘策を教えます!

近年は、結婚したがらない男性、結婚しても子供を欲し...

5ヶ月で体重が6キロ?コツを覚えて育児の負担を軽減しよう!

生後5ヶ月と言うと、早い子だと寝返りが出来るように...

1歳7ヶ月の体重ってどれぐらい?重いと思う人必見です!

1歳7ヶ月と言うと外や水遊びが大好きで、そのエネル...

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配...

離乳食後のミルク いつから減らしてあげないようにするか解説

生後半年ほどになると、それまで栄養の全てを母乳やミ...

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場...

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り...

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出てい...

我が子の発達に遅れがある時の対策と保育園の選び方をご紹介

自分の子供がもしかしたら発達に遅れがあると感じた時...

赤ちゃんの呼吸が乱れて不安!原因と対処、病院へ行くタイミング

”呼吸”は生きる上でとても重要な行為。大人でも...

スポンサーリンク



高齢出産で後悔しないためには赤ちゃんの障害のリスクを覚悟する

高齢出産をするリスクとして考えなければいけないことが、母子への影響です。

母体への影響は高齢になるほど体力も衰えてきますし、健康な赤ちゃんを産むための機能が、だんだんと老化をしていきます。

そのため高齢出産になるほど母体への影響も大きくなるので、しっかりと医師と相談をしながらの出産となります。

高齢出産でのリスクで大きいのが赤ちゃんへの影響で、高齢になるほど障害のある赤ちゃんが生まれやすくなってきます。

高齢出産をする時に後悔するのが、赤ちゃんに障害を持たせたまま産んでしまうという親の責任意識を強く感じてしまいます。

高齢になって障害のある赤ちゃんを育てること自体も大変なことですが、何より子供に障害を持たせてしまったという罪悪感があります。

なぜもっと早くに子供を作らなかったのかと、後悔の念を抱いてしまうので、子供は計画的に産むことが大切になります。

高齢出産で後悔するのはダウン症の障害リスクが大きい

高齢出産をしてから後悔することが、赤ちゃんに障害がある状態で産んでしまったということです。

高齢出産でのリスクで最も多いのがダウン症候群で、先天的な症状によって子供に障害が出てしまう病気です。

ダウン症の子供が産まれると外見的にも吊り上がった表情になったり、心疾患、低筋力、知能低下などの症状が現れます。

障害のある子供の成長は個人差があるので、ある程度の障害を持ちながらもしっかりと自立することができたり、逆に付きっきりで生活しなければいけないこともあります。

何より高齢出産ではダウン症の子供が産まれると、育てるために大変な苦労をしなければいけないというプレッシャーがあります。

子供の将来を考えた時に自分たちがいなくなったらどうしようという思いがあるので、子供を産むことは嬉しいことですが、後で後悔する気持ちも芽生えてしまいます。

障害のある赤ちゃんは高齢出産ほどリスクが高いので後悔する

高齢出産をするほど障害のある赤ちゃんが生まれるリスクが高いので、高齢になってからの出産を後悔してしまう人も多いです。

医療の技術の発展と共に高齢出産でも母子への体への危険度は減ったものの、赤ちゃんへが障害のある状態で生まれるかどうかはどうすることもできません。

高齢出産は確実に若い頃の出産に比べてリスクも高く、できるだけ若いうちに子供を産むことがリスクを減らす唯一の道と言えます。

女性にとって子供を産むことは大変なことですが、例え障害がある子供を産んだとしても、お腹を痛めて子供を産んだので可愛い自分の子供です。

だからこそ親の願いとしては五体満足で産んであげたいという思いが強いので、障害のある状態で産んでしまったことに対して申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

高齢出産のリスクを知ってはいても、若い時に子供を作れなかったという思いが強くなってしまい、後から後悔してしまうこともあります。

高齢出産は染色体異常が要因なのでリスクを減らす努力をする

高齢出産になるほど障害のある赤ちゃんが産まれるリスクが高まります。

できるだけ後で後悔しないためにも、できることがあればやってみることが大切です。

高齢出産での障害としてダウン症候群、二分脊椎症、無脳症などの症状があります。

また流産をしてしまうリスクも高齢出産になるほど高まりますが、理由としては染色体異常が要因となることがあります。

20代では10%〜20%の確率ですが、40代になると50%以上の確率で流産をしてしまいます。

染色体異常は加齢によって怒りやすくなりますが、葉酸を摂取することによってリスクを軽減できるようになると言われています。

葉酸の摂取によってダウン症のリスクも大幅に軽減されたという実験データもあるので、妊活には葉酸が欠かせない栄養素となります。

高齢出産になるとあらゆるリスクが高まるので、葉酸など栄養素は積極的に摂取するようにしましょう。

障害のある赤ちゃんを産んでから後悔しないように準備を整える

障害のある赤ちゃんを産んだ後に、育てることの大変さによって生んだことを後悔することもあります。

自分の子供には元気に育って欲しいと願うだけですが、障害のある子供を産んでしまったという罪悪感を持ちながら生活しなければなりません。

高齢出産には多くのリスクがありますが、障害のある子供を産む前から、ある程度準備をすることができます。

妊娠中にダウン症の可能性があることも分かっているので、いざ生まれた時には心の準備もしておかなければなりません。

将来的にも子供が大きくなった時に、自分たちがさらに年を重ねているので、子供の将来が気になってしまいます。

障害のある子供を産むことは育てる大変さと共に、子供の将来についての心の準備もしなければなりません。

しっかりと夫婦で相談することはもちろんですが、家族にも助けてもらってしっかりと準備をしてから出産に臨みましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82