妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

高齢出産のリスクとは!後で後悔しないために障害を知ろう

      2017/08/22

高齢出産のリスクとは!後で後悔しないために障害を知ろう

高齢出産をする女性が多くなっていますが、そもそも高齢になるほど出産のリスクが高まることは多くの人が知っています。

母体にも影響が出る以外にも、赤ちゃんへの影響として障害が出てしまうこともあるので、高齢出産自体に後悔してしまうこともあります。

そこで赤ちゃんの障害についてなど、高齢出産のリスクについて紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



高齢出産で後悔しないためには赤ちゃんの障害のリスクを覚悟する

高齢出産をするリスクとして考えなければいけないことが、母子への影響です。

母体への影響は高齢になるほど体力も衰えてきますし、健康な赤ちゃんを産むための機能が、だんだんと老化をしていきます。

そのため高齢出産になるほど母体への影響も大きくなるので、しっかりと医師と相談をしながらの出産となります。

高齢出産でのリスクで大きいのが赤ちゃんへの影響で、高齢になるほど障害のある赤ちゃんが生まれやすくなってきます。

高齢出産をする時に後悔するのが、赤ちゃんに障害を持たせたまま産んでしまうという親の責任意識を強く感じてしまいます。

高齢になって障害のある赤ちゃんを育てること自体も大変なことですが、何より子供に障害を持たせてしまったという罪悪感があります。

なぜもっと早くに子供を作らなかったのかと、後悔の念を抱いてしまうので、子供は計画的に産むことが大切になります。

高齢出産で後悔するのはダウン症の障害リスクが大きい

高齢出産をしてから後悔することが、赤ちゃんに障害がある状態で産んでしまったということです。

高齢出産でのリスクで最も多いのがダウン症候群で、先天的な症状によって子供に障害が出てしまう病気です。

ダウン症の子供が産まれると外見的にも吊り上がった表情になったり、心疾患、低筋力、知能低下などの症状が現れます。

障害のある子供の成長は個人差があるので、ある程度の障害を持ちながらもしっかりと自立することができたり、逆に付きっきりで生活しなければいけないこともあります。

何より高齢出産ではダウン症の子供が産まれると、育てるために大変な苦労をしなければいけないというプレッシャーがあります。

子供の将来を考えた時に自分たちがいなくなったらどうしようという思いがあるので、子供を産むことは嬉しいことですが、後で後悔する気持ちも芽生えてしまいます。

障害のある赤ちゃんは高齢出産ほどリスクが高いので後悔する

高齢出産をするほど障害のある赤ちゃんが生まれるリスクが高いので、高齢になってからの出産を後悔してしまう人も多いです。

医療の技術の発展と共に高齢出産でも母子への体への危険度は減ったものの、赤ちゃんへが障害のある状態で生まれるかどうかはどうすることもできません。

高齢出産は確実に若い頃の出産に比べてリスクも高く、できるだけ若いうちに子供を産むことがリスクを減らす唯一の道と言えます。

女性にとって子供を産むことは大変なことですが、例え障害がある子供を産んだとしても、お腹を痛めて子供を産んだので可愛い自分の子供です。

だからこそ親の願いとしては五体満足で産んであげたいという思いが強いので、障害のある状態で産んでしまったことに対して申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

高齢出産のリスクを知ってはいても、若い時に子供を作れなかったという思いが強くなってしまい、後から後悔してしまうこともあります。

高齢出産は染色体異常が要因なのでリスクを減らす努力をする

高齢出産になるほど障害のある赤ちゃんが産まれるリスクが高まります。

できるだけ後で後悔しないためにも、できることがあればやってみることが大切です。

高齢出産での障害としてダウン症候群、二分脊椎症、無脳症などの症状があります。

また流産をしてしまうリスクも高齢出産になるほど高まりますが、理由としては染色体異常が要因となることがあります。

20代では10%〜20%の確率ですが、40代になると50%以上の確率で流産をしてしまいます。

染色体異常は加齢によって怒りやすくなりますが、葉酸を摂取することによってリスクを軽減できるようになると言われています。

葉酸の摂取によってダウン症のリスクも大幅に軽減されたという実験データもあるので、妊活には葉酸が欠かせない栄養素となります。

高齢出産になるとあらゆるリスクが高まるので、葉酸など栄養素は積極的に摂取するようにしましょう。

障害のある赤ちゃんを産んでから後悔しないように準備を整える

障害のある赤ちゃんを産んだ後に、育てることの大変さによって生んだことを後悔することもあります。

自分の子供には元気に育って欲しいと願うだけですが、障害のある子供を産んでしまったという罪悪感を持ちながら生活しなければなりません。

高齢出産には多くのリスクがありますが、障害のある子供を産む前から、ある程度準備をすることができます。

妊娠中にダウン症の可能性があることも分かっているので、いざ生まれた時には心の準備もしておかなければなりません。

将来的にも子供が大きくなった時に、自分たちがさらに年を重ねているので、子供の将来が気になってしまいます。

障害のある子供を産むことは育てる大変さと共に、子供の将来についての心の準備もしなければなりません。

しっかりと夫婦で相談することはもちろんですが、家族にも助けてもらってしっかりと準備をしてから出産に臨みましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ