妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

   

排卵日はどう知ればいい?月経周期が長い人の周期の改善方法

妊活をしている人で、一番重要な日は排卵日です。通常の周期で正常と言われるのは25日〜38日までですが、これ以上長い月経周期の人を稀発月経といいます。

これが一回ぐらいならばさほど問題ではないのですが、定期的に月経周期が長いとなると何か問題があるかもしれません。周期の長い原因と改善方法についてご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



月経周期が長い人の排卵予測はどうするの?

月経周期は前述したように、25日〜38日までが正常の範囲です。では、それぞれの排卵日はいつになるかご存知ですか?

例えば28日周期の人であれば、14日前後が排卵日と予測されます。では40日周期の人の場合、いつになるでしょう?

20日ですか?

違います。26日前後になります。

どういう計算かというと、とても単純で月経の周期の長さに関わらず、次の生理開始日の14日前後というのが正解です。

何故月経の周期の長さに関わらず排卵日が次の生理開始日の14日前後になるかというと、それは、あるホルモンの寿命が14日程度と言われているからです。

このホルモンを黄体ホルモンと言います。このホルモンの作用は体温を上げて、子宮で受精卵が育ちやすい環境を作ることです。しかし受精卵が子宮に居なければ妊娠していないという事なので、黄体ホルモンが減少して、その結果月経がはじまります。

ただし、ホルモンバランスが崩れているとこれらの予測値が外れる事は珍しくありません。

月経周期が長い原因と排卵との関係

女性の体と月経のメカニズムというのは心身状態に左右されます。特に月経の周期が乱れる原因にホルモンバランスの乱れがあります。

ホルモンバランスが乱れる原因として、ストレスがあります。他にも偏食や睡眠不足、生活習慣の乱れなども原因になります。例えば転職や人生のライフイベントのように一時的なものによるストレスなどであれば、ある程度時間の経過とともにもとに戻るかもしれませんが、常にあるストレスや生活習慣の乱れであれば、まずは生活習慣を見直したり、ストレスを軽減したり、解消したりすることも大切です。

またそれ以外にもホルモンバランスが乱される病気として、高プロラクチン血症 、多嚢胞性卵巣症候群などがあります。これらは月経周期の延長から、排卵を止めてしまう事もあります。生理があったとしても排卵がないという事もあります。

月経の周期が長いのは排卵する機能が衰えているからかも

最近の女性は40歳過ぎても、見た目も若いですよね。でも体の中は年相応に年齢を重ねているのです。月経周期が長くなる原因の一つに加齢による卵巣機能の衰えというのがあります。

卵巣機能は大体50歳になると、その機能を負えて「閉経」へと向かいます。卵巣機能が突然機能停止をするのではなく、卵巣機能の衰えと共に徐々に月経周期が伸びていきやがて、終わりを迎えます。だから最近月経周期が伸びたという人は、もしかしたら閉経が近づいている可能性があります。

ただ、最近40歳未満でも閉経を迎える「早発閉経」という症状が表れている女性がいます。女性が社会進出と共に以前と比べられないほどストレスを抱えたり、生活習慣が乱れた結果とも言われています。

また、もっと若い年代の女性でも生理不順の自覚症状があり、かつそのまま放置しておくと、卵巣機能が衰えてしまう事もありますので、注意してください。

長い月経周期を改善して正常に戻すには?

まずは生活習慣を見直しましょう。食事は3食きちんと食べる事、ダイエットによる偏食を止めて、栄養バランスを考えましょう。そしてきちんと睡眠を取る事が大切です。ストレスを溜めない事も大切です。ストレスは解消する事も大切ですが、ストレスを溜めないようにストレスと向き合い事も必要です。

そして基礎体温をつけるようにしましょう。基礎体温は決まった時間に寝た状態で毎朝体温を測ります。その結果はグラフにした方が判り易いですが、最近は数字さえ入れれば、グラフにしてくれるアプリもあるので活用してください。

ただ、中々改善しない場合は一度婦人科やレディースクリニックを受診して相談してみましょう。すぐに妊娠を考えてなくても、将来妊娠をしたいのであれば、生理不順については早めに解消しておくのが重要です。長引けば長引くほど、元の状態に戻るのに時間がかかる事もありますので。

月経不順も放置は危険 早めの受診が大切

月経が長かったり、短かったりしても、実生活に影響がないと思えば、簡単に病院には受診しません。特に仕事をしている女性は、日々忙しいので中々病院に行く時間を作るのも難しいでしょう。

妊活をしているのであれば、基礎体温をつけていて、月経周期にも注意を払っていますが、そうでない人の場合「あれ、今月来てないな?」ぐらいしか感じてないかもしれません。

でももし妊娠を将来的に考えているのであれば、月経不順を放置するのはよくありません。また、月経不順以外にも何か自覚症状があるようならば、一度病院へ受診しましょう。実際妊娠をしたくなっても、状態が悪くて出来なくて悩んでいる人はたくさんいるのです。

別に妊娠を考えてなくても、ホルモンバランスの崩れはそのまま精神への影響も与えます。体の不調というのは心も不調にするものです。

どんな病気も早期発見が早期治療に繋がります。是非時間を作って病院へ行きましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊活中のお役立ち情報

ページ
上部へ