妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

新生児の赤ちゃんがミルク飲まないで体重が減る時に考えられる事

   

新生児の赤ちゃんがミルク飲まないで体重が減る時に考えられる事

新生児の赤ちゃんにはたくさんミルクを飲んで元気に育って欲しいと願っていますが、何らかの理由でミルク飲まないこともあります。

しかしミルクを飲まないことによって体重減ることもあるので、毎日体重が増えて当然の赤ちゃんにとっては大変な事態と言えます。

そこで新生児の赤ちゃんがミルクを飲まなくて体重が減った時にできる対策について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク


 

新生児でミルク飲まないで体重減る時はミルクの味が好きではない

新生児の赤ちゃんがミルク飲まないで体重減る状態であれば、ミルク自体の味を嫌がっているのかもしれません。

本来ならば母乳を飲ませたいところですが、何らかの理由によって粉ミルクを与える時に、粉ミルクの味自体が嫌だと感じていることもあります。

赤ちゃんにとっては粉ミルクは母乳と同じでなければならないので、ちょっとした味の違いによって、ミルクを飲みたくないと思ってしまったのかもしれません。

また母乳と併用してミルクを飲ませていると、母乳の味に慣れてしまたことで、粉ミルクを飲まなくなってしまうこともあります。

母乳の味を知ってしまった後に、まずい粉ミルクを飲むことはないので、嫌がって飲まなくなってしまいます。

ミルクを飲まなくなった時にはミルクの味を変えてみることも大切なので、いろいろな粉ミルクを試してみましょう。

新生児がミルク飲まないで体重減るのは病気の可能性もある

赤ちゃんの生育に欠かせないミルクですが、新生児の赤ちゃんがミルク飲まないで体重減るようなことになれば、病気の可能性もあります。

病気になれば元気がなくなって食欲もなくなるので、ミルクを飲まなくなることもあります。

風邪やミルクの粉に対してアレルギー反応がある場合もあるので、しっかりと赤ちゃんの様子をチェックすることは大切です。

病気のひとつにヒルシュスプルング病という病気があり、これは排泄がスムーズにできない新生児がかかる病気です。

新生児であれば退院する前に検査で分かることも多いですが、このヒルシュスプルング病になるとお腹が張った状態となっているので、ミルクを飲みたくなくなってしまいます。

必然的に体重も減ってしまうので、できるだけ早期発見が好ましいです。

チェックするのはお腹の張りと便の確認なので、毎日しっかりとチェックしておきましょう。

ミルク飲まない時は新生児の体重が減る前にミルクをチェックする

新生児の赤ちゃんがミルク飲まない時には、ミルクを与えることすべてを見直してみましょう。

体重減ることはかなりの量のミルクを飲んでいない証拠なので、赤ちゃんがミルクを嫌がっているか、飲みたくても飲めない状況なのかもしれません。

まずはミルクの粉の好みがあるか、ミルクの温度は適正かをチェックします。

特にミルクの温度は0.5度違うと飲まなくなってしまうことも多いので、しっかりと計ってから飲ませることが大切です。

赤ちゃんのミルクの飲み方が下手だったり、吸う力が弱ければそれだけミルクを飲みたくても飲めない状況になります。

ある程度ミルクを飲めばお腹も空かないかもしれませんが、そのために体重が増えることがなくなってしまいます。

哺乳瓶の吸うゴムの部分もこだわりがある場合もあるので、母親の乳房に近い状態の物を選ぶと良いでしょ。

ミルクを吸う力が弱いとミルクを飲まなくなってしまう

新生児の赤ちゃんにとって個体差があるのは当然ですが、まだミルクを吸う力が弱いので、ミルクをしっかり飲むことができずに体重減るのかもしれません。

ミルク飲まないのではなく、ミルクを飲みたくても飲めないので、頑張って飲んでも最低限のミルクしか飲めないのかもしれません。

そのため体重が減ってしまうので、新生児の赤ちゃんが吸いやすい状況にすることが大切です。

哺乳瓶によって口元の形状も違うので、吸いやすい状態にするために少し穴を空けて飲みやすくしてもいいでしょう。

また哺乳瓶のフタをきつく締めてしまうと空気が入らないので、吸うのも大変な力が必要です。

そのためフタを少し緩めた状態にすると空気が入りやすくなり、ミルクを吸いやすくすることができます。

ちょっとした工夫によって吸う力が弱くても、たくさんミルクを吸うことができるようになります。

母親の母乳と同じ状態にすることが大切

新生児の赤ちゃんにとっては哺乳瓶は母乳と同じなので、できるだけ同じ状態に近づけることが大切です。

新生児がミルク飲まないのは、母乳とは違うと分かってしまったことで飲まなくなり、体重減る状態になってしまった可能性もあります。

ミルクの量や温度管理をしっかりして、飲ませる時にはしっかりと抱っこして母乳を与える時と同じ状態にしましょう。

赤ちゃんのことを見つめてあげるだけでも、赤ちゃんは安心するのでミルクを母乳だと思って飲んでくれます。

できるだけ母乳を与えている状態と同じにすることが大切なので、哺乳瓶の加える形状も乳房と同じような感触にするなど、ちょっちしたことに気を配るだけでたくさん飲んでくれることもあります。

新生児の赤ちゃんにとって母乳が基準になっているので、ミルクを与える時は適当ではなく、しっかりと量や温度も計って母乳に近い状態にしてから与えることが大切です。

  関連記事はこちら

 - 子供の健康・病気のお話し

ページ
上部へ