ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ストレス発散が決め手!妊活に何度も失敗していた私が妊娠出来た理由

2016.8.6

31歳/主婦

結婚予定の彼と約1年間の同棲期間を経て結婚…当時から特に避妊はせず「結婚式前に子供できちゃったらどうする?」なんて言っていたのですが…結婚式までどころか、同棲開始から2年経ってもノーヒット!

私より遅く結婚した友人がどんどん妊娠出産していく状況に1人で思い詰めていました。彼改め旦那に相談しても「そのうち出来るよ、出来ないときは仕方ないよ」と能天気。

全然妊娠しないので基礎体温を始めたら

元々旦那が性欲弱いので当然の結果ともいえるのですが…私も思い悩むだけで何も行動していなかったので、まずは基礎体温から始めました。

計ってみると元々生理が不規則だったこともあり、ガタガタのバラバラ。低温期と高温期は分かるけど、排卵日なんてこれじゃあわからんよ!これは参考程度にするしかないな…。でも何もないよりマシだ!

次に目をつけたのが、排卵検査薬。日本製のほうが正確でしっかりしているのでしょうけど、いかんせん高いので個人輸入の通販サイトで海外製の試験紙を大量購入しました。

判定が出た日にタイミングを取ってはみるのですが、それでも結構な回数失敗し、生理が来るたびにガッカリしていました。

モチベーションを保つために、同じくタイミングで頑張っている人や不妊治療をしている人のブログを毎日のように眺める日々。自分もブログにダラダラと愚痴だけを垂れ流したりもしました。

高温期の後半には「胸が張る!これって妊娠じゃないの?(ただの生理前)」「吐き気がする気がする!(油物食べ過ぎ)」なんて想像妊娠を毎回していました…。

妊活に疲れてきた頃にバスツアーに行き

そろそろ疲れてきたなぁ…私も不妊クリニック通ったほうがいいかなぁ…なんて思っていた頃に昔の友人から誘われ、女だらけで白川郷までバスツアーに行ってきました。

日々のストレスもすっかり忘れて満喫し、「妊娠したら飲めないから」とここぞとばかりにお酒を飲んできました。

その開放感が良かったのでしょうか、それともお土産で買った「さるぼぼ」が効いたのでしょうか、その周期にめでたく妊娠が発覚(お酒を飲んだのは低温期だったのでセーフ)。

妊娠はあんまり重く考えちゃいけないんだな、と改めて思い知らされました。

つわりもトラブルも無くお気楽な妊娠生活

妊娠中はつわり皆無、トラブル皆無でかなりお気楽な妊婦生活を送らせてもらいました。出産時も7時間ですっぽーんと出てきてくれて、産後初日からすたすた歩いて移動できるなど予後も良好。

子供も良く寝てくれるタイプで、こんなにのんびり育児していていいの?って感じでした(そんなのは新生児期だけでしたが…)。

そろそろ二人目を考えていますが、産前より生理周期が整っているのでタイミングを計るのは楽そう。

ですが私が子供と一緒に朝まで寝てしまう&既に「お父さん&お母さん」の認識になってしまっているのをどうにかしないと難しそうです…。

 - 妊娠中の体験談