妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

カメラのフラッシュが赤ちゃんに与える悪影響とは

   

カメラのフラッシュが赤ちゃんに与える悪影響とは

赤ちゃんが生まれた時にはたくさんの思い出写真を撮りたいと思うので、ついカメラのフラッシュを使って撮影をしてしまいます。

しかし赤ちゃんの生まれた時はあまり目が見えていなくても、光を感知することはできるので、強い刺激は目や脳に悪影響を与える可能性があります。

そこでカメラのフラッシュが赤ちゃんに与える悪影響について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の会社へ連絡したい!電話のかけ方で注意するべき点

旦那の会社へ電話をかける時には、何か失礼があったら...

幼稚園で習い事をさせたい!早退させる時に気をつける事とは

子供には早くからいろいろなことを習わせた方が、飲み...

子供がチャイルドシートを嫌がる時にできる対処法

子供を連れて車で移動する時には、チャイルドシートを...

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供...

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少な...

子供のための朝ごはんでおにぎりを作るのがおすすめな理由

子供の朝ごはんは毎日作らなければなりませんが、自分...

障害者が子供を産む時。その障害は子供に遺伝するのかどうか

知的障害者は親や兄弟など家系で多く見られる場合があ...

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として...

妊娠糖尿病の検査前に気を付けたい!血糖値を下げる食事とは

妊娠糖尿病になる妊婦さんは約10分の1と、近年増加...

高温期14日目に出血!その色が茶色の時に考えられるのはコレ

女性にとって生理周期は、体調やその他の変化を知るた...

夫に子供欲しがる心理になってもらうための秘策を教えます!

近年は、結婚したがらない男性、結婚しても子供を欲し...

5ヶ月で体重が6キロ?コツを覚えて育児の負担を軽減しよう!

生後5ヶ月と言うと、早い子だと寝返りが出来るように...

1歳7ヶ月の体重ってどれぐらい?重いと思う人必見です!

1歳7ヶ月と言うと外や水遊びが大好きで、そのエネル...

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配...

離乳食後のミルク いつから減らしてあげないようにするか解説

生後半年ほどになると、それまで栄養の全てを母乳やミ...

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場...

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り...

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出てい...

我が子の発達に遅れがある時の対策と保育園の選び方をご紹介

自分の子供がもしかしたら発達に遅れがあると感じた時...

赤ちゃんの呼吸が乱れて不安!原因と対処、病院へ行くタイミング

”呼吸”は生きる上でとても重要な行為。大人でも...

スポンサーリンク



カメラのフラッシュは赤ちゃんの視力を悪くする可能性あり

赤ちゃんは生まれた当初は目がほとんど見えない状態と言われていますが、視力にすると0.1もありません。

しかし視力が悪くてもだんだんと成長するにしたがって目も見えるようになってきますが、常に光を感じることはできます。

光を感じた時に少し眩しいようなしぐさを見せるのは、光をしっかりと感知している証拠です。

そこに赤ちゃんを撮影するためにカメラのフラッシュを近づけてしまうと、強い光に反応してしまいます。

瞼を閉じても光を感じるのは赤ちゃんも同じですし、まだ抵抗力も弱い赤ちゃんにとってカメラのフラッシュは強すぎます。

もし少し目が見える状態になっているとすれば、カメラのフラッシュを見続けることで視力が悪くなる可能性があります。

赤ちゃんは気になる物があれば見続けてしまうので、フラッシュも同じようにずっと見てしまうことによって、目が悪くなる可能性があるので注意しましょう。

赤ちゃんにとってカメラのフラッシュは光が強すぎる

大人でもカメラのフラッシュを見続けることはできませんし、一瞬眩しいと思って目を背けてしまいます。

大人ならば瞬時に反応することはできますが、赤ちゃんはまだ反射も遅いですし、フラッシュを見続けてしまう可能性も高いです。

そのため社員をとりたいと思って目線をカメラに向けさせると、カメラのフラッシュが光った瞬間は眩しそうにします。

しかし目を背けることなくフラッシュを見続けてしまうので、目に光の残像が残ったりして違和感を感じるようになります。

大人でもフラッシュは強すぎる光ですし、フラッシュを見続けることはできません。。

しかし赤ちゃんはフラッシュをそのまま平気で見続けようとするので、目や脳に悪影響を与えてしまう可能性があるのです。

強い光は目から脳に伝達する過程で何らかの不具合を生じ、子供では痙攣することもあるので注意が必要です。

暗闇で赤ちゃんへのカメラのフラッシュはより影響が大きい

赤ちゃんがある程度目が見えるようになってきた時に、昼間の明るい時間帯と夜の暗い時間では目の順応もだんだんできるようになります。

しかし赤ちゃんにとってはまだまだ順応しきれていないので、大人よりも順応するのに時間が掛かるでしょう。

暗い状況だと目は光を吸収しようと思って瞳孔が開いていますが、そんな状態でカメラのフラッシュを見てしまうと、かなり目には悪影響になると言ってもいいでしょう。

くらいからこそカメラのフラッシュが光るのは当然ですが、フラッシュを見続けてしまうと瞳孔が開いている分、光をモロに受けてしまいます。

大人でも急に暗い所でフラッシュが光れば、目をそむけたくなりますが、赤ちゃんにとっては大人よりも何倍も悪影響があると言ってもいいでしょう。

赤ちゃんは自分では目に悪影響だと思っていないので、光を見続けようとしてしまうことも多く、余計目に悪い影響を与えるので注意しましょう。

赤ちゃんの目が見えるようになっていく過程での強い刺激は避ける

赤ちゃんが産まれた時の視力は0.03程度だと言われているので、ほとんど目が見えない状態と言ってもいいでしょう。

しかし成長していく過程で4歳頃になると視力は1.0まで良くなると言われているので、目もしっかりと日々成長をしています。

その過程において目は多くの情報を得る大切な部分ですが、赤ちゃんの頃には眩しくても目をそむけることはしません。

眩しそうにするのは光に対して反応しているので、強い光でも目をつむったりすることはしないでしょう。

そのため社員を撮りたくて近くでカメラのフラッシュを使ってしまうと、強い光をモロに見つけ続けてしまいます。

大人が太陽を直視した後、白い残像がずっと残っているのと同じように、赤ちゃんにもきっと残像が残ったままの状態となります。

時間が経てば目も見えるようになりますが、何度も目に強い刺激を受けることによって視力も悪くなりますし、脳への影響も心配されるので、赤ちゃんへのカメラのフラッシュは避けた方がいいでしょう。

赤ちゃんはずっとフラッシュを見続けてしまうこともある

赤ちゃんは気になることがあればずっと興味を持って見てしまうので、カメラのフラッシュを見続けてしまうことも考えられます。

大人でもカメラのフラッシュを見続けることはできませんし、目がおかしくなるような感覚になるので、すぐに顔を背けてしまいます。

赤ちゃんにとって強い光を受けることは目への影響だけでなく、脳への影響も心配なので注意しましょう。

子供がテレビの強い光によって痙攣を起こしてしまうことがありますが、強い光は目だけでなく脳にまで多きな影響を与えてしまうのです。

赤ちゃんにとってカメラのフラッシュはまさに強い光の衝撃になり得るので、できるだけ近くでフラッシュを使わないようにしましょう。

医学的にはフラッシュによって目が悪くなると証明されてはいませんが、明らかにフラッシュのような強い光は悪影響を与えると分っています。

可愛い赤ちゃんの成長を撮ることは楽しいですが、フラッシュなど気をつけて成長記録を撮るようにしましょう。

  関連記事はこちら

 - 子育てのお悩み


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82