妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

《意外と多い?》2人目を妊娠中に風邪をひきやすい理由

      2017/09/13

《意外と多い?》2人目を妊娠中に風邪をひきやすい理由

初めての妊娠はわからないことだらけで、たくさんの本を読んだり経験者に話を聞いて過ごしたのではないでしょうか。ちょっと風邪をひいたり体調の変化にも敏感になり、小さなことで不安になってしまうことも多かったと思います。

しかし2人目となると多少慣れが生じてくるので、妊娠中でも前回ほどナイーブにならず過ごせたりしますよね。とはいってもお腹の中に大切な我が子がいるのは今回も同じです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

嬉しくも苦しい? 妊娠時期で胎動の位置や動きはこう変わる!

胎動を感じることは、つわりによる不調、お腹に感じる...

育児に疲れた人続出…!4歳の子供との付き合い方の秘訣はコレ!

子育て中に『魔の○歳児』という言葉を聞いたことがあ...

幼稚園のプレは必須?下の子がいる場合の注意点やメリット

子供が2、3歳になると、そろそろ「来年からはこの子...

帝王切開での出産後2人目は年子を希望する方へ!リスクや注意点

1人目を予定帝王切開や緊急帝王切開で出産したけれど、年子でも...

安産祈願のお守りはどこにつける?購入時期とお返しする時期

安産祈願のお守りはどこにつけるべきか、意外に悩んで...

赤ちゃんが笑うのはいつ頃から? 声を出して笑う時期やその意味

赤ちゃんが笑うと大人は癒されますよね。パパの中には...

アンヒバ坐剤という座薬を子供に使う時の量は?その他の注意点も

アンヒバ坐剤という座薬は子供の解熱剤としてよく処方...

双子だと確率的に障害がでる可能性が高い?遺伝と発達障害の関係性

双子だと確率的に、片方が発達障害になるよりも、二人...

妊娠中のイライラを軽減!?性別ジンクスで性別判断をしてみよう

妊娠中は細かいことでもイライライしてしまいがちですよね。 ...

3人家族の生活費は?赤ちゃんがいる家庭の生活費の考え方とは

赤ちゃんがいる3人家族の生活費はどれくらいなのか、...

座薬が子供に効かないときの原因って?使用の順序と正しい挿入法

子供が熱を出したり体調を崩し、小児科で座薬を処方さ...

離乳食で豆腐はいつからそのままでOK?豆腐の利用の注意点

離乳食で豆腐は便利な食材です。柔らかくのど越しもよ...

スポンサーリンク


2人目の妊娠中は風邪をひきやすいって本当?

妊娠中の身体は普段の身体とは思えないほど、さまざまな変化があります。自分の身体でありながら上手くコントロールできないような、安定してつわりがおさまるまでは日に日にやつれていく妊婦さんも少なくありません。気持ち悪さからろくに睡眠時間も取れず、満足な食事も食べられない。それでは体調を崩しやすくて当然ですよね。

さらに2人目を妊娠中となると、1人目の面倒も見ながらの妊婦生活になります。子供が小さければ小さいほど「ママはお腹に赤ちゃんがいて大変なんだ」という気遣いはできませんし、むしろもう1人家族が増えるということでヤキモチを妬いて駄々っ子になる可能性もあります。

そうした身体の疲労と心の疲労により、今まで風邪なんて無縁だと思っていた人も風邪をひきやすい状態になるのです。1人目を出産してから免疫力が下がったと感じているあなたは特に要注意です。

服薬は避けたい・・・2人目を妊娠中に風邪から身を守るには

風邪くらいなら薬を飲んで寝れば治るとわかっていても、妊娠中には薬を飲むことに抵抗がある人も多いでしょう。できることなら薬を飲まずに自力で治したいところですが、弱っている状態ではただの風邪でさえ治りにくくなっています。

まずは風邪を家に持ち込まれないように家族の手洗いうがいを徹底、そして幼稚園や会社で風邪が流行っているようであれば早いうちからマスクを着用して備えるようにしましょう。もちろん自分自身もこれらは基本中の基本ですが、自分だけが気をつけていても風邪の侵入は防げません。

気をつけていてももし風邪をひいたかもしれないと感じたら、まずはしっかりと栄養バランスの良い食事をとることです。量は食べられなくても、何か口に入れるのと入れないのとでは全く違います。なるべく睡眠時間も長めにとるように心がけ、働きに出ている場合は迷惑をかけてしまうと思わずに休みをもらうようにする勇気も必要です。

2人目の妊娠中は注意力が下がる?ただの風邪でも協力は必要不可欠

妊娠中は何かと家族の手助けが必要になります。一度経験しているとはいえ、1人目の妊婦生活と2人目の妊婦生活は全く同じではありません。仕事がしんどくて家にいる、だけど家事もろくにできないとなれば罪悪感を感じてしまうかもしれませんが、無理をして良いことはありません。できないと思ったことは家族に頼み、今は自分の身体を最優先に考えるようにしてください。

1人目の子供が小さければ、お兄ちゃん・お姉ちゃんになるとはいえまだまだ甘えたい時期です。子供は加減を知りませんから、妊娠中でもママとは遊びたいですし自分を一番優先して欲しいと考えます。今はまだたった1人の我が子に全ての愛情を注げますが、2人目が誕生したら平等に接していくことになります。

少しずつお腹の中の赤ちゃんについて話し「家族が増えるの楽しみだね」「一緒に赤ちゃんのお世話しようね」と手助けをお願いします。子供は親から頼みごとをされると嬉しい気持ちになります。まだ弟や妹ができるということをよく理解できていなくても、赤ちゃんのいるママを守らなきゃ!という使命感が芽生えるのです。

免疫力を高めるには?妊娠中も風邪予防を忘れずに

風邪が流行していなくても、日頃から免疫を高めるような生活を家族みんなで送る必要があります。

ビタミンの摂取

今は子供向けのサプリメントがブームになる時代ですよね。異常気象により野菜が高くて手に入りにくかったり、また栄養素が昔に比べて減少していたりと現代人はビタミン不足に陥りがちです。しっかりバランスの良い食事をしているつもりでも十分に栄養を取れている人は少なのが現実です。

むやみにサプリメントを摂取することへ抵抗があっても、妊娠中にも安心して飲めるビタミン剤がスーパーや薬局で手軽に購入できます。風邪予防がメインであればビタミンCの不足には気をつけましょう。

おやつには果物を選ぶ

子供がお菓子を食べているとついついこちらまで手が伸びてしまいがち。「そんなに食べたら夕飯食べられなくなるでしょ!」とはいっても結局おやつでお腹いっぱいになってしまう子供はたくさんいます。

ご飯ではなくお菓子で満たされていては当然栄養が足りませんし、子供の免疫力が下がると家に風邪を持ち込んでくる可能性が一気に高くなります。

おやつに果物を出すことでビタミンの摂取ができますし、つわりで食欲が落ちていても一緒に食べやすいのではないでしょうか。

妊娠中は常備薬にも気をつけよう

日頃からどの家庭にも常に置いてある薬がありますよね。風邪薬や胃薬、整腸剤に軟膏など、病院の診察を受けるまでもないような時に頼りになります。小さい頃から喉が痛ければコレ、鼻水が出はじめたらコレという飲みなれた薬があるという人も多いでしょう。しかし妊娠中は注意が必要です。

決して病気ではありませんが、妊娠をきっかけとして体質が変わるというのはよくある話です。今までは身体に合っていたものも、妊娠したことによって相性が悪くなってしまうことがあります。どんな薬にも副作用が少なからずありますが、体質が変わったことによってこの副作用が酷く感じられてしまうこともあるのです。

たかがこれぐらいで病院なんて・・・と普段は思えるような症状でも、勝手な自己判断で薬を服用するのはリスクがあります。今は自分一人の身体ではありません。我が子が健康な身体では生まれてくるために、気になる症状がでたら病院を受診するようにしましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中のお役立ち情報

ページ
上部へ