妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

《意外と多い?》2人目を妊娠中に風邪をひきやすい理由

      2017/09/13

《意外と多い?》2人目を妊娠中に風邪をひきやすい理由

初めての妊娠はわからないことだらけで、たくさんの本を読んだり経験者に話を聞いて過ごしたのではないでしょうか。ちょっと風邪をひいたり体調の変化にも敏感になり、小さなことで不安になってしまうことも多かったと思います。

しかし2人目となると多少慣れが生じてくるので、妊娠中でも前回ほどナイーブにならず過ごせたりしますよね。とはいってもお腹の中に大切な我が子がいるのは今回も同じです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

旦那の会社へ連絡したい!電話のかけ方で注意するべき点

旦那の会社へ電話をかける時には、何か失礼があったら...

幼稚園で習い事をさせたい!早退させる時に気をつける事とは

子供には早くからいろいろなことを習わせた方が、飲み...

子供がチャイルドシートを嫌がる時にできる対処法

子供を連れて車で移動する時には、チャイルドシートを...

貧血が原因で子供が倒れる時の原因と改善策をご紹介

貧血は女性に多い症状と思われていますが、実際は子供...

子供の悩みは友達がいない!そんな時にできるアドバイスとは

子供を持つ親の悩みとして、子供が自分には友達が少な...

子供のための朝ごはんでおにぎりを作るのがおすすめな理由

子供の朝ごはんは毎日作らなければなりませんが、自分...

障害者が子供を産む時。その障害は子供に遺伝するのかどうか

知的障害者は親や兄弟など家系で多く見られる場合があ...

育児休業給付金は条件がある?前職の期間による条件とは

妊娠した時に育児休業給付金をもらうための条件として...

妊娠糖尿病の検査前に気を付けたい!血糖値を下げる食事とは

妊娠糖尿病になる妊婦さんは約10分の1と、近年増加...

高温期14日目に出血!その色が茶色の時に考えられるのはコレ

女性にとって生理周期は、体調やその他の変化を知るた...

夫に子供欲しがる心理になってもらうための秘策を教えます!

近年は、結婚したがらない男性、結婚しても子供を欲し...

5ヶ月で体重が6キロ?コツを覚えて育児の負担を軽減しよう!

生後5ヶ月と言うと、早い子だと寝返りが出来るように...

1歳7ヶ月の体重ってどれぐらい?重いと思う人必見です!

1歳7ヶ月と言うと外や水遊びが大好きで、そのエネル...

つかまり立ちから転倒!赤ちゃんの安全は大丈夫?そんな時の対策方法

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになってくると心配...

離乳食後のミルク いつから減らしてあげないようにするか解説

生後半年ほどになると、それまで栄養の全てを母乳やミ...

婦人科・産婦人科の内診、実際はどんな検査?痛いのは何故かも解説

女性にとって、婦人科や産婦人科はなくてはならない場...

熱があっても元気なら幼稚園に行く?子供を休ませる時の判断基準

子供は大人よりも体温が高く、ちょっとの熱くらいじゃ元気に走り...

最近子供にアレルギー症状が出てる!対処法教えます!

最近になって子供にアレルギーではないかと思われる症状が出てい...

我が子の発達に遅れがある時の対策と保育園の選び方をご紹介

自分の子供がもしかしたら発達に遅れがあると感じた時...

赤ちゃんの呼吸が乱れて不安!原因と対処、病院へ行くタイミング

”呼吸”は生きる上でとても重要な行為。大人でも...

スポンサーリンク


2人目の妊娠中は風邪をひきやすいって本当?

妊娠中の身体は普段の身体とは思えないほど、さまざまな変化があります。自分の身体でありながら上手くコントロールできないような、安定してつわりがおさまるまでは日に日にやつれていく妊婦さんも少なくありません。気持ち悪さからろくに睡眠時間も取れず、満足な食事も食べられない。それでは体調を崩しやすくて当然ですよね。

さらに2人目を妊娠中となると、1人目の面倒も見ながらの妊婦生活になります。子供が小さければ小さいほど「ママはお腹に赤ちゃんがいて大変なんだ」という気遣いはできませんし、むしろもう1人家族が増えるということでヤキモチを妬いて駄々っ子になる可能性もあります。

そうした身体の疲労と心の疲労により、今まで風邪なんて無縁だと思っていた人も風邪をひきやすい状態になるのです。1人目を出産してから免疫力が下がったと感じているあなたは特に要注意です。

服薬は避けたい・・・2人目を妊娠中に風邪から身を守るには

風邪くらいなら薬を飲んで寝れば治るとわかっていても、妊娠中には薬を飲むことに抵抗がある人も多いでしょう。できることなら薬を飲まずに自力で治したいところですが、弱っている状態ではただの風邪でさえ治りにくくなっています。

まずは風邪を家に持ち込まれないように家族の手洗いうがいを徹底、そして幼稚園や会社で風邪が流行っているようであれば早いうちからマスクを着用して備えるようにしましょう。もちろん自分自身もこれらは基本中の基本ですが、自分だけが気をつけていても風邪の侵入は防げません。

気をつけていてももし風邪をひいたかもしれないと感じたら、まずはしっかりと栄養バランスの良い食事をとることです。量は食べられなくても、何か口に入れるのと入れないのとでは全く違います。なるべく睡眠時間も長めにとるように心がけ、働きに出ている場合は迷惑をかけてしまうと思わずに休みをもらうようにする勇気も必要です。

2人目の妊娠中は注意力が下がる?ただの風邪でも協力は必要不可欠

妊娠中は何かと家族の手助けが必要になります。一度経験しているとはいえ、1人目の妊婦生活と2人目の妊婦生活は全く同じではありません。仕事がしんどくて家にいる、だけど家事もろくにできないとなれば罪悪感を感じてしまうかもしれませんが、無理をして良いことはありません。できないと思ったことは家族に頼み、今は自分の身体を最優先に考えるようにしてください。

1人目の子供が小さければ、お兄ちゃん・お姉ちゃんになるとはいえまだまだ甘えたい時期です。子供は加減を知りませんから、妊娠中でもママとは遊びたいですし自分を一番優先して欲しいと考えます。今はまだたった1人の我が子に全ての愛情を注げますが、2人目が誕生したら平等に接していくことになります。

少しずつお腹の中の赤ちゃんについて話し「家族が増えるの楽しみだね」「一緒に赤ちゃんのお世話しようね」と手助けをお願いします。子供は親から頼みごとをされると嬉しい気持ちになります。まだ弟や妹ができるということをよく理解できていなくても、赤ちゃんのいるママを守らなきゃ!という使命感が芽生えるのです。

免疫力を高めるには?妊娠中も風邪予防を忘れずに

風邪が流行していなくても、日頃から免疫を高めるような生活を家族みんなで送る必要があります。

ビタミンの摂取

今は子供向けのサプリメントがブームになる時代ですよね。異常気象により野菜が高くて手に入りにくかったり、また栄養素が昔に比べて減少していたりと現代人はビタミン不足に陥りがちです。しっかりバランスの良い食事をしているつもりでも十分に栄養を取れている人は少なのが現実です。

むやみにサプリメントを摂取することへ抵抗があっても、妊娠中にも安心して飲めるビタミン剤がスーパーや薬局で手軽に購入できます。風邪予防がメインであればビタミンCの不足には気をつけましょう。

おやつには果物を選ぶ

子供がお菓子を食べているとついついこちらまで手が伸びてしまいがち。「そんなに食べたら夕飯食べられなくなるでしょ!」とはいっても結局おやつでお腹いっぱいになってしまう子供はたくさんいます。

ご飯ではなくお菓子で満たされていては当然栄養が足りませんし、子供の免疫力が下がると家に風邪を持ち込んでくる可能性が一気に高くなります。

おやつに果物を出すことでビタミンの摂取ができますし、つわりで食欲が落ちていても一緒に食べやすいのではないでしょうか。

妊娠中は常備薬にも気をつけよう

日頃からどの家庭にも常に置いてある薬がありますよね。風邪薬や胃薬、整腸剤に軟膏など、病院の診察を受けるまでもないような時に頼りになります。小さい頃から喉が痛ければコレ、鼻水が出はじめたらコレという飲みなれた薬があるという人も多いでしょう。しかし妊娠中は注意が必要です。

決して病気ではありませんが、妊娠をきっかけとして体質が変わるというのはよくある話です。今までは身体に合っていたものも、妊娠したことによって相性が悪くなってしまうことがあります。どんな薬にも副作用が少なからずありますが、体質が変わったことによってこの副作用が酷く感じられてしまうこともあるのです。

たかがこれぐらいで病院なんて・・・と普段は思えるような症状でも、勝手な自己判断で薬を服用するのはリスクがあります。今は自分一人の身体ではありません。我が子が健康な身体では生まれてくるために、気になる症状がでたら病院を受診するようにしましょう。

  関連記事はこちら

 - 妊娠中のお役立ち情報


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/smasaki2014/mamaneta.info/public_html/wp-content/themes/oscar_ad_spl/footer.php on line 82