ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

これってつわりの症状かも?検査薬の反応が出る時期とは

2017.9.12

風邪気味のような微熱が続く、胸が張っている気がして生理が遅れている。
このような体調の変化を感じ、これってつわりかも?と感じたらまずは妊娠検査薬を使用しましょう。

つわりが出始める時期は、4週目頃から12週目頃までとなります。
では、妊娠検査薬の反応が出る時期とつわりの症状について詳しく触れていきたいと思います。


つわりの症状と検査薬の反応が出る時期は

妊娠を疑っておらず、風邪薬を飲んでしまった。というお話をよく耳にしませんか?
それにはれっきとした理由があります。

妊娠の初期症状として、微熱が続く、頭痛など風邪とよく似た症状が現れるため、妊娠とは気付かずに風邪薬を服用してしまった経験がある妊婦が多いのです。

その後に訪れるつわりの症状としては、頭痛や以上な眠気、吐き気、匂いに敏感になる、涙もろくなることなど、その人その人によって様々な症状が現れます。

つわりは一般的に妊娠8週目〜12週目頃がピークと言われておりますが、早い方で4週目(生理予定日)頃から現れることもあるようです。

この妊娠4週目を過ぎたあたりから、妊娠検査薬の反応が出ることが多いです。
市販の妊娠検査薬では生理予定日の1週間後から測定できるものがほとんどですが、生理予定日やその数日前からうっすらと反応が出たという声も少なくはありません。

検査薬で反応が出たら病院へ。つわりを軽減する方法

つわりは病気ではありません。
しかし人によっては重度のつわりもあり、日常生活はおろか、食事は一切取ることが出来ず寝たきりになるほど辛い症状の人もいます。

その反対に全くつわりがない人、軽い人もいます。

生理予定日が1週間以上過ぎても生理がこない場合は、まず妊娠検査薬を使用します。
陽性が出た場合でも、陰性が出た場合でも、1週間以上遅れている場合は産婦人科の受診をおすすめします。

そして妊娠発覚後、つわりの症状が現れます。
つわり対策としてはまずマスクをし、匂い対策をしましょう。

様々な匂いから気分が悪くなることが多いようです。

次に自分のつわりのタイプを診断しましょう。
食べづわりと言って、お腹が空くと気持ち悪くなってしまうタイプの人や、吐きづわりという何を食べても吐いてしまうタイプの人もいます。

自分のタイプに合わせて、対処法を診断していきましょう。

つわりの症状があるのに、検査薬では反応が出ない場合

つわりのような症状があり、生理も遅れている。
なのに検査薬では陽性反応が出ない、そんな時に考えられることはどんな事なのでしょうか。

この場合に考えられるのは、PMS(月経前症候群)というホルモンバランスによる体の不調です。

妊娠と同じく女性ホルモンが影響していることもあり、似ている症状が現れます。
イライラや頭痛、胸のハリや肌荒れなど、生理が遅れていることから、症状も強く現れている可能性があります。

ストレスや不摂生から起こることもあり、食事や睡眠に気をつけて改善していく必要があります。

つわりは受精卵が子宮に着床した後に現れますので、検査薬で反応が出ないのに妊娠しているということは、可能性としては無いと言えるのです。

生理痛がひどかったり、出血が重かったりというのもホルモンバランスによる影響の場合もあります。
ひどい場合は一度婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。

つわりの症状と対策

無事に妊娠が確定したならば、心拍が確認できた妊娠6、7週目でしょうか。

この頃から、今まで症状がなかった人もなにか体に変化を感じることが多いかもしれません。

吐き気があれば分かりやすいものですが、ただの胃もたれほどの不調で気付きにくい場合もあります。

つわりは医学的に、何が原因で起こるのかというのがまだ解明されていません。
母体が無理をしないように体調不良のホルモンを出すといった説や、体に自分以外の生命体が現れたアレルギー反応のようなものといった説もありますが、どれも仮説でしかありません。

なのでつわりを軽減させることはできますが、治すことは出来ないのです。

アロマオイルなどでリラックスをし、食べたい時には食べたいものを食べる。
栄養を気にするよりも口にできるものを無理せずに食べるようにすることが良いでしょう。

検査薬の反応が無くても妊娠していたケース

つわりが検査薬の反応よりも先に現れることはありませんが、つわりも無く検査薬の反応もなかったのに、数週間後には妊娠が発覚したという事例も少なくありません。

これは単純に、フライング検査だったと言えることが多いでしょう。

フライングとは、妊娠検査薬が反応する妊娠約5週目の時期よりも前に検査薬を使用していたのではないでしょうか。

妊娠を希望するあまりに、早く知りたいと思いフライングしてしまう場合や、排卵日事態が遅れており生理予定日がずれていた。などと体験談は多いものです。

妊娠初期の一番の大敵はストレスとも言えます。
あれこれと疑ってしまいネガティブな情報ばかりを見てしまわないようにしましょうね。

妊娠もつわりも百人十色であり、同じもは一つもありません。

検査薬で反応があっても無くても、体調に不安な点があれば病院を受診しましょう。
不安はストレスの原因として最も大敵と言えるでしょう。

 - 妊活中のお役立ち情報