ママネタちゃんねる

妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

8ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしない?夜泣きをしない子の特徴

2017.8.24

8ヶ月ぐらいの赤ちゃんがいるママは、色んな人から「夜泣きは大丈夫?」なんて聞かれる事ありませんか?

夜泣きは子育てママの悩みの代表例であり、夜泣きのひどい子の場合、かなりママは大変な思いをする事になります。しかし、世の中には夜泣きしない子というのもいます。

育児書やネットでは夜泣きの対処方法は載っていても、そうでない子についてはあまり言及されず「夜泣きをしないうちの子は大丈夫?」と心配になるママもいるでしょう。

夜泣きをしない子の特徴などをご説明いたします。


8ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしないはおかしいの?

いいえ、おかしくないし、異常な事もありません。

夜泣きをする子がいる一方、夜泣きをしない子も一定数存在します。親視点で見れば、大変育てやすいといってもいいでしょう。夜寝てくれるだけでもママの負担はかなり軽減されるのですから。

しかし、育児書には「6か月ぐらいから夜泣きが始まり〜」などと書いてあると、夜泣きが始まらない自分の子はどこか普通と違うのでは?と不安に思うママもいるようです。

育児書というのはあくまでも平均的な赤ちゃんを想定しており、赤ちゃんの発育というのは、かなり個人差が大きいのです。

夜泣きで悩むママにとってはかなり深刻な問題ですから、育児書では取り扱いますが、別に夜泣きは必要な成長過程ではありません。別に夜泣きをしないのはそういう赤ちゃんだからというだけなのです。

育児書はあくまでも参考程度に考えた方が、ママのストレスは少なくて済みます。

夜泣きしない8ヶ月の赤ちゃんの特徴

実際の所、夜泣きの原因自体がはっきりしていないので、夜泣きをしない赤ちゃんの特徴というのもあくまでも仮説になります。

一つ目は、添い寝をしていると夜泣きしないという説があります。

つまりベビーベッドではなく、親の布団で一緒に寝ている場合という事です。そういった場合、何か赤ちゃんが不安に感じてもすぐそばに大好きなママがいるという事で精神的に安定しやすいという説です。

二つ目は、赤ちゃんの性格によるものという説です。

傍で掃除機がかかっていてもぐっすり眠る子がいる一方で、ちょっとの音にも敏感に起きてしまう赤ちゃんがいます。つまりおおらか性格と思われる赤ちゃんは、神経質な母ちゃんに比べて比較的に夜泣きが少ないのでは?という説です。

また新生児の際に常に無音状態で寝かされていた子は、小さな音にも敏感という傾向があるそうです。

8ヶ月の赤ちゃんが夜泣きしない方法

原因がはっきりしないために、その対処方法というのも決定版ではありません。ただ、夜泣きは生活のリズムの狂いから来ているという説もありますので、まずは生活のリズムが整っているかについて確認してみてください。

赤ちゃんは夜が遅くても9時前には就寝させましょう。部屋は薄暗い部屋で眠る習慣をつけます。朝は逆に日の光を部屋に存分に取り込んでから起こします。夜の睡眠の質を上げるには、昼寝は3時前に切り上げる事が大切です。あまり長時間寝ると、夜寝付けないもとになります。

また日中は出来るだけ体を動かすように心がけてください。適度な運動が睡眠の質を上げてくれます。

寝る前の授乳はいつもよりも多めに上げて夜中におなかをすかせないようにしましょう。おむつ替えも3〜4時間ごとに無理して替える必要はありません。おむつよりも睡眠を優先させてあげてください。

夜泣きでもママが夜泣きだと思わない場合もある

夜泣きというのに明確な定義がある訳ではありません。ざっくり言えば、夜中に理由もなく泣き出して、しばらく泣き続ける事といった所でしょうか?

でもこれも曖昧な要素がたくさんあります。例えば、「理由もなく」というのも、ママが夜中に赤ちゃんが泣いたけど、授乳したら大人しくなった、おむつを替えたら大人しくなったというのであれば、「理由があった」事になり夜泣きと思わないママもいます。

また「しばらく」泣き続けるといっても、これも明確に時間が決まっている訳でなく、人によってさまざまです。

その結果、もしかしたら他のママから夜泣きでは?と感じるケースでも、それを夜泣きと認識しないママもいます。それは例えば肩こりをしたことのない人が肩の違和感を肩こりと認識できないのに似ています。

でもこれはこれで当人が負担に思ってなければ、何の問題もありません。

夜泣きをしない赤ちゃんのママはラッキーです

子育てでいくつか辛い点がありますが、その中でも「夜泣き」は結構ママが大変な思いをします。もし夜泣きをしない赤ちゃんを授かったとしたら、ラッキーだと思ってもいいでしょう。

前述したように夜泣きをするのも赤ちゃんの個性であれば夜泣きをしないのもまた赤ちゃんの個性であり、別にママの育て方の問題ではありません。しかし、強いて言えば、夜泣きをする赤ちゃんの中には生活リズムが崩れている子も少なくないので、夜泣きで悩んでいるママは赤ちゃんの生活リズムを整えましょう。仮に夜泣きが無くならなくても、生活のリズムが整うメリットは色々あります。

また夜泣き自体、事象として明確な定義がある訳でなく、ママが夜泣く赤ちゃんをどうとらえるかにもよります。神経質なママであれば、ちょっとの時間赤ちゃんが泣いても「夜泣き」と感じるかもしれません。逆に、おおらかなママであれば、夜泣いても、自分で色々理由を思いついて夜泣きだと認識しない事もあります。

それは赤ちゃん同様ママの個性とも言えます。

 - 子育てのお悩み