妊娠・出産・育児と奮闘するママのためのネタを集めました

ママネタちゃんねる

帝王切開の術後の痛みの原因と和らげる方法とは

      2017/09/27

帝王切開の術後の痛みの原因と和らげる方法とは

帝王切開をして出産を何とか無事に終えた後は、後陣痛の痛みが襲ってくるので、何とか痛みを和らげる方法を知りたいと思います。

出産後は後陣痛が起きるのは自然なことですが、通常の陣痛を経験しているので、後陣痛には耐えられやすいですが、帝王切開だと痛みを経験していないので余計に痛みを感じます。

そこで帝王切開の術後の痛みを和らげる方法について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

毎日のお弁当 〜 ウチの旦那、量は足りてる?丁度いい量の決め方

男の人の食べる量って、女性にはわからないときがあり...

子育てのストレスが限界に!病気になる前の対処法

出産後、慣れない育児でママのストレスは限界に達しま...

赤ちゃんが泣き止まないときに使える!効果的な”音楽”と”音”

赤ちゃんが泣くのには理由があります。それは、お腹が...

赤ちゃんの首すわりを促す練習方法と注意点

育児書などで生後3ヶ月で首すわり、と見てそういえばうちの子っ...

「脳内出血」の症状とは?事前に覚えて最悪から赤ちゃんを守ろう

あんよや寝返り、ハイハイなどの成長はとても嬉しい反...

胎児の成長が止まる?胎児発育不全の場合、障害の可能性の有無

胎児の成長が止まるという症状が出る妊婦さんが、大体...

赤ちゃんが後追いをしないのは自閉症?後追いと自閉症の関係

赤ちゃんからの後追いというのは微笑ましい現象ではり...

生理が来るのは排卵日の何日後?妊娠の可能性とは

生理が来ると、次の妊娠に向けて女性の体は準備を始め...

生理痛がいつもと違う激痛の時。化学流産の可能性

生理が少し遅れてきたと思ったら、経血の量がとても多...

出産間近?臨月のおりものがゼリー状になったら気をつけたいこと

臨月、あるいは正産期になると、いつ赤ちゃんが生まれ...

基礎体温の疑問、二度寝の時は?起き上がらないその理由はコレ!

基礎体温は測るべき、と言われてはいるものの、実際に...

発達の遅れが気になる。検査を受けるのは4歳では早いか解説

発達の遅れが気になる場合、教育機関や自治体、医療機関などと相...

お弁当に冷凍食品は節約になる?ポイントをおさえて賢く作ろう!

毎日のランチを外食で済ませようとすると、一か月で結構な額にな...

旦那は好きだけど離婚したい、後悔しない未来のためにできること

旦那のことは好きだけど離婚したい、一般的には理解できないこと...

新婚だけど離婚したい・・・後悔しないために考えるべきこと

大好きな人と帰る場所が一緒、それだけで幸せを感じていたの新婚...

子宮からの出血は危険?妊娠中に気をつけるべき疾患はコレ!

「もしかして妊娠したかも」という妊娠超初期から、妊...

帝王切開は2人目以降も手術?傷が痛い?間隔は?…その答え!

帝王切開で1人目を出産後、気になってくるのは2人目...

16週でお腹が出ないのは遅い? 不安に思う前に知りたいこと!

妊娠16週、妊娠5ヶ月になると、キツかったつわりが...

知的障害の原因とは。リスクを減らすために妊娠中にできること

知的障害を引き起こす原因となるリスクにはどのようなものがある...

遊び食べが辛い… 離乳食やスプーンを持ちたがる子への対処法!

生後半年を過ぎた頃から、赤ちゃん、そして両親は、離...

スポンサーリンク



帝王切開の術後の痛みを和らげるには痛み止めを使う

帝王切開をすることによって何とか無事に出産を終えることができても、その後は数日間は痛みと戦わなければなりません。

帝王切開では体を切って出産をすることになるので、傷が癒えるまでは痛みが続くことは仕方がありません。

また帝王切開をする時には麻酔を使いますが、麻酔が切れることによってだんだんと傷の痛みを感じてくるようになります。

さらに出産後は後陣痛の痛みもあるので、帝王切開での傷の痛みをダブルで痛みを感じてしまうことから、少しでも痛みを和らげる方法を知りたいと思います。

帝王切開の傷の痛みと後陣痛の痛みを感じた時は、先生に相談をして遠慮せずに痛み止めの薬を飲みましょう。

麻酔が切れた時に痛みを感じやすいですが、後陣痛は3かほどは続きますし、傷の痛みはさらに多くの日数が痛み続けます。

ある程度落ち着くまでは遠慮せずに痛み止めの薬を飲んで、痛みが落ち着くまで待ちましょう。

帝王切開で後陣痛の痛みを和らげるには体を温めることが大事

帝王切開の術後の痛みを和らげる方法としては、体を温めることが大切です。

帝王切開による傷の痛みに関しては、傷が癒えるまではじっと耐えるしかありません。

傷が早く癒える方法はないので、痛みがだんだんと癒えてくるのでできるだけ安静にすることが大切です。

また術後の痛みとしては後陣痛の痛みがありますが、帝王切開をすることで余計強い痛みを感じることになります。

陣痛の痛みを経験していないので、いきなり陣痛と同じ痛みが術後にくれば、耐えられないほどの痛みとして感じるでしょう。

本来ならば子宮をマッサージしたり、うつ伏せになって圧迫することで痛みを和らげることはできますが、帝王切開をしたので傷を刺激するのでできません。

そのため血行を良くすれば痛みを和らげることができるので、温かい飲み物や手足を温めて、リラックスして過ごすことがおすすめです。

帝王切開での痛みを和らげるにはリラックスすることが大切

出産をするまでは常に赤ちゃんがお腹の中にいたので、なかなかリラクスすることができませんでしが。

帝王切開によって何とか出産が終わりましが、後陣痛や傷の痛みがあるので、何とか痛みを和らげたいと思います。

痛みを和らげる方法は自分がリラックするすることなので、とにかく痛みのことばかり考えていないで、リラックスできる環境を作りましょう。

リラックスすることによって体の緊張もほぐれるんで、体の部位に強いストレスがかかっていた部分もリラックスできます。

リラックスをすることによる効果は精神的にも影響を与えるので、痛みをずっと考えていながら生活していた時とはまったく違います。

痛み自体を和らげるよりも、痛みをできるだけ意識しないでリラックするすることによって、ストレスを軽減することができます。

リラックスするためにゆったりと過ごしたり、アロマグッズを使うなど、自分なりに工夫すると楽しめます。

後陣痛は帝王切開後だと痛みが辛いので我慢せず先生に相談する

後陣痛の痛みは普通の出産をした人にとっては、耐えられる痛みとなりますが、帝王切開の後だと痛みが酷く感じられます。

陣痛を経験しているとずっと長い時間陣痛の痛さに耐えてきたので、後陣痛の痛みの方が絶えられるレベルだと思いやすいです。

実際にはどちらの陣痛の方が痛いかは人によって違いますが、帝王切開をするすると傷の痛みとのダブルで感じるので、余計に痛みが強くなります。

帝王切開の傷を保護するためにコルセットを巻きますが、動きも少し制限されるので、人によっては痛みが出た時には辛い状態で我慢しなければならないこともあります。

後陣痛は帝王切開をすると陣痛を経験しないので、強い痛みを感じやすくなりますし、無理に胎盤を剥がすことになってしまうので、痛みを感じやすくなるので注意しましょう。

痛みを和らげることは難しいですが、痛みは数日間は続くので無理をしないで先生に相談をしましょう。

なるべく気にせず痛ければ薬を飲むことを我慢しない

帝王切開の後の痛みを和らげる方法は、できるだけ気にしないことが大切です。

精神的にストレスを感じてしまうと、傷口と後妊娠の痛みが気になって痛みが強くなってしまいます。

痛みに関しては薬で緩和することができるので、痛みが強くなってきた時には無理せず痛み止めを飲みましょう。

痛み止めが切れるとまた痛みが出てくるので、ずっと飲み続けることになってしまいます。

しかし後妊娠の痛みは長くても1週間ほどで治まることが多いので、帝王切開の傷の痛みが癒えるまでは薬に頼るのも仕方がありません。

痛くなったら薬を飲めばいいという安心感があるので、あまり傷の痛みに対して気にしないようにしましょう。

気にしないでできるだけ過ごすことによって、痛みがあっても我慢できるかもしれません。

強い痛みを感じたら薬を飲めばいいと思うだけでも薬の量を減らせますし、痛みを忘れるように意識できるのでおすすめです。

  関連記事はこちら

 - 妊娠・出産のお話し

ページ
上部へ